カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

バカ親列伝/学大世田谷中学の校門はなぜウンコ臭いのか

1 中学入試3日目終了。成績上位者が意外に苦戦。 2 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20091218#1261079529 ←この子は第一志望校合格。この子の両親はどうやらこの受験期に離婚したらしく、家族の応援がほとんどない状態で受験し、合格した。よく一人で頑張っ…

最後の中学入試、初日

1 今回、成績下位クラスの一番厄介な生徒が早々と合格を決める。 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20090719#1247939384 ← この子は第一志望校合格。今までバラバラな家庭だったが、中学受験を通して家族が一体となり、娘は志望校合格。なんていい話だ。 http:…

明日から中学入試

今度こそ塾講師として最後の中学入試。今年の生徒はひどく幼い生徒やら、全力でサボる生徒やらが多かったが、各自相応によい結果となりますように。 感じるところのある同志は をクリックされたし。 画像はhttp://piapro.jp/content/bs8oa8f6p3y8d4vt (櫻木…

センター試験と中学入試

センター試験の今年の内容が公表された。私が大学受験生の時はまだセンター試験というものはなかった。共通一次の世代だ。化学に苦しんだ記憶がある。 塾講師として別な目で見ると、センター試験の社会の内容は、中学入試とだいたい7割くらいかぶる。ようだ…

塾では今年もバカ親に振り回される

今年も塾ではバカ親に振り回される。昨年よりバカ親の数は少ないと思っていたんだが、深刻なバカ親は二人も相手していればお腹いっぱいだ。あとどうにも宿題をしないダメ生徒が複数いるんだが、こいつらはある意味自分と良く似ていて、ああ、天罰かなあ、と…

読書するたびに思うこととか、塾講師するたびに思うこと

ここんとこ色々本を読んでいるんだが、新しい本を読んで新しい知識を得て「面白いなあ」と思うたび、「けどこの本で得た知識、俺の人生に何の役にも立たないんだよなあ」とも思い、溜息が出る。せめて高校生の時までに丸山真男を知っていれば、とも思う。悔…

バカ親列伝/全力で娘の受験の邪魔をする寒々とした母親

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20091218#1261079529の続き。寒々とした母親が、唐突に帰省すると言い出して、強制的に受験生である娘を冬期講習会不参加させやがった。この母親は全力で娘の受験の邪魔をしている。娘はまじめで努力家で良い子なのだが。そん…

バカ親列伝/寒々とした母親を持つ少女

彼女を昨年の11月から担当している。 「論説文を読むのが苦手なので、何か本を貸してほしい」と言っていた小6女子生徒がいた。島泰三『親指はなぜ太いのか』あたりが順当だろうと思っていたが、部屋の中をなんぼ探しても見つからず、貸せずにいた。とり急ぎ…

バカ親列伝/受験半年前からバカ親になった母親

その母親は利口な人だと思っていた。娘はそこそこ努力家だが、思考にウロがあり、めちゃ優秀、とは言えない。努力しても伸びる限界はおのずと見えている。 5年生時後半から担当した。志望校はずっと不確定だったが、四谷大塚偏差値で50〜55くらいの学校に入…

バカ親列伝/セレブ親は、子供に鼻水のかみ方すら教えない/いかにして両手で鼻をかむか

1 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080503#1209755405の続き。タイトルの「セレブ」という語は揶揄。 ちょっと確認しますが、このブログを御覧になっていらっしゃる諸姉諸兄は、鼻水をかむ時、ちゃんと両手でかんでいらっしゃいますよね? リンク先の記事を…

教えにくくて成績の伸びない、しかしバカではない生徒

今年は教えにくくて成績の伸びない、しかしバカではない生徒が複数いる。こいつらは下手に自分の頭で考え、作業を作業として行なうということができない。下手に考える以前に作業を作業として行なうことにより身につけないとならないことが基礎学習において…

受験と生理

1 今年の中学受験の生徒には生理の重い子がいて、「女の子は大変だなあ」と改めて思う。この子は現時点で入試演習して合格点を採っているからたぶんあまり心配はないだろうが。 2008年の受験ではたくさんの生徒を担当していたが、生理の重い子はいなかった。…

自分は後輩を育てるのがヘタなんだろうか

非受験学年を自分から新人講師へ担当換えしたら、びっくりするほどクレームの嵐。生徒や保護者から少しは不満も出るだろうとは予想できたがこれほどとは。まあこの新人はあまり利口じゃないとは正直思っていたんだが、それはそれとして、自分はひょっとして…

「ゆとり教育」と兵隊作り

以下メモする。 1 http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/ziminntoudaizannpaisasesyonoyoronn%20koizumi%20abeseizihenosinnpann.html 大戦争並みの殺人社会 F 貧困の問題としては、自殺者が年間3万人以上が11年続いている。10年間で30数万人が自殺する…

「現代文」の授業は何のためにあるのか

http://d.hatena.ne.jp/nakamurabashi/20090813/1250130867をざっと読んで、自分の思うところを以下書く。 1 「現代文の授業は何のためにあるのか判らない」というのは高校まで私も思っていた。大学卒業後かなり長く思っていた。大学受験の「現代文」は今ど…

バカ親列伝/文部大臣賞をとっている生徒

小6生女子で、成績の悪い生徒だが、絵が好きだという生徒がいる。マンガ家になりたいとか言っている。絵が好きだという話は以前から聞いていた。今日、担当から聞いたところによると、絵で文部大臣賞をとったことがあるという。 じゃあ芸術の道に進ませろよ…

「詩」の未来と、日本人の言語能力を著作権法が侵蝕している件について

中学受験から「詩」がほぼ消えかけている。ていうか消える。「詩」人は「著作権」についてとくにやかましく、つまり入試問題に使用される際に著作権を主張するので、受験校としてはうぜえから「詩」を出題することを避けることとなる。ところでこんなことを…

生徒に厄除けのお守りをあげた

うちの生徒がばったんばったん病気で倒れていて、その一人が腹痛が長く、なかなか治らないので、同情して自分用に持っていた厄除けのお守りをあげた。 その翌日から、今度は自分がひどい腰痛に悩まされている。 感じるところのあった同志は をクリックされた…

「けものへん」と「てへん」

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20090425#1240591589に思いの他ブックマークがついて嬉しい。初等教育がもう少しどうにかなるといいね。 で、国語指導していて「うひゃ」と思う件、続ける。 「ひらがな」「カタカナ」がマトモに書けない生徒、「しゃしゅしょ…

日本の小中学生は「日本の民話」を知らない

1 昨年の小6生は、ひらがなカタカナがまともに書けない生徒が(成績とは無関係に)かなりいてものすごく難儀した。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20090414#1239655178 受験直前にひらがなとカタカナの指導を繰り返ししたが、なかなか直らず、バカじゃねえ…

塾向けの学校説明会と「姫」

某日、某有名学校の説明会へ出席。「姫」が通っている学校。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070209#1170956791 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070103#1167829399 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060603#1149268934学校が作成した映像を見ていたら、冒…

バカ親列伝/愛情不足の子供

1 子供は小5。男子。たいへん成績が悪い。偏差値20-30台くらいの成績。肌の色艶なども悪い。電話や保護者会にはいつも父親が出て、私が知る限り弁当は(いつも?)父親が作り、宿題の面倒を見ているのも父親なので、母親は別居しているか何かなのだろうと思…

非核三原則と津軽海峡

塾講師して、私立中学入学試験問題で知ったんだが、津軽海峡は日本列島から12海里以内、すなわち領海なのにも関わらず、細い公海がその真ん中を走っているのだそうな。 これはなぜかというと、日本には「非核三原則」があり、でもって米軍は津軽海峡を原子力…

東京都の「ひらがな」「縦書き」教育はいったいどうなっておるのか

塾講師して気づいたんだが、毎年、高校受験の中3生、中学受験の小6生の国語指導で、最大のハードルになるのが「ひらがな」「カタカナ」の指導だ。 東京都の小中学生は「ひらがな」「カタカナ」がまともに書けない。成績のよしあしにあまり関係なくそうなの…

2月9日で中学受験終了

中学入試終了。生徒はそれぞれ収まるべきところに収まった。難関校としては、慶応中等部、慶応湘南藤沢、駒場東邦、鴎友など。私に教わった生徒は私以外の人間に教わるよりは幸せだっただろうとは思う。 中学入試は年収800万以上の家庭のレースだそうで、つ…

今年の自分とこの中学入試

生徒が合格するようにだいたい年に300回くらい神社参りしているので、お百度参り3回分くらいの効能があるといいなあ、と思うんだが、成績上位層のクラスはまずまず健闘。全体的には一昨年の受験に似ている。ルックスとは無関係にお気に入りの女生徒というの…

バカ親列伝/某一流国立大の先生をしているらしいバカ家庭

小6の最後の授業を終えた。東京都の中学入試は2月1日からになる。 今年の小6は小4の時から担当している。一緒に受け持ってきた算数担当は感慨に耽っていた。彼は私よりは湿り気が多く、その意味塾講師に向いている。私は湿り気が足りず、その意味塾講師…

難読名前と国語力

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/01/post-4612.htmlからの連想。 ヤンキー親に限って、読みにくい・読めない名前を子供につけたがる、というのをどっかで読んだが、塾講師していて気づいたことだけど、難読な名前の生徒は国語の成績が悪い傾向に…

塾の小学生と「財団法人日本ユニセフ協会」

1 塾の小学生に聞いたんだが、「財団法人日本ユニセフ協会」は都内小学生に募金活動させたりしているんだね。「財団法人日本ユニセフ協会」はその上がりのけっこうな部分を自分たちのために使っている不透明な組織なのだが、そうやって子供をダシにして金を…

函館まで入試応援に行った同僚

受験塾の講師は受験シーズンになると、受験日の早朝に、受験校へ行き、受験する生徒に「頑張って来い」と一言言うために、慣れない早起きをするというかさせられる。塾の仕事は原則的には夜型だ。生徒が学校を終えてからが仕事だから。たいがい塾の仕事は生…