カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

スミ塗りの00年7月第10回政府間特別会合記録

スミ塗りの00年7月第10回政府間特別会合記録

東京新聞05年7月6日記事から。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20050706/mng_____tokuho__000.shtml
藤井さんは昨年十月、政府が二〇〇三年十月に国連総会での採択に併せ署名、国会が〇三年五月に批准を承認した国際組織犯罪防止条約の交渉記録の開示を求めた。
 先月十日に届いたA4判二千枚の文書は墨塗りだらけだった。非開示理由は「他国または国際機関との交渉上、不利益を被るおそれがあり」と紋切り型だ。〔略〕
 同条約は一九九四年、「越境性」のある国際マフィアによる銃器や麻薬の密輸取り締まりを主眼にナポリ閣僚会議で提起された。
 だが、日本政府は当初、実行行為を裁く近代刑法の原則を重視し「共謀または予備の諸行為を犯罪化することは、わが法制度に首尾一貫しない」(九九年三月の政府間特別会合)と条約批准には消極的だった。ところが、折からの米国主導の「反テロ」圧力に押され、積極派へかじを切る。
 同条約の五条には「組織的な犯罪集団の関与する重大な犯罪の実行を(略)相談すること」も、処罰の対象になるとある。共謀罪がつくられるゆえんだ。
 しかし、その大前提となる適用範囲を示した三条には「(条約の)性格上、国際的なものであり、かつ組織的な犯罪集団が関与するもの」と限定されている。
 開示された交渉過程の文書で、特に問題とされるのが、条約の運用を討議した二〇〇〇年七月の第十回政府間特別会合の記録だ。このウィーン発の公電の三ページ目に十八行にわたる墨塗り部分があるのだ。〔略〕
藤井さんは墨塗り部分について「わが国の法制度にこの条文はなじまないなど、日本の交渉担当者の苦慮が記録されていたのではないか。公になれば、なぜ共謀罪をつくるのかが問題になるので隠したのでは」と推測する。
 共謀罪に詳しい海渡雄一弁護士は「この部分が肝心だ。条約はどこから読んでも越境犯罪対策なのに、日本政府は三四条二項を意図的に曲解し、治安立法(共謀罪)をつくる契機に利用した」と指摘する。〔略〕

本来、越境犯罪対策のはずがトンデモ法に変質するのは、児ポ法でもまったく同じ経緯があるね。

ストレイ・ドッグから。

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/07/post_2f5a.html
〔略〕そもそも国際テロや麻薬組織が横行する中、これら国際的違法組織を取り締まるための条約を国連が採択(2003年10月)、わが国はこれに署名し、国内法を同条約に対応すべく新設を目指している。〔略〕条約の第34条2項に、「(条約)締結国の国内法に(略)国際的な性質(略)と関係なく定める」となっている。〔略〕
そこで前出・34条2項の真意を探るため、自ずと関心が向くのが条約の運用を討議した00年7月の第10回政府間特別会合の記録。約2000枚にも及ぶ文書が記録保管されており、共謀罪反対運動をしている者がその情報開示を求め、出されては来たのだが、その肝心な部分は黒塗りだらけだった。
 冒頭に掲げたのは、この開示文書のなかでも最重要な会合が行われていたウィーン現地から外務省本庁に宛てられた公電(00年7月27日)の一部だ。
 この黒塗り部分には、「わが国の法律にこの条文はなじまない」などとする、会合担当者の苦渋に満ちた見解が記述されていた可能性が高い。ところが、それを明らかにすると、できるだけ拡大解釈し、国内の治安強化にも利用したい法務省、政府にとっては都合が悪いことから黒塗りとしたようなのだ。〔略〕

城内実用テンプレート

日本会議」「日本青年社住吉会)」系ネット右翼(宗教系・シノギ系右翼)が近頃、「城内実」をヨイショするぁゃιぃWEB工作をしているので、対抗テンプレートを作成する。以下が対抗テンプレート。「城内実」をヨイショするバカを見かけたら、即座に貼っていただきたい。
〔以下、転載歓迎〕
日本会議」代表委員・元警察庁長官・元神奈川県警本部長・城内康光は、神奈川県警本部長時代にレイプスキャンダルを暴力団(たぶん山口組後藤組だろう)に隠蔽してもらい、その暴力団の資金源だったオウムの犯罪を看過し隠蔽した。
http://www.jca.apc.org/~altmedka/ron-38-yam.html
北朝鮮拉致問題」での、「辛光洙シン・ガンス)」の件を国会で答弁したのが城内康光・当時警察庁警備局長だ。
http://www.eda-jp.com/pol/north_korea/kidnap/880326.html
城内康光の息子は、自民党議員・城内実城内実は「日本の領土(竹島、尖閣諸島等)を守るため行動する議員連盟」に参加している。
http://www.m-morioka.com/kinkyo/kinkyo435.htm 
日本の領土(竹島、尖閣諸島等)を守るため行動する議員連盟」は、2005年3月3日、広域暴力団住吉会」系右翼団体日本青年社」幹部を国会内に招いた。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-04/02_05.html
〔以上、転載歓迎〕

越境犯罪を防ぐことには、与党法務部会は関心がない模様

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050727#1122484025 の続き。
共謀罪」は、少なくとも条約締結時点では、越境犯罪を対象としていた。(和製共謀罪では越境性は構成要件から外れている)で、昨日、私は以下のように書いた。

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050727#1122484025 
7月26日時点で得た情報では、現在与党は「共謀罪は場合によっては引っ込めていいから、台湾人のビザなし入国を認めてくれ」と野党に折衝中。
台湾人ビザなし入国の要請は法務省からではなく外務省からだが、それ聞いて私は「台湾経由でチャイニーズマフィアが簡単に日本に来れちゃうじゃん。アホか。国際テロやマフィア対策になんか、与党は本当は関心もってないだろ」と思った。

以下、「台湾人ビザなし入国」について。石田敏高日記から。

http://homepage2.nifty.com/ishidatoshitaka/diary.html
7月26日(火) 「ビザなし渡航
 愛知万博の期間の特例だった台湾からのビザなし渡航が9月25日に切れるので、議員立法で恒久的に免除するかどうかについて法務部門会議。

「ネット右翼」考

ネット右翼」には相当数の「工作員(つまりバックつき。あるいは「お仕事」で情報工作活動している人々*1)」がいるだろうが、素で、つまりバックなしで「ネット右翼」となってしまった人々について考えたこと。トニオid:VanDykeParksさんのブログに書きこんだもの。
http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks/20050723/1122469766#c
ネットウヨの芯にあるのは(盲目的)嫌悪感・不満感(何を嫌悪しているのかについては言葉をもっていない)で、その感情が『正論』やカルト宗教機関誌によって煽られ、その感情を煽る断片情報が『正論』やカルト宗教機関誌などから与えられる、という、そういう構造だと思います。
ネット右翼」にムリヤリ思想を探すと、「認められたい俺」「認められないのはサヨクのせい」というのが底流かと。彼らの言う「サヨク」には内容はありません。ときどき『正論』やカルト宗教機関誌が、「サヨク」という言葉に新たな「内容」を注ぎます。フェミニズムとか共産主義とか市民団体とか朝日新聞とか弁護士とか人権とか中国とか。
引いた所から見ると、アメリカ共和党の路線に従って、従米世論を喚起するための道具として原則的には「内容」が与えられているように思われます。従米世論というか、アメリカの国防政策というか。
(だからバックなく「ネット右翼」になっちゃった人は、主観的にはしばしば「反米愛国」だが、蓄積情報がアメリカの国防政策によって撒かれたプロパガンダなので、結果として従米行動以外何もしていない。それに「反米愛国」の心意気があったら「ネット右翼」にはならない。実効的な何かをしているだろう)
「現在ネット右翼とどんぱちやっている人」は、「不満感」においてネットウヨと共通性がありますが、ネットウヨが騙されるようなアホな情報には満足できず「んなわけあるか」と不満を募らせる、そういうタイプじゃないかなあ、と、思う。
[03:15]
以下、面白かったので記録しておく。

がが 『その方もそうですが、「あの人たち」は政治・社会思想(史)についてなんにも知らない人が多いので、思想うんぬん(どうして反グロじゃないか?とか)で「あの人たち」のことを語るといまいちうまくいかないと思います。そんなわけで、僕はネット「右翼」という概念にはあまり賛成しません。「サヨ」がなんでもかんでも含む概念になっているので、その対比としての「ネットウヨ」はそれなりに感じはつかめているような気もします。ただ、「サヨ」が蔑称であるように、「ウヨ」も蔑称なので、僕としてはあまり使いたくないなと。差別的言説を吐く人を限定してずばり「レイシスト」と呼ぶのはまったく躊躇しませんが。
「あの人たち」の特徴は思想傾向というより「性根」でしょう。彼らに特徴的な行動形態は思想のせいというより性根のせいだと思います。ああいう思想なんじゃなくて、ああいう性格なんじゃないかと。
kamayan さんの「嫌悪感・不満感」が根本にあるというのは同意ですね。そしてそれを「国家や民族」という概念でもって表現していると。小熊英二ナショナリズムの定義もこんな感じでした。でも、まあ、もともと保守主義ってのは、論理じゃなくてそういう感情・実感に正直であるというのが一つの特徴ではありますから、「あの人たち」も一応「保守」なのかもしれませんね。でも、本来の保守主義はポピュリスムを嫌悪するはずですが。大衆エネルギーを利用するポピュリズムは旧来型の左翼ですよね。昨今の右派運動の仕掛け人は元左翼が多いですが。』 (2005/07/28 16:40)

「性根」といえば、「三枝貴代」という凄い生き物がいたが、論理構造のところで「ネットウヨ」に共通するものがあるな。「三枝貴代」の場合、基本に持っていた語彙がSFだったから「ネットウヨ」にはならなかったけど、あれで基本語彙がオヤジ系雑誌や政治系のものだったら、ごくたやすく「ネットウヨ」化していただろうなあ。

山田英雄・元警察庁長官と、企業要人身辺警護専門会社「株式会社日本シークレット・サービス」

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050727#1122491032 の続き。
共謀罪を作ろうとしている山田英雄・元警察庁長官(「謎の急死」をした霊感詐欺師・光永仁義慧光塾)の発行する『月刊ポリスマガジン』で安倍晋三と対談)は、企業要人身辺警護専門会社「株式会社日本シークレット・サービス」顧問である。http://www.j-s-s.com/companyprofile.htm
「日本シークレット・サービス」といえば、「武富士」に関係している。

http://www.jcp.or.jp/diet/nittei/156/touron_0728.html
個人情報保護法案に対する討論
2003年7月28日 参議院 個人情報特別委員会 日本共産党 宮本岳志議員
 〔略〕警察と大手金融業者武富士をめぐる重大な疑惑が明らかになり、谷垣国家公安委員長も小泉総理も調査の結果を国会に報告することを約束せざるを得なくなったものであります。〔略〕
 まず第一に、報告書は合計十四名の警察官に合計一千枚近いビール券が贈られていた事実を認めながら、これを一切贈収賄事件として立件せず、わずか三人を警視総監訓戒又は戒告などという甘い処分で済ませようとしていることです。〔略〕
 第二に、電気通信事業者の個人情報保護の責務を侵す形で警察から武富士へと漏えいされた電話名義人情報について真剣な追及を行わず、地方公務員法違反についての時効の成立を理由として刑事処分の対象から除外した点であります。〔略〕
 〔略〕中川陳述書には、警察情報は警察関係者から直接入手する以外に、日本シークレット・サービスという警備保障会社を通じても入手していたという重大な記述があります。この日本シークレット・サービスは、元警察幹部が役員を務め、歴代警察庁長官経験者が顧問に名を連ねる完全な警察の天下り会社であること、そして中川陳述書の信憑性を裏付けるJDBのアクセスログまで私が示したにもかかわらず、警察庁はこれを誠意を持って受け止めることすらしませんでした。〔略〕

「頭文字D」

「ブログ時評」から。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050710#1120992124の続き。

http://dando.exblog.jp/3112586/
 マレーシアに住み、製造業を営んでいる者です。団藤さんが「頭文字D」を話題にされ、驚くとともに私もこの映画で反日運動は何だったんだと思いました。〔略〕
 映画館内では最後は中国人もマレー人の若者も大喝采でした。すごい一体感を感じました。日本アニメの原作を日本で撮影し、日本人スタントマンに運転させ、台湾香港の俳優が日本人を演じてセリフは広東語、中国東南アジア地区で同時公開と香港映画の割り切りは凄いですね。マレーシアで外国人労働者の大量使用に躊躇している我々日系企業とは大違いです。
 また台湾香港の俳優の演じる日本人が不自然でないのにも驚きました。ただゲロを吐くシーンが多いのがちょっと日本人のテーストとは違うと思いましたが、当地では嫌悪感なく笑ってました。我々がアメリカングラフィティーを見てアメリカの若者文化に憧れたように中国東南アジアの若者を憧れさせるものを日本が提供できる限り日本の将来は明るいと思いました。〔略〕

官製の相互不信工作に娯楽産業は対抗している。

「共謀罪」の廃案を求める!表現者・言論人の緊急共同声明

http://www.jcj.gr.jp/forum.html
2005.7.22
共謀罪」の廃案を求める!
表現者・言論人の緊急共同声明
 〔略〕
 こうした中で、言論・表現の現場に携わる者たちを中心に緊急共同声明を発することになりました。この声明は、各々の言論・表現の現場で、共謀罪のみならず進行する治安管理社会の実態を暴き、抗するメッセージであるとともに当面する国会の動きに合わせて、議員、メディア、世論に訴え、廃案に追い込むための様々なアクションを呼びかける試みです。 すでにこの間、ビラを配ったり、投函するだけで逮捕・起訴される弾圧が相次ぎ、出版の領域でも、取材や言論・表現の根幹にかかわる不当な弾圧や圧力が相次いでます。
 私たちは、こうした事態を憂慮し、新たに構築されようとする有事― 治安管理社会の到来にストップをかけることを宣言します。そして目前にも成立が強行されんとする共謀罪の廃案に向けて、多くの人々に声明を呼びかけます。
 7月21日

本日昼、衆議院議員会館で「共同声明」の記者会見がありました。…行き損ねた… (;´Д`) ごめん。一応、私も「声明」呼びかけ人に名を連ねてます。ちゃんと動かないと「呼びかけ人」に名を連ねた意味がなくなっちゃうのだが…
一水会鈴木邦夫やジャーナリストの山岡俊介なんかも名を連ねてます。
〔11:58〕保坂展人さんが参加された。
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/bd7bab3caab7ea40b908a73e727bae17

[02:45]
「ストレイ・ドッグ」から。

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/07/post_c70e.html
共謀罪反対! ジャーナリストら廃案を求める声明
〔略〕28日昼過ぎ、ルポライターの鎌田慧さん、メディア批評誌『創』の篠田博之編集長、フリーライター仲間の寺澤有氏等が、「『共謀罪』の廃案を求める! 表現者・言論人の緊急共同声明」を発表した。
 声明には本紙・山岡も含め、ジャーナリストら約250人が名を連ねている。
 反対するのは、もちろん、「共謀罪の本質は思想・団結・言論表現の圧殺であり、盗聴・スパイ・密告社会を促進する。まさに21世紀型の治安維持法と言っても過言ではない」からだ。
●この延長国会では「継続審議」の見込み
 一時は今延長国会で政府・自民党強行採決することが懸念されていた。
 だが、 この間の反対運動に加え、7月5日の衆院本会議の郵政民営化関連法案採決で滝実法務副大臣が反対票を投じて罷免になったことが幸いした。
 同副大臣席が空席となったことを好機と見た共謀罪反対の民主党は、12日の衆院法務委員会で「国家行政組織法上、必ず副大臣を置かなければいけない」などと南野知恵子法相を執拗に追及し、何度も審議がストップさせた。
 このため、週2回開催の衆議院法務委員会では未だに共謀罪について実質、審議が出来ておらず、残りの会期日数から見て、すでに成立できず、「継続審議」になると見られる。
 したがって、本当の正念場は、秋の臨時国会となる見通しだ。

現在、取材中に警察からムチャな逮捕をされてしまったジャーナリストが相当数いるそうだ。大手マスコミがすっかり骨抜きになっている理由の一つにはそれがある。「共謀罪」新設は、さらなるムチャな逮捕を増やし、官庁の不正を取材不可能にする。

治安維持法

アッテンボロー」から。

 http://rounin40.cocolog-nifty.com/attenborow/2005/07/post_a710.html
日本近現代史のおさらいその3
 41年には治安維持法を全面改悪して「再犯のおそれ」だけで予防拘禁出来る様に改めた。敗戦後も天皇制を護持するために一層の強化が厳命された。弾圧は45年10月のGHQKの治安維持法廃止指令により三千人の政治犯が釈放されるまで続く。治安維持法によって検挙されたもの約67000人、起訴されたもの六千余名。「わが国は民主主義・反戦平和勢力を異端者として排除した結果、自らの政策の行き過ぎや間違いを事前にチェックする制度的保障を失ってしまった。悲惨な戦争への道を歩んで行く、後戻り出来ない重大な通過点の一つが一九二五年の治安維持法成立であった。
「あたらしい教科書をつくる会」の歴史教科書では、治安維持法については殆ど触れようとしていない。その事を通してあたかも当時の国民の多くが自発的に侵略戦争に協力して行ったかの様な錯覚を植えつけようとしているが、実際には多くの日本人の血の海の上に戦争体制が作られて行った事を忘れてはならないと思う。朝鮮や台湾で「皇国臣民」として地位の向上や自己実現をはかる人々がいたのと同様、日本人のなかでも自由主義や民主主義が弾圧された結果、国家意思に従順な人々が作られて行ったのだ。

「武富士」

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050728#1122496128の続き。
1;共謀罪を作ろうとしている山田英雄・元警察庁長官(「謎の急死」をした霊感詐欺師・光永仁義慧光塾)の発行する『月刊ポリスマガジン』で安倍晋三と対談)は、企業要人身辺警護専門会社「株式会社日本シークレット・サービス」顧問である。http://www.j-s-s.com/companyprofile.htm
2;「日本シークレット・サービス」といえば、「武富士」に関係している。
3;「武富士」と、糸山英太郎後藤忠政

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050331#1112228140
255 :無党派さん :04/02/13 00:08 ID:4cixt5i7
【英太郎と後藤組長・・その1】
糸山英太郎がHPで友人である武富士武井会長擁護論を展開している。自分と同じ大資産家が盗聴などやるわけがないというキテレツ理論を振り回してであるが・・・・ この英太郎と武井を結ぶ接点が山口組暴力団後藤組組長の後藤忠政である。この後藤という人物は山口組若頭補佐という闇社会屈指の実力者である。 その後藤組長を昨年3月に英太郎が接待をしている。接待場所は恵比寿駅近くの超高級中華料理店。貸し切り状態の店にはレースクイーンやモデル経験者の高級コールガールがホステスとして揃えられていた。北朝鮮喜び組接待と同様の図式である。脳味噌の薄い独裁者は考えることに大差がない。このホステス連中は数時間後、ホテルのスィートルームで背中一杯に倶利伽藍門門を彫り込んだ極道衆とベッドを共にすることになる。
256 :無党派さん :04/02/13 00:09 ID:4cixt5i7
【英太郎と後藤組長・・その2】
この宴席で深々と頭を下げた英太郎が分厚い包みを後藤組長に渡しているのが目撃されている。この接待が何を意味するのかは既出の通り、ロリコンをネタに飼い犬に手を噛まれそうになった英太郎が後藤の手を煩わしたことに対する謝礼である。〔略〕

「ザイン(古代帝国軍)」の「高島望」

「高島望」検索で私のブログにいらっしゃる方がそれなりにいるので、「高島望」情報の整理をしてみる。(「ストレイ・ドッグ」からの引用がメインになるけど)
1;

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/06/post_adec.html
2005.06.10
ザイン“教祖”を自衛隊戦車に試乗させていた高島望氏
●1999年、自衛隊の富士学校で
〔略〕戦車の左に乗っているのが、最近、複数の週刊誌で「全裸SEX教団」等と告発されている「ザイン」(本部・静岡県沼津市)なる団体の“教祖”・小島露観氏(=伯魔壬旭)。
 そして、右のふっくらした顔立ちの男性が、実は高島望氏なのだ。
 そう、武富士前会長・武井保雄の娘婿で、現在、政治家になるべく浪人生活を続けながら、わが国の安全保障問題や危機管理を研究する「千年塾」(東京都目黒区)なる任意団体を主宰している。退役軍人の集まりである社団法人「日本郷友連盟」の参与にも就いている。
 1999年4月、自衛隊の富士学校で90式という最新戦車での一コマ。
 もちろん、松下政経塾出身(5期生)で、政財界に太い人脈を持つ高島氏の仲介あってのことだ。
 だが、同団体は霊感商法(詐欺)や性的虐待疑惑もそうだが、何より、小島氏は今でも著書の中で「自衛隊シビリアンコントロールから脱せよ!」と叫ぶだけでなく、90年半ばまで私兵を組織し、日本転覆を公然と説き、公安からマークされていた人物。〔略〕

2;

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/06/post_ece4.html
2005.06.23
小沢一郎シンパから独裁政治志向へーー「ザイン」特別顧問・高島望氏の変節
〔略〕今回、掲載したのは、同団体で№2の地位にある小島露観代表の妻と、同団体特別顧問で、「大公爵」と呼ばれている武富士前会長娘婿・高島望氏との対談記事ーーだが、そこには、松下政経塾出身で、武富士社長の地位まで捨て、政治の世界に舞い戻ったころの高島氏の面影はない。議会制民主主義を否定し、“教祖”同様、独裁政治を盲目的に信奉しているようにしか思えない。

3;松下政経塾での「高島望」プロフィール
http://www.mskj.or.jp/profile/takasima.html
4;「ザイン(古代帝国軍)」と「ソフト・オン・デマンド 」「メディア倫理協会」にはほんのり繋がりがある。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050721#1121973720
5;「武富士」は、「盗聴法」「共謀罪」推進している山田英雄・元警察庁長官と繋がる。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050728#1122496128
6;さらに「武富士」は、糸山英太郎山口組後藤組組長・後藤忠政にも繋がる。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050728#1122558973