カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

「一撃論」妄想

日本現代史には繰り返し「一撃論」つーのが出てきて、状況を悪化させている。たとえば日中戦争も「一撃論」、すなわち中国にキツイ一撃を見舞わせたら中国は折れて降伏するはず、という見通しによってなされ、全くそうはならず、日本は敗北した。
対米戦争も同様にハワイなどに「キツイ一撃」を加えればアメリカは戦意喪失するはずだ、という見通しの下に開始され、アメリカは全く戦意喪失せず、日本は敗北した。
例に出すのが通俗本で恐縮だが、陳舜臣司馬遼太郎などの描く中国史を読んでいたらそんな発想(「一撃論」発想)は生まれないだろうに、と思うんだが。(はいはい、陳舜臣司馬遼太郎は戦後の作家ですね、宮崎市定の中国史でも良いですよ、日中戦争当時ではちと若すぎるけど。)日中戦争での日本の振る舞いは三国志での董卓軍の振る舞いに似ている。
思うに「キツイ一撃」をお見舞いすればいい、強硬な姿勢でいくのがいい、強面でいくのがいい、という「迷信」は、それを語る者の内面の投影で、つまり「一撃論者」は「キツイ一撃」でヘロヘロになるような脆弱な内面の持ち主だ、ということなのかな。たしかに日本の近代化は薩英戦争などの「イギリスによるキツイ一撃」の結果、先進近代国家には平伏、後進国家には残虐、という基本枠組みが生まれたが、しかしながらたとえば中国は「アヘン戦争」という「先進近代国家によるキツイ一撃」から、国土と国家を恢復する(辛亥革命、北伐)、という経緯を辿ったわけであり、アヘン戦争時点では近代国家との間に圧倒的な力の差があったものの、日中戦争時点では中国(国民党軍+共産党軍)と日本軍との力の差はかなり縮まり、日本に屈服しなくてはならない要因はほとんどなかったのだが(日中戦争アヘン戦争の100年後、明治維新の70年後、日清戦争の43年後にあたる。)。昭和史の、日中戦争の頃の「日本(政府・軍部)」の発想は、近視的で想像力に欠けている、言い換えると死ぬほど自己中なのだが、21世紀の現在でも1937年当時と同じ発想枠組みでしか思考できない人々は、人間としての練度が足りなすぎるのではないかと思われる。
練度の足りない人間に権力を与えると、国を滅ぼす。1937年と現在はその意味でもよく似ている。
関連。「クッキーと紅茶と」■NHKスペシャル日中戦争」を見ました(1)http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/20060812/p1
「とむ丸の夢」 日中戦争〜なぜ戦争は拡大したのかhttp://tomkari.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/13_6331.html

ポチッとな 

「安倍晋三人気」なんてものは、ない。

テレビと新聞では「国民的人気」という無意味な枕詞をなぜか必ずつけることになっている安倍晋三だが、なぜそんな無意味な枕詞をつける約束になっているのか理解不能だが、「安倍晋三人気」なんていうものはそもそもの初めから捏造であり実体のないものだと私は考える。
安倍晋三を「売り出す」ための、国民からは見えないところで開始されたキャンペーンがあり、そこで「国民的人気」という枕詞が選択されたのだろうと推測する。新聞とテレビで連呼すれば同調圧力によって、ありもしない「人気」があるかのように仕立てることができるはずだ、という設計者の意図によると思われる。
「しかし『次の首相候補』アンケートで、常に安倍晋三がトップにくるではないか」という反論が予想できるが、「次の首相候補」アンケートで名前が挙がる政治家とは、テレビで名前が連呼される回数の多い政治家、テレビで取り扱われる回数の多い政治家を示す指標にすぎず「首相としての能力に期待する」指標では全くない。これは自由党時代の小沢一郎が実力以上にテレビで扱われる回数が多かったがために議席数には全く見合わないのに「次の首相候補」で名前が挙がったのと同じカラクリである。「次の首相候補」アンケート結果は「何回テレビでその政治家の名前が扱われたか」を示しているにすぎない。小沢一郎石原慎太郎もその実力に見合わずえらくテレビで特別扱いされていたが、安倍晋三の特別扱いぶりは別格だ。そして奇怪なことに、テレビで特別扱いされるこれらの人物は決まって能力値は実際には低い。したがって彼らのスポンサーのプッシュ度合いが示されていると考えるべきだろう。安倍晋三の場合だとウシオ電機か。なぜウシオ電機がそんなにテレビを操作できるのかはよく分からないが。
[19:00]
バナーをつくっていただきました http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/08/post_0108.html
なお、「安倍晋三では視聴率が取れない」という証言は、複数あります。「安倍人気」なんてものはない。あると思っている人は、自分が騙されやすいバカだと疑うべきである。
「キャンペーン」の背景には、岸信介満州鉄道・電通、という人脈的流れが関係しているのかな。

安倍晋三逝ってヨシ、と思う同志は  をクリックされたし。

判断力を劣化させる思考法

人の判断力を劣化させるためには、まず情緒を前提し、しかる後に論理展開させる。こうすると思考力判断力が衰える。
偏見、レッテル貼り、ヘイトスピーチレイシズム、など、知性を劣化させる言説はこのような構成をとることが多い。
言い換えると、「好き嫌い」だけで展開させる話法である。物事を「好き嫌い」だけで判断するのはバカのすることである。そしてバカとなるべく全力を尽くす発想法が、これである。
この思考法・話法は、詐欺師が被害者を誑(たぶら)かすときにとくに力を発揮する。前提する情緒は、共感を相手に要求するべきである。情緒は感染しやすい性質を持っている以上、感染させることはそう困難なことではない。情緒の感染にさえ成功すれば、あとは何を言おうと必ず共感する。
この情緒は憎悪や嫌悪を用いるのが比較的たやすい。説得相手、すなわち被害者は、無防備であるか疲労していることが望ましい。説得相手を疲労させる場合、自分に、つまり詐欺師に精神的に依存するよう設計しておくことが肝要である。閉鎖空間であるほうが成功しやすい。共感する以外の選択肢をあらかじめ排除しておけば、ほぼ成功する。憎悪ないし嫌悪への共感に成功すれば、被害者はこの思考法をなぞる限り自分を被害者だとは認識せず、詐欺師と同じように振る舞い、更なる被害者を再生産する。
なお、憎悪を感染させるためには「我々(詐欺師と被害者)」を無謬でキラキラしいものであるかのように感じさせる言葉を適宜使うのが望ましい。「凛とした」「毅然と」といったフレーズはしばしば有効である。

ポチッとな 

〈基本語彙〉が思考を制約する、についての思いつき

■[メモ]基本語彙、その他 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060720#1153361655 の続き。

1;情緒や思考の表現は、各人の会得した「基本語彙」を通じてなされ、基本語彙に制約される。語彙の少ない人は自分の考えを表明することに困難が発生する。
「基本語彙」は複数のジャンルに別れ、ジャンルを横断できる「語彙」は必ずしも多くない。ジャンルにはたとえば以下のようなものがある。例。オタク系語彙(当然その中はさらに細分化され、左端と右端のジャンルでは基礎語彙が異なり、対話が困難である)、オヤジ雑誌系語彙(体液に関わる事柄が多いことが特徴。体液とは血と汗と涙と精液である)、サブカル系語彙(オタクはサブカルの下位ジャンルだと個人的には思うが、ここでは「趣味よさげな」サブカル、という意味で別枠としておく)、学術系語彙、ヤンキー系語彙、「『諸君!』『正論』」系語彙。その他。
2;発話・表現しようという意欲には、背景となる情緒・衝動がある。衝動に身を委ねることは快楽である。しかし衝動に身を委ねると、目的を達成しない。
発話・表現には達成目的がある、と意識することが表現を鍛える。目的を意識することを「自覚的」と言う。
発話・表現は、洗練させることでより目的を達成しやすくなる。
3;衝動は人格と不可分である。情緒は衝動の一発露形態である。人格から見ると、衝動は外から自身に向かって襲い来る。人格は衝動自体を制御するのはたぶん不可能ではないが困難である。
4;表現・発話を制御する精神を仮に「理性」と呼ぶ。「理性」は鍛錬可能である。「語彙」を増やすことはその一つである。「理性」の練度により、情緒や衝動にどのくらい振り回されざるを得ないかの限界値が変わる。練度が低ければより多く情緒に振り回される。より情緒に振り回された表現は洗練度が低い。より情緒に振り回されると、発話の目的を見失う。洗練の努力とは、情緒に対し距離を置く、ないし情緒とのバランスを試みることである。この努力を放棄すると、主観的には快楽ではあっても、たいへん無様な発話・表現となる。
5;衝動や情緒自体は、しばしば当人自身には、リアルタイムでは観測不能である。衝動や情緒には以下のようなものがある。不全感・不満感、臆病、その他。衝動や情緒を自ら観測し直すことを「反省」と呼ぶ。
6;衝動は人格と不可分である。人格には基本態度・「性根」と呼べる部分が存在する。「性根」は自己イメージと「道徳観」から成る。ここで言う「道徳観」は人格形成の最初期に得たものを核とする、社会(世界)へのイメージである。
他者を誹謗することに躊躇のない道徳観、それを忌む道徳観。道理への態度、「正義」という感覚の内容。自分を強者と思っているか・弱者だと思っているか。その内容。
7;自身の蓄積した語彙への解釈は、自分をどのような存在であると解するか、自己イメージ・自己規定により、鏡面的に規定・制約される。

いかん、ゴチャゴチャし過ぎて整理に失敗した。もっと綺麗に整理できるはず。
ざっくり整理し直してみる。
1;表現と思考は獲得語彙に制約される。
2;表現は衝動に制約される。衝動はある程度統制可能である。
以上。とりあえずはこんなものかな。このエントリ、何を言わんとしているか意味不明ですね。失敗作ですがとりあえずアップしておきます。

ポチッとな 

webで拾った安倍晋三評

webで拾った安倍晋三評。

283 名前:文責・名無しさん 投稿日:2006/08/13(日) 09:49:50 97aHEZK0

今まで、ずいぶん政治家の顔を眺めてきたけれども、今の安倍晋三の顔ほどヒドイ顔は拝んだことがない。同じ程度のヒドイ顔はブッシュくらいだ。要するに、自分で何か責任を取ろうという気が全くない。ハナから無い。コイズミの悪辣さは、政治家の悪辣さの枠を越えている。政治家とヤクザの持ちつ持たれつの関係は昔からあるけれども、コイズミの場合、政治家と言うよりはヤクザ側の感性を持っている。ある意味で、その点での「やる気」はあるのだ。悪いことをオレはするぞ、という自分なりの姿勢がある。
安倍の場合は、住吉会後藤組工藤会などとの深い関係が取りざたされるけれども、感性は、家系だけでここまで登りつめた全くボンクラ政治家だ。自らの責任という概念が、全くない。だからこそ、カルトでもヤクザでもほとんど隠し立てすらせずに関係する。ここまでヒドイ政治家は初めてだ。これまでは、どんな悪い政治家でも、自分で悪いことをすると決める、決心覚悟のようなものがあった。それがないと言うことは、どんな悪いことでも、平気でするということ。これまでのように責任逃れで、誰かに押しつけるのではなく、初めから自分に責任は無いと思い込んでいるのだ。これは、実に恐るべきことだ。

296 名前:無党派さん 投稿日:2006/08/13(日) 23:00:09 64yh/3IZ

日本版ブッシュとなる予感。
ブッシュJrとの共通点。
あんま頭良くない。世襲。体力がない。宗教にどっぷり。弱いぶん敵が必要(イスラムテポドン)。実は黒幕の操り人形。

安倍晋三逝ってヨシ、と思う同志は  をクリックされたし。