カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

柏崎と新潟警察「不祥事」と情報工作

本日の画像はhttp://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/07/17/japan.quake.ap/index.htmlから。

1

中越沖地震柏崎原発事故からの連想。「北朝鮮拉致事件」がぎゃんぎゃんと報道されていた時期は、原発事故が多発していた時期だった。だが原発事故報道は拉致事件報道の陰に隠されていた。どういう意図があったかはよく判らない。拉致家族には原発関係者が多かったと記憶する。北朝鮮核問題から目を逸らさせ国内の核問題から目を逸らさせることは意図の一つだったと思われる。また同時に警察、とくに公安警察「不祥事」を忘れさせるための報道洪水であったとも思われる。柏崎市といえば、以下の記述を想起すべきである。

一九九九年神奈川県警に端を発した警察の不祥事は、とどまるところを知らず、二〇〇〇年二月に新潟県警の不祥事と公安委員会の癒着が明るみに出ることによって、日本の国家腐敗の頂点を極めた感がある。しかしこれもまた、最重要の事実が追及されていない。それは女性監禁事件が発生した新潟県柏崎市には、偶然にも世界最大の原発基地があり、東京電力会長の那須翔公安委として地元警察を背後で動かし、原発反対の市民運動つぶしに暗躍してきた最大の黒幕だという闇の関係である。新聞は「公安委員会は警察の事情を知らない素人集団だ」と書いたが、こうした記者こそ事情を知らない素人であった。偶発的に出会った監禁事件と警察不祥事にうろたえた公安委員の那須らが、一心同体である身内の腐敗警察を保護する役割を果たした、というのが真相である。

私物国家―日本の黒幕の系図 (知恵の森文庫)

私物国家―日本の黒幕の系図 (知恵の森文庫)

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/535/1076261467/?KEYWORD=%C7%F0%BA%EA

神奈川県警関連 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050310/1110435113 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050310#1110435113 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050702#1120264148 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/archive?word=%BF%C0%C6%E0%C0%EE%B8%A9%B7%D9
北朝鮮拉致事件」関連で、首肯できるブログ記事 http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/48344190.html

2

以下、中越沖地震について正鵠を射た記述なので、メモする。

http://blogs.yahoo.co.jp/goken9999/13480764.html
全壊とか、半壊しなくとも、屋根や壁が崩れて、雨漏りがするという家は、多いようだ。理解しがたいのは、そうした家にも、税金がかけられ、固定資産税を納付しなければならないという事だ。全壊、半壊した家に対しては、固定資産税軽減の処置が前回の地震でとられたが、全壊、半壊した家に住み続けている人は、当たり前のようにいない。
半壊以上と認定した家に対してだけ、1年度分の固定資産税軽減を行ったようだ。半壊以上の家は、その年の内に、修繕、取り壊してから、建て直しが行われるだろうから、と言う理由で、1年度分だけ、固定資産税の軽減処置がとられたそうだ。

ああっ。安倍晋三政権は美しすぎる! もう、自民党政権の美しさにメロメロだ!

国賊どもへの憤りを覚えた同志は、  にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

「霊の戦い」

以下、興味深い記述があったのでメモする。

二十世紀の後半、とりわけ一九八〇年代以降に世界のキリスト教に起こった注目すべき出来事のひとつは、聖霊の働きやその体験を重視するグループの大規模な台頭である。(237p)
この運動の特徴としては、異言、預言、悪霊祓い、神癒、手を高くあげて聖霊に満たされたとされる恍惚状態での礼拝、リズミカルな歌と踊りによる賛美、などがあげられる。(238P)
八〇年代以降にアメリカの福音派〔ブッシュが信仰〕を中心に活性化した聖霊運動キリスト教シャーマニズム〕では、「霊の戦い」がひとつの重要な標語となった。聖霊運動が非キリスト教圏の風土に伝道しようとすれば、当然そこにあった在来の信仰と衝突する。これら異教の礼拝対象はいずれも悪魔の手先、あるいは悪霊として一括される。〔略〕布教伝道は文字通り、聖霊と悪霊の戦いの場として解釈される。
キリスト教をいまだに頑固に受け入れない国、たとえば日本などを典型とする地域では、さらに高度な「戦略レベルでの霊の戦い」が必要とされる。〔略〕地域を支配してキリスト教の定着を妨害してきた悪魔の活動を、全体的に打破しようというものである。「十/四十の窓」などと称して、ユーラシアからアフリカ大陸にかけての北緯十度から四十度までを、悪霊を打破すべき重点地帯とする理論もある。
具体的には、そのスペシャリストとされる伝道師たちを海外から招き、各地の有名な神社・仏閣・霊山などの「悪霊の要塞」を訪れて、所有権をサタンから主イエスに取り戻す宣言が行なわれる。何人かのグループで皇居の周囲や伊勢神宮などをまわって、悪霊の支配からの解放を祈る、などという企画もある。内容は悪霊の打破と追い出しだが、現象的には通常の参詣や巡礼にそっくりの行動となる。いわば巡礼の裏バージョンである。
じっさい、多くの遍路で賑わう四国の八十八ヵ所では、その悪霊からの解放を祈って巡り歩くキリスト教徒がいる。(239-240)
「霊の戦い」とは、アメリカ主導の経済的グローバリゼーションの宗教版にほかならない、という悪口も聞かれる。背後に政治的な保守主義者やキリスト教ファンダメンタリストの後押しがあることはまちがいない。(240P)

死者の救済史―供養と憑依の宗教学   角川選書 354

死者の救済史―供養と憑依の宗教学 角川選書 354

日本の「宗教右翼」はこのアメリカ宗教右翼のデッドコピーだから、日本古来の霊を守るための戦いなんかひとつもしておらず、アメリカ宗教右翼の犬っころとして「日本会議」なんていう国辱的政治組織運動などをしているようだ。
こういう「霊的戦争」は古来から行なわれているし、第二次大戦でも盛んに行なわれたし、国内行政でもしばしば行なわれている。たとえば上野の西郷隆盛像は幕府軍彰義隊の戦没地を睨んでいる。幕府軍の怨霊を西郷隆盛像で封印するためだ。その西郷隆盛像を睨み封印しているのが、靖国神社に立つ官軍の司令官村田蔵六像である。京都の鬼門には比叡山が置かれ、江戸の鬼門には日光東照宮が置かれている。これらは「霊的戦争」「霊的防衛」の典型である。余計なことだが、正距方位図法で見ると、日本の鬼門である北東の方角にアメリカは存在する。裏鬼門の南西の方角はマレー半島インドネシアになる。日本は太平洋戦争では鬼門に存在する敵と戦い、裏鬼門の方角へ進軍した。
我がブログの分類項「呪的闘争」も、この「霊的戦争」を意識している。

感じるところのあった同志は、  にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

総務省パブリックコメントへ以下書き送った。

7/20(金)17時が締め切りの、総務省によるインターネット統制案(ブログや2chも対象)のパブリックコメントhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070621#1182355961 に、以下書き送った。

「有害」という語は、法に全くなじまない。「有害」という全ての文言を削除すべきである。
放送法・電波法は、電波帯という有限のものを公平に分割使用することを正当性として生まれた。現在の放送法・電波法は、その法の主旨を逸脱した運用がなされている。
インターネットは無限である。よって行政介入の必要は全く存在しない。
現法に違反するものは現法に従って対応すればいい。総務省がムダに権限拡大し、ムダな仕事を増やし、ムダに予算を浪費し、日本の情報を統制しようとすることに私は反対する。
かつて日本には「内務省」という有害無益な組織が存在し、その官僚組織が暴走したため、国を滅ぼすこととなった。その後継組織が「夢よもう一度」とばかりに国を滅ぼすための情報統制の「再チャレンジ」を行なうのを我々は許すべきではないと私は考える。

関連 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)さんによるまとめhttp://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/fccad721dcd5c693e5e6c1feedd84c31

感じるところのあった同志は、パブリックコメントを送った上で、  にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。