カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

「選挙」と「署名」の使い方/戦術…自民党新人候補を…

福田康夫首相辞任に伴い、選挙がまたやって来ます。で、それにより我々は時間的猶予を得たので、「署名」期間は延長できるっぽい。
さて、「署名」は集めるだけでは実はあまり効果がない。「署名」には「紹介議員」っつーのが必要だ。すでに確保している議員だけで「紹介議員」になってもらっても、実は政治的効果が薄い。
広く与党、特に自民党の候補を「紹介議員」として味方ないし好意的中立者にする、聞こえの悪い言い方をすると「共犯的関係」を結ぶのが、政治的効果として最も望ましい
選挙では、応援してくれる人を候補たちは切実に求める。「応援するから、当選したら『紹介議員』になってください」というのは正当なお願いだ。これをすべきだ。http://svcm.2-d.jp/qanda.html http://www.savemanga.com/ ←ここから署名用紙をダウンロードして、地元の議員事務所ないし選挙事務所へ行って「売り込み」をかけてほしい。
狙い目は、自民党の新人候補だ。票などのしがらみがすでにある場合を除き、ふつうの候補は「表現規制」問題については「無関心な中立」が一番多い。そして自民党には逆風が今回吹いている。自民党新人候補は地盤が弱いから応援者を切実に求めている。自民党新人議員を「味方」にする最もよい機会が今回の選挙だ。第二第三の早川忠孝議員を生むことが望ましい。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080605#1212607052 余計なことだけど、早川忠孝議員の対立候補の民主党の神風英夫議員はhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20061014#1160754590←こういうリストに名前が挙がったりしていたり。
ということで、与党支持者な、あるいは「うちの選挙区、どうも候補がパッとしないんだけど…」という同志諸姉諸兄の尽力を請う。
共産党支持者な同志諸姉諸兄は共産党に同じように働きかけていただけると助かる。
「カマヤンがそういうことやるんだろ?」と思った人がいるかもしれないが、私や私の友人たちはすでに選挙期間中に「体で恩返し(つまり選挙運動を手伝うことで恩返し)」せにゃならん候補が仰山いて、これ以上手を広げるのは私には原則的に無理だ。前述の「すでに確保している」議員の選挙応援は、私と私の友人がオタク界全体のためにやるんだ。私は政治ブローカーじゃないから選挙や政治じゃ飯を食えんのだ。選挙の手伝いに行くほど私や私の友人たちは貧乏になるんだ。だから同志諸姉諸兄の助力を請う。
そろそろ選挙候補の街宣車が君の選挙区にも廻り始めているはずだ。2chでトグロを巻いている暇はあまりないはずだ。こういうのはセールスに似ていて、早く「売り込み」に行くほうが有利だ。「候補」に「政策(児童ポルノ法改悪反対)」と自分という応援者を「売り込む」のだ。
「応援」の仕方については以下参考にされたし。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080904#1220461837
…ところで、『神は妄想である』の中に、英米での無神論者は無視できない数いるが、政治的勢力になっていない、なぜなら無神論者は「猫の群れ」だからだ。猫は群れを作らない。…といった記述があった。ドーキンスは互いに孤立している無神論者たちと、宗教の被害にあった人々を勇気づけるために『神は妄想である』を書いた。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080914#1221325009

感じるところのあった同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

画像はhttp://piapro.jp/content/zildfu9f0h8j2niyから。