カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

(´ー`)y-~

学校へ。
灰皿がキャンパスからも消えている。なんてことだ (;´Д`)

盧溝橋事件の経緯を教わる。長年よく判らなかったことが、とてもクリアに判る。Y先生は、文章より講義のほうが得手の方なのかもしれない。論文も非常にいい論文だけど。(O先生は講義より文章のほうが得手なようだ)

『〈癒し〉のナショナリズム』『自由を考える』など購入。
政策秘書試験のテキスト買おうかと思ってやめる。どの道、経済と法律を勉強しないうちは私にはムリだ。

床屋で散髪。
山花さんの秘書さんが明日いらっしゃるから、部屋を整頓。
失うものも多かった選挙だったけど、整頓のコツを知ることができたことは、最大の収穫だったかも。
見知っていればなんということもない、多くの人にとってあたりまえなことは、それを知らない人には、どうにも得ることができないことだ。国家一種試験というものがこの世にあって、それを受験するには法学部でそれなりに授業選択する必要があって、多くの人はそれを最も望ましいと考えているらしい、なんてことは、去年知ったんだっけ。なぜ世の中の多くの人は高校時代に知っているのだろう。俺の高校の先生はそんなこと一言も言わなかった。俺の親は中卒で自営業だからもちろんそんなこと知るわけもなく。「成績」や「大学」が何のためにあるのか、私の親は色々激しく勘違いをしていた。私もそうだが。

「学力崩壊」とかニュースになっているが、算数の成績は落ちていても、国語の成績は実は上昇しているのだそうだ。2chのお蔭だと思う。小中学生を2chから隔離すると、国語力も落ちるだろうね。