カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

イギリステロ

イギリスサミットの期日に合わせた地下鉄テロは、1937年に「盧溝橋事件」が起きたのと同じ日か…
北朝鮮バッシングが日本で始まった9月18日のことを9・18と一部では呼ぶみたいだけど、9月18日って1931年に「柳条湖事件」「満州事変」を石原莞爾が起こした日なんだよね。
ブッシュとブレアは地下鉄テロを、低下していた求心力を高めるために最大限利用するだろうな。近頃のアメリカはあの頃の日本によく似ているけど、ベトナム戦争当時も「近頃アメリカはあの頃の日本によく似ている」と言われたそうだ。
小泉や天下り先を作りたがっている警察官僚どもも、イギリステロを喜んでいるだろうな。「変な法律」や「変な天下り先」を作る口実になるもんな。
…思えばオウム事件て、変な事件だったな。オウム事件の捜査を遅らせたらしい城内康光は今でものうのうと「日本会議」役員していたり、オウム事件に関わっていたらしい暴力団や他の宗教団体はのうのうと政界に食い込んでたりするみたいだしね。「治安立法」しても、運用する側が悪と「共謀」していたら「キチガイに刃物」でしかないわな。