カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

共謀罪反対イベント

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050725#1122318361 の続き。
台風のおかげで、休塾になり、イベントへ。
台風だったので、やや参加者は少なく、200人ほど。私のブログを見て参加したというオタクさんも一人だけいらっしゃった。私は途中からの参加。
http://tochoho.jca.apc.org/event20050721.html
以下、イベントの内容。

続いて稲見哲男議員から。

なかなか労組なんかも「共謀罪」に注目しなかったが、注目してきた、といった話。
http://www.inami-t.jp/

井上哲士共産党参院)議員から。

彼の選挙区は京都。2003年に「共謀罪」が出てきた。911以降、「テロ対策」名目で色々無茶がなされている。ロンドンテロではテロと無関係なブラジル人が射殺された。
法務省は「構成要件が厳しいから(労組や市民団体などへ摘発対象が拡張されることはありえない」と説明しているが、反戦ビラ撒き逮捕はビラ撒きコースでわざわざ待ち伏せして逮捕された。現行一般法でもそんな無茶がなされるのだから、「拡張」されることを警戒するべきだ。
http://www.inoue-satoshi.com/sf2_diary/sf2_diary/top.html
http://www.inoue-satoshi.com/

松岡とおる(民主党参院)議員から。

イギリスはすごい監視社会になってしまっている、といった話。
http://www.matsuoka-toru.jp/

平岡秀夫民主党)議員から。

共謀罪」が民主党内でもあまり話題になっていない(ことが問題だ)。警察捜査のあり方が問題だ。民主党は「捜査の非密室化」法案を出しているが、現在のような密室での捜査では「自白」が捏造され、「共謀罪」を新設することは危険だ。
http://www.urban.ne.jp/home/hideoh29/

堀越という人から。

彼は選挙時に政党機関紙をポストしていた国家公務員。そのポスティングを理由として逮捕された。警察は選挙期間中、2〜11人の公安警察官、車4台、ビデオカメラ6台、述べ人数190人で監視していた。隠しカメラでポスティングを撮影していた。これらの捜査は違法捜査であり、違法逮捕だ。現在、法廷闘争を行っている。
http://www.jcp.or.jp/movie/2004-03-03-ichida.html

福島瑞穂社民党参院)議員から。

共謀罪は過去4回、継続審議されている。国家が内心に踏み込むことはしてはいけない。たとえば自民党憲法草案は「子は親を尊敬する義務がある」「夫婦は仲良くする義務がある」と書いてあるが、なら夫婦が別居したら憲法違反なのか? (きわめてバカな憲法草案だ)
http://www.mizuhoto.org/
http://www.mizuhoto.org/01/02.html
http://www.mizuhoto.org/01/01.html
自民党憲法草案

http://www.kyodo-center.jp/ugoki/kiji/jimin-youkou.htm
c.家庭等を保護する責務
○ 国民は夫婦の協力と責任により、自らの家庭を良好に維持しなければならない。
○ 国民は自己の保護下にある子どもを養育する責務を有するとともに、親を敬う精神を尊重しなければならない。

〔カマヤン付記〕…自民党改憲草案には以下の一節も。

http://www.kyodo-center.jp/ugoki/kiji/jimin-youkou.htm
b.表現の自由(21条)について
○ 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は保障されるが、青少年の健全育成に悪影響を与えるおそれのある有害情報や図書の出版・販売は、「公共の秩序」に照らして、法律によって制限されうることを追加する。
* 「思想・表現の自由」は基本的人権の中でも最も重要な概念であるが、有害図書の氾濫という現状を考えるとその一部制限はやむをえない。

近藤正道社民党参院)議員から。

新潟が選挙区。地元から「共謀罪」について話を聞いたことがない。(そのことが問題だ、もっと知られなくてはならない)
http://www.m-kondo.jp/
〔カマヤン付記〕…社民党議員は二人とも民主党へエールして、共産党についてはスルー。社民党は二人とも「公明党が反対へ同調するかも」と甘甘な見通しを述べていたが、さあ、どうだろう? 
…地元の議員へ「陳情」することが大事だと、近藤正道議員の話を聞いて、改めて思った。

小林ちよみ(民主党衆院)から。

北海道。法務。「条約」はG8指導型だった。「条約」は翻訳段階に大きな問題がある。
小林は2003年秋の選挙に自衛隊官舎で演説し全戸にビラ入れし、アンケートをとった。ビラはコミュニケーションのツールであり自衛隊家族が語る回路だ。
http://www.tiyomi.net/

大洞氏。(立川テント村)

立川テント村ビラ撒きは一審は無罪になった。「住居侵入罪」で逮捕された。
チラシ撒きが弾圧されている。
裁判の過程で、自衛隊自体がポスティングをしていることがわかった。チラシ撒きがもし「住居侵入罪」になるのなら、自衛隊は「住居侵入罪」の構成要件を満たしている。
http://www.geocities.jp/sacchan_mangostin/infomation/dannatu.html
http://www4.ocn.ne.jp/~tentmura/
http://blogs.yahoo.co.jp/solea01/7929249.html

『創』編集長・篠田(ペンクラブ)

警察は一般法を使って治安維持法と同じ効果を得ようとしている。個情法反対運動ではメディアが分裂した。

足立昌勝(刑法学者)

窃盗罪には「予備罪」はない。相談が「共謀」、下見が「予備」、手を伸ばすと「未遂」、実際に取ると「既遂」。「共謀罪」は一気にとぶ。警察の主観的判断でいくらでも逮捕できてしまう。

共謀罪と治安管理社会―つながる心に手錠はかけられない

共謀罪と治安管理社会―つながる心に手錠はかけられない

寺沢有

自民党民主党とですぐ成立してしまうだろうと思い、白けていた。成立しないかもしれないと知ってから燃えて、「表現者」たちに共同声明を集めた。ミニコミやブログにも声をかけた。数日で200を超える賛同を得た。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FB%C2%F4%CD%AD?kid=113477

辻恵民主党衆院

この法律を葬らなければ国会議員になった意味がないと思っている。「共謀罪」は密告・タレコミ推奨法だ。
1925年に治安維持法が成立したとき、以後20年間猛威を振るうとは誰も思っていなかった。綴り方教室まで治安維持法で取り締まられるとは当時の人々は思っていなかった(がその後そうなった)。
共謀罪」は刑法の書き換えであり、統治機構が大転換する。(警察が統治の頂点になる)
http://www.tsuji-osaka-genki.jp/
〔カマヤン付記〕…辻恵トークは熱く、頼もしかった。