カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

警察官僚出身議員とアルゼと「世界救世教」

id:axgxさんのブログから。

http://d.hatena.ne.jp/axgx/20050817
 ところで何時の間にか反ヲタ議員リストから1人のお友達がサヨナラしていたよ。警察官僚出身の阿南一成http://otaku.rulez.jp/kill_the_assholes/anan.html大先生(自民党参院議員)だ。で、どうなったのかというと、あの悪名高いパチスロメーカー・アルゼhttp://www.uwasanoshiokinin.com/aruze8.htmlの社長に就任していた(苦笑)。

 ■アルゼの仁義無き商魂(第1号〜8号)
http://www.uwasanoshiokinin.com/aruze.html
 ■アルゼ暴露記事の出版社社長を名誉棄損で逮捕
http://www.13hz.jp/2005/07/post_c405.html
 ■アルゼへの損害賠償請求、SNKプレイモア勝訴の中間判決
http://news.braina.com/2004/0121/judge_20040121_001____.html

 脱法賭博産業という新たな舞台でも是非是非青少年の健全育成に励んで下さいね、阿南社長!

「アルゼ」の社長となった警察OBの阿南一成
http://www.uwasanoshiokinin.com/aruze8.html
その後「MOA美術文化財団〔「世界救世教」の財団〕」の顧問を経て、元警視総監下稲葉耕吉の参議員枠を引き継いで「世界救世教」の強力な支援を得て当選した。

世界救世教」が支援した議員としては、過去に糸山英太郎尾辻秀久橋本聖子、依田智治などがいる。

世界救世教

http://park8.wakwak.com/~kasa/Religion/sekai-kyuseikyo.html
大本の幹部だった岡田茂吉(1882-1955)が立教した教団です。宗教ウォッチャーの間では「手かざし系」「真光系」などというカテゴリーが存在するほど、世界救世教の分派・派生教団は数多く存在します。
教義は大本の影響を受けながらも、岡田独自の手かざしによる「浄霊」(日本医術)がこの系統の宗派最大の特徴です。信者は「おひかり」という教祖の念(魂)が入ったお札みたいなものを所持し、これを首からぶらさげることにより誰でも手かざしによる浄霊儀式ができるようになるそうです。
世界救世教とその分派・派生教団では、おひかりを身に付けた人が行う手かざしによって、手のひらからでる光の玉(もちろん目に見えない)が魂を浄化し、悪い病気を退治できると本気で信じています。〔略〕
熱海市にあるMOA美術館箱根町強羅にある箱根美術館世界救世教(とMOA財団)が運営母体で、MOA美術館のすぐそばに世界救世教の聖殿があります。
世界救世教の関連団体である「MOA財団」は、岡田茂吉の死後、河合輝明・世界救世教総長により1980年に設立されました。MOA は Mokichi Okada Association の頭文字をとったもので、岡田茂吉の思想と実践を宗教団体の枠組みを超えて世界に伝え、その活動の母体となることが財団の設立主旨です。MOA美術館は財団により1982年に建設されたものです。
ちなみに、「救世軍」と教団名が似てますが、それとはまったく由来の異なる教団です。救世軍キリスト教の一派ですが、世界救世教は上述のとおり大本の流れを汲む神道系の教団です。