カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

「健全育成」と広域暴力団・山口組

大阪の異様な『青少年健全育成条例

保坂展人さんのブログによると、大阪で異様な『青少年健全育成条例』が始まったそうな。

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/0cc95c7e599e2147fe3b95363a5eb218
『16歳未満の少年少女は、午後7時以後にゲームセンター・カラオケボックス・ボウリング場・まんが喫茶・インターネットカフェなどへの出入り禁止(違反した店は30万円以内の罰金)』

この罰金は警察天下り先の給金になるんだろうね。
大阪といえば、「有害コミック問題」キャンペーンをしたカルト宗教「念法眞教」の拠点のひとつが大阪で、ついでに言うと栃木女児殺害事件の栃木もこのカルト宗教「念法眞教」の拠点のひとつなのだが、さらに言うと大阪「念法眞教」は西村眞悟の票田で、西村眞悟と「念法眞教」を結びつけたのは歴史捏造詐欺師の田中正明で、かつ大阪「念法眞教」は「日本会議大阪」「つくる会大阪」「救う会大阪」の主力構成組織で、どのくらい主力構成組織なのかというと、統一協会イデオローグ高橋史朗がつくった「生長の家・青年部」である「日本青年協議会」と同じくらい主力なのだが、まあそれは置いておいて、「健全育成」という言葉から以下の記事を思い出した。

全国青少年健全育成会」@山口組

「東京アウトローズ」2004年8月1日から。

〔略〕警視庁は、「全国青少年健全育成会」なる団体の動向に注目している。
同団体は、昨今の若者の犯罪増加などは、戦後教育の荒廃の結果と見て剣道、柔道、空手、また書道、華道などわが国の伝統的な武術・文化を青少年に習得させ、青少年の健全育成を図ろうという目的のもとに00年9月に結成された。
現在、総裁には皇族〔伏見宮博明〕を戴き、特別顧問にはアントニオ猪木、朝堂院大覚(松浦良佑氏)が就いているが、設立時、同団体総裁に就任していたのは政財界出版(当時は政界出版)代表の恩田貢氏だった。〔略〕
恩田貢氏は03年1月31日、がんのため死去した(享年73歳)。そこで、総裁を皇族が継いだわけだが、そういう経緯から、現在、恩田葉一郎(名簿上は通称名の恩田将葉となっている)は同団体の顧問に就いている。ちなみに、代表理事には元相撲取りの荒勢初代タイガーマスク佐山聡などが就いている。
〔略〕同団体を恩田貢氏と共に設立したのが他ならぬ、山口組英〔はなぶさ〕組の英〔はなぶさ〕五郎組長その人だったのだ。そのため、当局は同団体は「恩田と英組が仕事をするための隠れ蓑として設立した」と見ている。
同団体のHPを開くと、 http://www.ikuseikai.co.jp/index2.htm こんな記述が目に入る。
「今更申し上げるまでもなく、当会の初代総裁は『内外タイムス社』会長の故・恩田貢氏であり、二代目総裁は恐れ多くも伏見宮博明殿下でありました。また今般、堤清一郎氏が理事長に就任致しております。尚、念のため申し添えますが当会の代表発起人でありました英五郎氏は、あくまで発起人としての分を弁え、発足当初よりハッキリと一線を画くし、今は、その任を全うされておられます。従って現在、当会名簿に英五郎氏の名前は存在致しません。当会は国家社会のため『青少年健全育成』に身を挺して取り組んでおります。何ら、やましい事など一点たりとも御座いません事を茲に謹んで申し添えまして御報告申し上げる次第でございます」
なお、夕刊紙「内外タイムス」を発行している内外タイムス社は経営難で、現在、同社の経営権は恩田氏から印刷会社大手・廣済堂に移っている。こういう関係から、関係者によれば、「恩田貢氏の友人代表は、同じ山口組直参の大石誉夫大石組組長が務めた」という。
こうして見ると、今回、すでに『東京新聞』(04年7月31日)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20040731/mng_____sya_____004.shtml
も報じているように、山口組に食い込まれていると見られる菱和ライフクリエイト(東証2部)に対し、同社のスキャンダルを握った『政財界』側が恐喝行為を働いたとの疑惑が出て来るのは決して偶然ではないだろう。
その件で恩田に知恵を付けている政財界出版社「顧問」の小早川茂(本名・雀茂珍)は、山口組に吸収された柳川組元組長の柳川次郎(柳川魏志)の付き人のようなことをやっていた人物。また、今回の菱和ライフの件でも恩田、小早川は旧柳川組を名乗る人物を同行している。〔略〕

柳川次郎は1973年に右翼団体亜細亜民族同盟」をつくり、勝共連合と共に訪韓したり、金大中拉致事件に絡んだり、許永中とつるんだりしていた。その政治遺産を引き継いだのは、公安調査庁の佐野一郎。えーと、たしか後に佐野一郎も怪死した。
島田紳助がいつぞや、民主党の選挙を手伝った後、えらい叩かれた時期があったが、あの島田紳助叩きも山口組系「全国青少年健全育成会」が関係している。

http://www.ai-trip.com/users/ai07/backnumber26.html
 78/5/創立で英五郎総裁とあるからこの人物が創立者なんだろうな、英五郎?どこかで見たか読んだ記憶が、そこでさらに検索。英組というのがあり、山口組の組織だがそこの組長が「英五郎」同一人物ですかね?、そこには「英親分は全国の格闘技の世界でもかなり顔らしいからな」という書き込みが。
 さて、島田が口走ったという「極心連合会」とは?、詳細は書きませんがこれも山口組系列。さあ、どちらの組が格上なのか。島田紳助はどのように決着させたのだろう。
 それよりも面白いのが偶然見付かりました。この「世界格闘技団体連合振興会」が立ち上げた団体に00年5月に設立の「全国青少年健全育成会」というのがある。たぶんこの健全育成会主催と見られるWBCミニマム級世界チャンピオン高山勝成君「祝勝会」ベルト授与式という行事が05/4/29東京:パレスホテルにて開かれた。多くの花輪には著名人の名前が一杯。
 育成会総裁の伏見弘明は元皇族、輪島功一、米倉健司、井岡弘樹朝青龍旭鷲山、おお〜アントニオ猪木の花輪も、しかし、これらの名前もかすむ超一流の名前が燦然と、ここにははっきりと自分の職名が誰にはばかることなく書かれているではないか!。花輪を贈るにしても慎重に検討した方がいいのでは、この場合の所管がどこかは知らないけれど。

ということは、あの当時、2chなどでしつっこく島田紳助叩きをしていた連中の何割かは、山口組系職業ネット右翼さんであったか。まあ、脳味噌まで筋肉で山口組系末端にいることの自覚すらないバカ揃いだったのかも知れんけど。

山口組系『全国青少年健全育成会』に連なる人々

http://www.ikuseikai.co.jp/enkaku.htm
闘技振興会 荒勢、大日本朱光会 阿形充規、ジャーナリスト 伊藤博敏、㈱TCF 伊藤千江子、フリーライター 伊藤博一、最福寺 池内恵観、宝島 井野良介、税理士 岩埼東四郎、同信会 上江州信夫、弁護士 植田忠司、東京インタービジネス 浦田昇、新日本東光会 大石裕正、国際武道大学 大平光洋、国際東京プレス 大林高士、日本国土産業㈱ 角間 隆、大龍社 木田茂、財産評価システム 木村泉、一水会 木村三浩建武会 木村友貞、金龍社 金東伯、日本BE研究所 行徳哲男、東方青年連盟 日下雄一、アジア地域戦没者慰霊会 国分正男、国会タイムス 五味 武、日本人権擁護協会 坂元 薫、天龍社 鹿野辰也、尊皇義塾仁義社 志津田国博、日大薬科学部 白川龍美、敬天新聞社 白倉康夫、㈱轍 白川雅人、松魂塾 新藤、武道通信 杉山頴男サンデ-プロジェク〔ト〕 鈴木裕美、日本建国舎 竹原一夫、世界格闘技団体連合 伊達治一郎、弁理士 橘哲男、ジャーナリスト 田原総一郎、元キックボクシング 富山勝治、月刊ジャパニーズ 中井日冠、不二流武徳会 奈良彰久、全国平和連合 西尾英治、二十一世紀書院 蜷川正大、ジャーナリスト 野間健、亜細亜研究会 野本誠也、宏道連合 林洋一、㈱グランドオペレーション 原田修一、日吉経営研究所 日吉修二、ジャーナリスト 藤井厳喜野村秋介思想研究会 藤巻強、朱光塾 牧野光男、青少年問題対策会議  柾希全乃、ミルストン㈱ 増田忠厚、日本青年社住吉会〕 松尾和哉、松龍会 松本利紀、トータルマスターホ−ムズ 丸山久、全国勝手連連合会 光永勇、ガレージクレス 三木利幸、水政会 水野正彦、村上劇画プロ 村上和彦、政治評論化〔原文ママ〕安広欣記、S.P.W.F 谷津嘉章、永田町倶楽部 山本卓、青少年育成連合会 横田正弘、慶政会 吉田誠司、大日本北心会  吉永久利、法曹政治連盟 四方啓二、政龍会 渡辺久晃、大日本一誠会 渡辺兼

この山口組系『全国青少年健全育成会』は、2005年3月、つまり「東京アウトローズ」記事の半年後に、東京都から特定非営利活動法人認証を得ているみたいだ。東京都は山口組のフロント活動に御墨付きを与えたんだね。警察もか。警視庁は東京都警察で都政と関係しているばかりか、近年は東京都職員を警察に駆り出しているからな。
暴力団は我々の生活の外「アウトロー」に存在するのではなく、むしろ法制定者の側に位置しているようだ。
「健全育成運動」っつーのはアレかね、山口組が関東進出の際に麻薬撲滅運動を口実にしたのと同じアレなのかね。もちろん山口組では麻薬撲滅運動を口実にしていたけど、麻薬・覚醒剤売買もやっていたよ。今じゃ不動産とか株とかで稼ぐ金額の方が違法薬物で稼ぐより多いだろうけど。

奈良女児殺害事件と山口組

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060115#1137266608

我が国家はみっともなすぎる、と感じた同志は  をクリックされたし。

山口組概論―最強組織はなぜ成立したのか (ちくま新書)

山口組概論―最強組織はなぜ成立したのか (ちくま新書)

さらば山口組 ~後藤組・後藤忠政組長の半生~

さらば山口組 ~後藤組・後藤忠政組長の半生~