カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

警察組合

http://imak.exblog.jp/3134324
非番の警察官が警察組合でパレードをする様子を、警察が監視記録しているとして、警察を相手取って訴訟を起こす、という奇妙なケースがNYTimes紙で紹介されている。

という記事がIbusukiさんのブログで紹介されているが、アメリカの警察は幸せである。組合があるのだから。日本の警察には組合が存在しない。そのため警察内の不合理は解決されず、無能警察官僚が暴力団やカルト宗教とつるみ、抑圧の委譲がなされ、末端に皺寄せさせられる。
ところで日本の警察官僚が天下り先をつくるほど、日本の治安は必然的に悪化する。天下り先でする仕事は事件の隠蔽だから、天下り先が増えるほど日本では事件は解決されなくなる。未解決事件の真相はそんなところだろう。警察官僚は暴力団のところにも随分と天下っているし、もちろん北朝鮮系職業のところにもたくさん天下っている。右翼諸兄はよくご存知のはずだし、自称保守でその程度のことも知らんのならお前らは不勉強にすぎる。

まったくもって我が国家はみっともなすぎる、と感じる同志は  をクリックされたし。