カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

整理。「救う会」と広域暴力団「住吉会」

NHKなんかでしつっこく「北朝鮮拉致事件」(「救う会」関連)ニュースが流れるわけだが、救う会」中枢に広域暴力団住吉会が食い込んでいることを全く無視して報道しているのは、「売国的」行為だとしか思えないのだが、いかがか。
救う会」と広域暴力団住吉会の繋がりについては以下。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20051117#1132163221 から再構成

1;新潟「救う会」は、暴力団住吉会」系右翼団体日本青年社」である。

1−1

『フラッシュ』 2004年8月17・24日合併号
 現在、新潟には「救う会」か2つあるという異常事態が続いている。〔略〕その中心人物として小島氏が名指しするのが幹事の一人である【水野孝吉】氏だ。水野氏は【民族派団体「日本青年社」】の現役幹部である。

その後、「住吉会」系「日本青年社」の水野孝吉が正式に「新潟・救う会」となった。

1−2

http://www.seinensya.org/undo/kitatyosen/rati.htm
平成12年8月20日(日)
 日本青年社総本部時局対策局(局長・水野孝吉)は「北朝鮮に拉致された日本人を救出する関東協議会」とともに8月20日、東京・銀座でデモをし、北朝鮮の日本人拉致問題の早期解決を訴えた。
 このデモは、同月22日から東京で開催される「日朝国交正常化交渉」に向けて行なわれ、「北朝鮮よ拉致した日本人を返せ!」と書いた横断幕を先頭に「救出する会」関係者を含む250有余名のメンバーが「横田めぐみさんを返せ」「拉致棚上げ反対」と書いたプラカードを持ち参加、東京銀座から日比谷公園までデモ行進した。
 なお横田めぐみさんの両親、横田滋さんと早紀江さんもデモに参加、平沢勝栄衆議院委員、土谷たかゆき都議会議員他、議員連盟の人たちが激励の挨拶を行った。

2;「日本青年社」は暴力団住吉会」系小林会である。

日本青年社」が暴力団住吉会系小林会」であることは、国会で証明されている。

136-参-地方行政委員会暴力団員…-2号 平成08年06月06日 http://kokkai.ndl.go.jp/

○有働正治君 警察の方にお尋ねします。
 【日本青年社の最高顧問西口茂男】なる人物は、【住吉会】とはどういうかかわりがありますか。
○説明員(植松信一君) お尋ねの件につきましては、【日本青年社最高顧問西口茂男と住吉会会長の西口茂男については同一人物】と見ております。

96-衆-法務委員会-30号 昭和57年08月19日

○林(百)委員 それから、三月十五日に、【日本青年社】と称する暴力団が五名ほど共産党の本部の勤務員に襲いかかってきて、鉄棒をふるって五名の負傷者まで出している。この【日本青年社】というのは、私の方で調べた範囲では、暴力団の【住吉連合会】系の小林会という会の会長である【小林楠男】という男が、これが小林会の会長でもあり、日本青年社の会長でもある。ここの社員の中村衛というのが仲間四、五人を連れて共産党の本部へ襲いかかってきている。これはテレビでもちゃんと撮って、証拠も残っているわけですけれども、この日本青年社というのは、暴力団住吉連合会系の小林会の会長の小林楠男というのは同時に日本青年社の会長もしており、暴力団の結社であるということは警察庁では認められておるのですか。それで取り調べをしていますか。

150-衆-内閣委員会-2号 平成12年10月26日

○松本(善)委員 
 私が伺いたいのは、【住吉会】の最高幹部、【日本青年社】の最高幹部は【住吉会】の最高幹部にもついている、指定暴力団、そうなんですよ。尖閣諸島に上陸をして灯台だとか神社を建てる、政府も遺憾のやり方だ。これはもう日本外交にとっては重大な問題ですよ、こんなやり方をするのは。それで、そのビデオを日本青年社から贈られて、それに対して礼状を出して、それで機関紙の上で七月にでかでかと掲載されて、それで、これは私は本会議で聞いたら、あなたは儀礼的なつき合いだと。あなたはこういう指定暴力団儀礼的なつき合いをして、官房長官、いいと思っているんですか。森内閣指定暴力団儀礼的なつき合いをする内閣ですか。伺います。

第2号 平成12年11月1日(水曜日)

不破哲三君 右翼団体の幹部に政治家としての致命的な弱点を[中川秀直は〕握られたということを言っているわけです。
 この日本青年社というのは、政府公安調査庁が提供した資料によりますと、暴力団住吉会小林会を母体とする典型的な暴力団右翼団体だと、そう規定をされています。つまり、指定暴力団の中でも悪質度において重点対象団体にされている住吉会の系統だと言われている。
 この日本青年社の幹部が、一九九六年十月に、当時、科学技術庁長官であった中川〔秀直〕氏に内容証明郵便で六項目の質問を送っています。

以上から、右翼団体日本青年社」は、暴力団住吉会」である。よって、「救う会新潟」が「日本青年社」であることから、「救う会新潟」は暴力団住吉会」系列である。中川秀直住吉会の代弁議員の一人である。

126 :右や左の名無し様 :04/07/31 16:35

【水野孝吉】でググると、三つの肩書が出てくる
救う会新潟幹事
http://www3.ocn.ne.jp/~sukuu-o/amari-kougi.htm
日本青年社総本部時局対策局長
http://www.seinensya.org/undo/kitatyosen/rati.htm
NPO新潟海難救助隊 隊長
http://www.kaikyutai.or.jp/message/kaisetsu.html

3;「住吉会」は北朝鮮金正男と繋がっている。

溝口敦「北朝鮮がつくり『ヤクザ』が売る覚醒剤、その密売ルートの全貌」『北朝鮮利権の真相』(別冊宝島

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/40c44a80c2a4e0103ca3?aid=&bibid=02329086&volno=0000
〔120pから引用〕
 金正日総書記の長男・金正男にしろ、メンバー数で全国二位の広域暴力団住吉会系の組と親交していると警察は見ている。〔略〕
 金正男は〔略〕2000年10月と12月には「パン・シオン」という中国人名で日本に密入国し、神奈川県下のビジネスホテルで総連幹部らと接触したという。【住吉会系の中堅幹部がその場に同席】した可能性も指摘されている。
日本の地下経済北朝鮮との間で取引されるブツとしては、第一に覚醒剤があげられる。
〔121pから引用〕
 我々〔暴力団〕の世界では、シャブ(覚醒剤)の輸入・卸を本業としているような組が道具(拳銃)も世話している。〔略〕警察もこのことはよく知っていて、シャブの密売で捕まえても『道具を出せばシャブのほうは大目に見る』と取引を持ちかけてくる。
〔133pから引用〕
 現在は住吉会、稲川会、松葉会など、関東系の暴力団が〔覚醒剤を〕仕切り、全国に流している。〔略〕
 北朝鮮と日本の地下組織〔暴力団〕とは主に覚醒剤というブツを通して強固につながる。

http://www.policejapan.com/contents/syakai/20051108/index.html
2005年11月8日 北朝鮮亡命者の金をエセ右翼が
 ある右翼団体がある。仮に「N」〔日本青年社〕としておこう。これは住吉会系列の右翼団体であるが[略〕この右翼団体が、なんと北朝鮮への亡命者で、元オウム〔略〕の北川和美http://www.google.com/search?num=50&lr=lang_ja&ie=sjis&oe=sjis&q=北川和美)の日本帰還資金などを与えているという。資金の額は1600万円ともいわれるが、金額は定かではない。〔略〕

4;住吉会は、北朝鮮覚醒剤密輸を行なっている。

  http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt17/20021206AS1GI00J606122002.html
(〔2002年〕12/6)奄美沖で引き揚げの工作船覚せい剤密輸に関与か
 鹿児島県奄美大島沖で引き揚げた朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の工作船は、1998年に東シナ海で日本の暴力団覚せい剤の洋上取引をした船と同一とみられることが6日、海上保安庁などの調査で分かった。扇千景国土交通相が同日の閣議後会見で明らかにした。
 同庁などによると1998年8月、住吉会暴力団の組長らが、日本漁船を使って北朝鮮籍の船と東シナ海上で接触し、覚せい剤計300キログラムを密輸入しようとした。暴力団側は覚せい剤を受け取ったものの、海上保安庁などの追跡に気づいて高知県沖で海に投棄したという。

5;北朝鮮問題がこじれだしたのは、中川秀直が「日本青年社」から脅迫された頃。

森派中川秀直は、住吉会系「日本青年社」に覚醒剤使用疑惑で脅迫され、そのことが国会で問題になった。
北朝鮮拉致問題」が浮上するのはその直後である。

森首相の拉致問題発言 中川秀直官房長官の会見

 森喜朗首相の拉致問題発言に関する23日の中川秀直官房長官の記者会見要旨は次の通り。
◆20日の私の記者会見では、すべて首相自身が発言したかのような前提で話したが、確認した結果、事実は「第三国に拉致された方々がいたことにしたらいい」との発言は、首相自身の発言ではない。首相は、あくまで過去のエピソードとして、3年前の与党3党の訪朝団員であった中山(正暉前建設相)先生が個人的な考えとして述べられたものを(ブレア英首相に)紹介した。
今の首相の考え、政府の方針を言ったものではない。〔略〕
毎日新聞〔2000年〕10月24日] http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/article/nakagawa/200010/24-1.html

当時の森喜朗首相の秘書官の一人が、安倍晋三が後に抜擢した警察官僚「三谷秀史」である。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060330#1143725406

6;北朝鮮と密輸している暴力団住吉会」と、なんちゃってタカ派安倍晋三は、岸信介の代からの付き合いである。

102-衆-予算委員会第二分科会-2号 昭和60年03月08日

 【住吉連合会】の副会長で右翼団体日本青年社の会長である小林某が開きました昨年五月の会合に、岸元首相田中角榮元首相などの花束が並んでおりまして、これも国民の目から見たらいかにも異なものであります。さらに、八〇年十月に出されておりますが、右翼暴力団である青思会の雑誌「青年思想」という、この青思会の雑誌には、中曽根総理、当時は総理じゃありませんけれども、青思会議長の高橋という人物と一緒に写真を写して、それがその雑誌に載せられているわけです。

7;「暴対法によって暴力団が力を失った」という俗説があるが、暴対法以後、三大暴力団山口組、 稲川会、住吉会)はむしろ他の暴力団を併合し、勢力を伸ばしている。

7−1;

http://jbbs.livedoor.com/bbs/read.cgi/study/1274/1073730886/10-13
http://jbbs.livedoor.com/bbs/read.cgi/study/1274/1073730886/r21
カプラン&デュプロ『ヤクザが消滅しない理由。』不空社、2003年
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4900138762/qid=1073811971/sr=1-7/ref=sr_1_2_7/250-5109701-4238622
によると、(342p-345p)
 A;91年施行された暴対法により、暴力団組織が多数「解散」した、数千人の組員が離脱した、という報告を、警察は吹聴した。新聞には医者が刺青を取り除いた話、切断された小指の代わりにつま先を移植したという記事が掲載された。
 B;暴力団から「離脱」した者は「準構成員」となり、「正規」構成員より多くの犯罪にかかわるようになった。
 C;暴対法を乗り切るための法的金融的手段を提供した大手犯罪組織は、それ以前より強化された。
山口組・稲川会・住吉会は、全ヤクザの45%から65%へと正規組員のシェアを拡大した。
 D;山口組は組員へ『新しい法律のくぐり方』というマニュアルを発行し、116の提携暴力団に会社を設立せよと指示をファクスした。山口組本部は株式会社山輝となり、不動産・ゴルフ場経営・美術品を扱った。
稲川会本部は稲川興業となり、大野組はカルチャーセンター・結婚式場・葬儀場・老人ホーム・建設業・不動産の株式会社となった。また、多くの暴力団が「右派政党」として登録し直し、ある暴力団は宗教団体 the Church of Peace and Morals を引継ぎ、親分を司祭に据えた。
 E;暴対法は、ヤクザを海外・とくにアジアへ進出させる刺激となった。
暴力団は警察との協力を休止する宣言をした。

7−2;
暴力団員が8年連続増加 3団体で7割超す

 全国の暴力団の組員と準構成員の総数が昨年[2003年]末現在、8万5800人となったことが21日、警察庁のまとめで分かった。前年同期比500人増で8年連続で増加した。
 警察庁によると、組員は前年より800人増えて4万4400人、準構成員は300人減って4万1400人。主要な指定暴力団3団体の人数は、山口組3万8100人、稲川会9600人、住吉会1万2500人。前年比で計1400人増えたが、このうち山口組が1200人を占めた。総数に占める3団体の割合は85年には24・8%だったのが、89年には43・2%に、93年には64・5%と寡占化が進み、昨年は70・2%と初めて7割を超えた。組員と準構成員の総数は1990年代初めは9万人を超えていたが、92年の暴力団対策法施行に伴い、95年には7万9000人台まで減少、その後再び増加している。(共同通信)[1月21日18時18分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040121-00000160-kyodo-soci

7−3;
全国の暴力団8万5800人…山口組は関東で勢力拡大

 全国の暴力団組員や準構成員の人数は昨年[2003年]末現在、8万5800人に上り、前年同期に比べ500人増えたことが、警察庁のまとめでわかった。組員らの総数は8年連続で増えているが、中でも関西を拠点とする山口組が関東を中心に1200人も増加、勢力の拡大が目立っている。
 警察庁によると、組員は前年より800人増えた4万4400人。1995年以降、増加傾向にあった準構成員は300人減り、4万1400人だった。
 このうち、暴力団対策法に基づく指定暴力団が9割を超え、山口組、稲川会、住吉会の3団体では、1400人増の6万200人となった。全体の70・2%にあたり、61・7%だった92年の暴対法施行以前に比べ、寡占化が進んでいる。
 稲川会(9600人)や住吉会(1万2500人)がほぼ横ばいだったのに対し、山口組は3万8100人と1200人も増えた。[略](読売新聞)[1月21日20時32分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040121-00000014-yom-soci

[2007,03,09 03:30]

ヤクザが消滅しない理由。

ヤクザが消滅しない理由。

  • 作者: デイビッド・E.カプラン,アレックデュブロ,David E. Kaplan,Alec Dubro,松井道男,坂井純子
  • 出版社/メーカー: 不空社
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る

売国的「救う会」逝ってヨシ、と憤る正義の同志は、   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされてください。