カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

パチンコへの警察の天下り

こんなの↓もあったので保存しておく。

http://accessjournal.jp/modules/weblog/
2006/04/15 内部文書入手! パチンコ景品交換は気楽な商売(1)
パチンコはギャンブルではないという建前の下、「三店方式」なるものを採用している。[略]もっとも、わが国は賭博は原則禁止。例外として競馬、競輪、オート、ボートがあるが、自治体の財源になるなど公共目的という言い訳がまだある。それに倣えば、カジノの方を認めるべきで、なぜ、私的目的のパチンコはいいのか不可解この上ない。
その裏には、パチンコ業界が警察の有力な天下り先になっているように、彼らとの癒着に対する“見返り”と考えざるを得ないが、この業界、こうした裏側は徹底して不透明で、外部にはまったくというほど窺い知れない。

ところでふと思ったんだが、北朝鮮系パチンコマネーは北朝鮮と警察とに流れているんだよな。たぶん北朝鮮問題が「解決」すると、警察はパチンコ利権が薄くなるか、なくなるかするんじゃないかな。
[04:55]パチンコマネーで北朝鮮と日本警察がつながっているというのも、すごい話だよな。なあ、平沢勝栄

ぽちっとな