カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

再掲。共産党質問を、しつっこく宣伝

筆坂秀世氏の本を取り上げたらhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060525#1148495074変なコメントが湧いたので、しつっこく共産党国会質問をここに宣伝しておく。以下の4つの国会質問は、いずれも共産党議員による質問である。
変なコメントを書いた共産党支持者の方々は当然に、私の30倍くらい以下の国会質問をくりっかえししつっこく宣伝してくださっているものだと信じる。揶揄だけど。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060428#1146221793

日本青年社」は暴力団住吉会」系小林会である。

136-参-地方行政委員会暴力団員…-2号 平成08年06月06日 http://kokkai.ndl.go.jp/

○有働正治君 警察の方にお尋ねします。日本青年社の最高顧問西口茂男なる人物は、【住吉会】とはどういうかかわりがありますか。
○説明員(植松信一君) お尋ねの件につきましては、【日本青年社最高顧問西口茂男と住吉会会長の西口茂男については同一人物】と見ております。

96-衆-法務委員会-30号 昭和57年08月19日

○林(百)委員 それから、三月十五日に、【日本青年社】と称する暴力団が五名ほど共産党の本部の勤務員に襲いかかってきて、鉄棒をふるって五名の負傷者まで出している。この【日本青年社】というのは、私の方で調べた範囲では、暴力団の【住吉連合会】系の小林会という会の会長である【小林楠男】という男が、これが小林会の会長でもあり、日本青年社の会長でもある。ここの社員の中村衛というのが仲間四、五人を連れて共産党の本部へ襲いかかってきている。これはテレビでもちゃんと撮って、証拠も残っているわけですけれども、この日本青年社というのは、暴力団住吉連合会系の小林会の会長の小林楠男というのは同時に日本青年社の会長もしており、暴力団の結社であるということは警察庁では認められておるのですか。それで取り調べをしていますか。

150-衆-内閣委員会-2号 平成12年10月26日

○松本(善)委員   私が伺いたいのは、【住吉会】の最高幹部、【日本青年社】の最高幹部は【住吉会】の最高幹部にもついている、指定暴力団、そうなんですよ。尖閣諸島に上陸をして灯台だとか神社を建てる、政府も遺憾のやり方だ。これはもう日本外交にとっては重大な問題ですよ、こんなやり方をするのは。それで、そのビデオを日本青年社から贈られて、それに対して礼状を出して、それで機関紙の上で七月にでかでかと掲載されて、それで、これは私は本会議で聞いたら、あなたは儀礼的なつき合いだと。あなたはこういう指定暴力団儀礼的なつき合いをして、官房長官、いいと思っているんですか。森内閣指定暴力団儀礼的なつき合いをする内閣ですか。伺います。

第2号 平成12年11月1日(水曜日)

不破哲三君 右翼団体の幹部に政治家としての致命的な弱点を[中川秀直は〕握られたということを言っているわけです。
 この日本青年社というのは、政府公安調査庁が提供した資料によりますと、暴力団住吉会小林会を母体とする典型的な暴力団右翼団体だと、そう規定をされています。つまり、指定暴力団の中でも悪質度において重点対象団体にされている住吉会の系統だと言われている。
 この日本青年社の幹部が、一九九六年十月に、当時、科学技術庁長官であった中川〔秀直〕氏に内容証明郵便で六項目の質問を送っています。

2000.10.26 内閣委員会 中川官房長官森内閣時〕が辞任 暴力団系右翼と交際疑惑
 中川秀直官房長官は26日夜、右翼団体幹部との交際疑惑や国会での虚偽答弁、「第三国発見案」についての政府見 解の手直しなど重大問題が相継ぎ、その責任を問われ、辞意を表明しました。
 中川秀直官房長官の進退問題が26日、中川長官の出席した衆院内閣委員会でとりあげられました。日本共産党松本善明議員ら野党側は、右翼幹部との会食など同長官との関係をただすとともに、週刊誌で報道された写真、テープの公開を求め、官房長官と両立しないとして中川長官の辞任を求めました。
 松本議員は、右翼団体の「日本青年社」最高幹部と中川長官が会食して いた写真が週刊誌に報道された問題について 、「『日本青年社』幹部には指定暴力団住吉会幹部もついている。事実であれば指定暴力団とつきあっている内閣ということになる」と指摘。中川長官は「写真の人物には記憶がないし、一 度もあったことはございません」の一点張り 。愛人関係にあったとされる女性に中川長官が警察情報を漏らしたとされる会話を記録したテープの存在にも「記憶に ございません」と否定しました。
       しんぶん赤旗 2000年10月27日付より転載
http://www.zenmei.gr.jp/kokkai/situmon/2000/2000-10-26.html

新潟「救う会」は、暴力団住吉会」系右翼団体日本青年社」である。

『フラッシュ』 2004年8月17・24日合併号

 現在、新潟には「救う会」か2つあるという異常事態が続いている。〔略〕その中心人物として小島氏が名指しするのが幹事の一人である【水野孝吉】氏だ。水野氏は【民族派団体「日本青年社」】の現役幹部である。

その後、「住吉会」系「日本青年社」の水野孝吉が正式に「新潟・救う会」となった。

126 :右や左の名無し様 :04/07/31 16:35
【水野孝吉】でググると、三つの肩書が出てくる
救う会新潟幹事 http://www3.ocn.ne.jp/~sukuu-o/amari-kougi.htm
日本青年社総本部時局対策局長 http://www.seinensya.org/undo/kitatyosen/rati.htm
NPO新潟海難救助隊 隊長 http://www.kaikyutai.or.jp/message/kaisetsu.html

http://www.seinensya.org/undo/kitatyosen/rati.htm
平成12年8月20日(日)
 日本青年社総本部時局対策局(局長・水野孝吉)は「北朝鮮に拉致された日本人を救出する関東協議会」とともに8月20日、東京・銀座でデモをし、北朝鮮の日本人拉致問題の早期解決を訴えた。
 このデモは、同月22日から東京で開催される「日朝国交正常化交渉」に向けて行なわれ、「北朝鮮よ拉致した日本人を返せ!」と書いた横断幕を先頭に「救出する会」関係者を含む250有余名のメンバーが「横田めぐみさんを返せ」「拉致棚上げ反対」と書いたプラカードを持ち参加、東京銀座から日比谷公園までデモ行進した。
 なお横田めぐみさんの両親、横田滋さんと早紀江さんもデモに参加、平沢勝栄衆議院委員、土谷たかゆき都議会議員他、議員連盟の人たちが激励の挨拶を行った。

住吉会」は北朝鮮金正男と繋がっている。

溝口敦「北朝鮮がつくり『ヤクザ』が売る覚醒剤、その密売ルートの全貌」『北朝鮮利権の真相』(別冊宝島

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/40c44a80c2a4e0103ca3?aid=&bibid=02329086&volno=0000
〔120pから引用〕
 金正日総書記の長男・金正男にしろ、メンバー数で全国二位の広域暴力団住吉会系の組と親交していると警察は見ている。〔略〕
 金正男は〔略〕2000年10月と12月には「パン・シオン」という中国人名で日本に密入国し、神奈川県下のビジネスホテルで総連幹部らと接触したという。【住吉会系の中堅幹部がその場に同席】した可能性も指摘されている。
日本の地下経済北朝鮮との間で取引されるブツとしては、第一に覚醒剤があげられる。
〔121pから引用〕
 我々〔暴力団〕の世界では、シャブ(覚醒剤)の輸入・卸を本業としているような組が道具(拳銃)も世話している。〔略〕警察もこのことはよく知っていて、シャブの密売で捕まえても『道具を出せばシャブのほうは大目に見る』と取引を持ちかけてくる。
〔133pから引用〕
 現在は住吉会、稲川会、松葉会など、関東系の暴力団が〔覚醒剤を〕仕切り、全国に流している。〔略〕
 北朝鮮と日本の地下組織〔暴力団〕とは主に覚醒剤というブツを通して強固につながる。

http://www.policejapan.com/contents/syakai/20051108/index.html
2005年11月8日 北朝鮮亡命者の金をエセ右翼が
 ある右翼団体がある。仮に「N」としておこう〔日本青年社〕。これは住吉会系列の右翼団体であるが[略〕この右翼団体が、なんと北朝鮮への亡命者で、元オウム〔略〕の北川和美http://www.google.com/search?num=50&lr=lang_ja&ie=sjis&oe=sjis&q=北川和美)の日本帰還資金などを与えているという。資金の額は1600万円ともいわれるが、金額は定かではない。〔略〕

住吉会は、北朝鮮覚醒剤密輸を行なっている。

  http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt17/20021206AS1GI00J606122002.html
(〔2002年〕12/6)奄美沖で引き揚げの工作船覚せい剤密輸に関与か
 鹿児島県奄美大島沖で引き揚げた朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の工作船は、1998年に東シナ海で日本の暴力団覚せい剤の洋上取引をした船と同一とみられることが6日、海上保安庁などの調査で分かった。扇千景国土交通相が同日の閣議後会見で明らかにした。
 同庁などによると1998年8月、住吉会暴力団の組長らが、日本漁船を使って北朝鮮籍の船と東シナ海上で接触し、覚せい剤計300キログラムを密輸入しようとした。暴力団側は覚せい剤を受け取ったものの、海上保安庁などの追跡に気づいて高知県沖で海に投棄したという。

ぽちっとな