カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060720AT1G1700819072006.html
昭和天皇A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ
 昭和天皇が1988年、靖国神社A級戦犯合祀(ごうし)に強い不快感を示し、「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」と、当時の宮内庁長官富田朝彦氏(故人)に語っていたことが19日、日本経済新聞が入手した富田氏のメモで分かった。昭和天皇は1978年のA級戦犯合祀以降、参拝しなかったが、理由は明らかにしていなかった。昭和天皇の闘病生活などに関する記述もあり、史料としての歴史的価値も高い。 (07:00)

http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20060720/eve_____sya_____000.shtml
昭和天皇が不快感 靖国神社A級戦犯合祀
 〔略〕靖国発言のメモは八八年四月二十八日付。メモによると、昭和天皇は「私は或(あ)る時に、A級が合祀され、その上、松岡、白取までもが」「だから私(は)あれ以来参拝していない。それが私の心だ」などと語ったと記されている。
 「松岡」「白取」はA級戦犯としてまつられている松岡洋右元外相、白鳥敏夫元駐イタリア大使を指すとみられる。
 またメモには「筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが。松平の子の今の宮司がどう考えたのか、易々(やすやす)と。松平は平和に強い考(え)があったと思うのに、親の心子知らずと思っている」などの記述もあった。
 「筑波」は六六年に厚生省から祭神名票を受け取りながら合祀しなかった筑波藤麿靖国神社宮司(故人)、「松平」は最後の宮内大臣松平慶民氏(同)、その「子」は長男でA級戦犯合祀をした当時の松平永芳宮司(同)とみられる。〔略〕
 現代史研究家の秦郁彦日大講師の話 昭和天皇靖国神社を参拝しなくなった理由は、A級戦犯が合祀されたからだ、という説が、今回見つかった富田元長官のメモで裏付けられた。昭和天皇の内意も確認せずに、ひそかに合祀した松平元宮司への怒りが強烈なのが印象的だ。この事実を踏まえて今後、靖国神社自身がA級戦犯の合祀問題にどう対応していくのか、政界の反応も含めて見守りたい。〔略〕

 安倍晋三靖国宮司に告ぐ、
 勅命が発せられたのである。既に、天皇陛下の御命令が発せられたのである。お前達は日本会議統一協会らのそそのかしを正しいものと信じて絶対服従して誠心誠意活動して来たのであらうが、既に、天皇陛下の御命令によって、戦犯を靖国に合祀するなと仰せられたのである。昭和天皇は戦犯を合祀した靖国に参拝するのはごめんこうむると仰せられたのである。此上お前達が飽く迄も抵抗したならば、夫は勅命に反抗することになり逆賊とならなければならない。正しいことをしてゐると信じていたのに、それが間違って居たと知ったならば、徒らに今迄の行懸りや義理上から、何時までも反抗的態度をとって、天皇陛下に叛き奉り逆賊としても汚名を永久に受けるやうなことがあってはならない。今からでも決して遅くはないから、直ちに抵抗をやめて日本国憲法政教分離原則の下に復帰する様にせよ。そうしたら今までの罪も許されるのである。お前達の父兄はともかくとして、国民全体は、それを心から祈って居るのである。速かに現在の地位を棄ててただの一平民の地位に帰って来い。

ポチッとな