カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

教育基本法改悪参院特別委員会可決 orz

1

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061214-00000011-yom-pol
教育基本法案成立へ、59年ぶり改正
12月15日2時5分配信 読売新聞
 安倍内閣が最重要法案に位置づける教育基本法改正案は14日夜の参院教育基本法特別委員会で、自民、公明両党の賛成多数で可決された。
 与党は15日の参院本会議で改正案を可決、成立させる方針だ。これに対し、民主党など野党4党は14日夜、安倍内閣不信任決議案や問責決議案を15日に提出し、成立の阻止を図る方針で一致した。野党が強硬姿勢を崩さなかった場合、与党は、15日で切れる今国会会期の小幅延長を検討している。1947年制定の教育基本法の改正は初めて。
 特別委は14日午前、安倍首相が出席して与野党が質疑を行い、休憩をはさんで同日夕に野党による質疑を再開した。その後、与党が採決を求める動議を提出。野党議員が中曽根弘文委員長席を取り囲んで採決に反対する中、改正案は可決された。
最終更新:12月15日2時5分

今からでも何か賢明なこと、できないだろうか。政治活動とは「しないしよりはしたほうがマシ」なことの積み重ねだ。何かまだ「するほうがマシ」なことがあるかと思われる。…14日時点で国会前に行くべきだったかな… 「見守る」ことは、たいへんに大事だとブログで自分で言っておいたのだから… (今、私は電話代を滞納していて、FAX攻勢は私にはできない。インターネットは繋がるけど)

2

関組長の東京・永田町ロビー活動日記blog版http://sekigumi.ti-da.net/ のメルマガから。

12月14日(木)
徹夜明けのまま朝7時から参議院議員会館の前でロビー活動を展開した。
● 国会対策戦術その1
参議院教育基本法に関する特別委員会で与党議員から「審議を打ち切り採決を求める動議」が与党議員から出されたらどうするか? 肉弾戦に備えてラグビーの作戦を描いた図みたいなもの(笑)
● 国会対策戦術その2
参議院/本会議に法案が移ってしまった場合に、法案の本会議採決を阻止するためのフィリバスター(長時間演説を行って議事妨害する)のネタを箇条書きにしたものを幾人かの議員や秘書に渡した。詳細は、まだ秘密。
議員会館の外に出たら、暴動が起こりそうなほど参議院の前で、とんでもない大騒ぎになっている。機動隊が交通整理できないほどの大騒ぎになっている!

12月14日(木)
議員会館の外に出たら、暴動が起こりそうなほど参議院の前で、とんでもない大騒ぎになっている。機動隊が交通整理できないほどの大騒ぎになっている! 今夜は永田町をうずめつくすチャンスだ! 国会に行くなら今夜だ! と思ったのも束の間、メルマガを発信して参議院の前に戻ると、雰囲気が一変している。また『11の約束』(ほるぷ出版)の池田香代子さんと、いとうみよしさんと合流。
「あれ?(教育基本法案)採決されたの?」「関さんのアイデア、採用されなかった。あっさり採決。」と、いとうみよしさん。しらけた国会・・・。外交防衛委員会防衛庁設置法等の一部を改正する法律案の傍聴に入っていたひとやと、駆けつけたひとと雨の永田町で、しばらく参議院ギメン(ロビー)で愚痴を語り合った。

3

うちの塾の生徒が「安倍晋三を殺せばどうにかなりますか?」と訊ねてきた。うちの生徒は素直だなあ、と改めてちょっと変な感動してしまった。俺が右翼だったら、こうやって鉄砲玉を作るんだなあ、とも思った。「安倍晋三のごとき低能が死んでも、安倍晋三の後ろの連中に口実を増やすだけで意味がない」と彼女に応えた。この物騒なことを言った生徒は国立(こくりつ)中学に通うたいへんに優秀な13歳美少女中学生である。「お前が安倍晋三ごとき低能なんかと差し違えになったら、国家の損失だ」とも応えた。男子生徒がキョトンとして「それは『子供は国の宝』っていう意味ですか?」と訊ねた。「いやそうじゃなくて、美少女が国家の宝なのだ」とつい応えそうになってしまった。
中学生たちから聞いたところによると、国立(こくりつ)中学では安倍晋三の評価は散々なのだそうだ。国立だと親がインテリな人が多いからかな、とか思った。公立中学ではマスコミっつーか電通の「B層(情報弱者)対策キャンペーン」を素で受け取って安倍晋三が何をしているのか判ってない父母が多いらしい。「やっぱ公立だとバカばっかりだ」と公立中学に通う別の優秀な美少女中学生が言っていたが、このあたりの言葉は彼女たちはあまりものを考えずに喋っているので聞き流すことにする。塾生徒の話題になると「美少女」という形容語句が頻出するが、実際に美少女であるからやむをえない。

4

今日、塾のトイレに小4がカードを捨てて、トイレが詰まり、溢れてえらいことになった。私はこういうときの対処にわりと慣れているのでそれなりにどうにかなったが、一時はトイレの水が教室にまで溢れてたいへんだった。溢れるトイレの水と格闘し、授業準備する時間が全て潰れた。
…なんとなく、国会へ様子を見に行かなかったバチが当ったのかもしれないな、と思った。…今何かしないと将来後悔するだろうな。

ぽちっとな