カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

長崎市長射殺事件と日本会議と安倍晋三

日常雑務に追われて情報を全然集めることができないでいたけど、いろんな方が様々に良い仕事をしてくださっているので、以下にメモする。

1 城尾容疑者と「日本会議」と「つくる会

「きまぐれな日々」から以下引用。

http://caprice.blog63.fc2.com/blog-date-20070420.html
時事通信は、城尾容疑者と30年来のつき合いという松尾千秋弁護士の談話を報じている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000079-jij-soci〔略〕
ところが、この松尾という弁護士は、「日本会議」の長崎副会長で、「新しい歴史教科書をつくる会」の長崎県支部長なのだ。「日本会議」とは、加藤紘一代議士(自民党)の定義によれば、「日本最大規模の保守主義民族主義系の政治・言論団体」(『テロルの真犯人』 169頁)とのことで、ひらたくいえば日本最大の右翼言論団体である。
下記URLのリンク先を見ていただければわかるが、石原慎太郎日本会議の中央役員に名を連ねているし、安倍晋三は「日本会議国会議員懇談会」の副会長を務めている。安倍内閣は、「日本会議内閣」といえるとよく指摘される。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B2%F1%B5%C4
〔略〕ところで、『カナダde日本語』 経由で知ったのだが、犯人が所属していた暴力団山口組水心会は、ナント安倍晋三の非公式後援会として一部では有名な 「安晋会」 と関係があるのではないかとのことだ。これは、山岡俊介氏の「アクセス・ジャーナル」(4月19日)発の情報とのことで、山岡氏は、「週刊ポスト」 4月13日号の記事 『安倍首相秘書を襲った「右翼糾弾」に「複雑骨折」の暗部』を元に取材し、「水心会」の名を記事中で挙げているのだそうだが、このサイトは有料であり、私は登録していないのでそれ以上の情報はわからない。「週刊ポスト」の現物は持っているが、同誌の記事中には「水心会」の名前は出てこない。

関連 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20070420

2 山口組系「水心会」と「安晋会」と耐震偽装事件

『カナダde日本語』 から以下引用。

http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-460.html
長崎市長銃撃事件直後に出した安倍のコメントに野党から批判が出たそうだが、やはり、誰もが同じように感じていると思う。その時に目をしばたかせていたのをみて、こいつ、「なにかやましいことがあるな。」と直感した。たとえば、人はうそをつくときには、まばたきをこまめにすることがある。実際は、全く逆のことを思っているのに、心の中の思いとは全く別なことを口にしているときなど。人はいくら無表情でも、心の中は隠せないのだ。長崎市長を撃った犯人が所属していた「水心会」と「安晋会」のつながりもあるようだし・・・・。

「アクセスジャーナル」から以下引用。

http://accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=2278 2007/04/19 長崎市長銃撃事件で、警視庁も注目する安倍首相秘書トラブル
 今回凶行の犯人が広域暴力団山口組系「水心会(本部・長崎市)幹部によると知って〔略〕この4月5日、本紙は“「安晋会」の仕切り役の報復? 『週刊ポスト』疑惑報道で注目されるある暴力団幹部逮捕事件”なるタイトル記事を報じている。 そのなかで「水心会」の名前を挙げただけでなく、今年1月31日、警視庁捜査員が長崎まで出向いて、別の幹部を銃刀法違反で逮捕したことを記している。〔略〕
 実際、さる警視庁筋はこう明かす。
「建設の仕事とか、交通事故とか、動機としていろいろ報じられているが、組の幹部ともあろうものが、その程度のことで殺るわけがない。59歳の年齢を考えれば、残りは一生刑務所だ。まず、口封じと見るべきだ。
 では、何を口封じしたのか? 長崎でもポートピア利権に絡んだことはなかったのか? 千葉(安倍首相秘書〔飯塚洋とのトラブルの件)の件と結ぶつくかも知れない」
 その警視庁筋によれば、「水心会」会長代行の城尾哲弥容疑者は前の長崎市長本島等氏に対しても恐喝未遂で逮捕されたことがあるという。
 また、水心会系の右翼団体として、同じ長崎市内に「大日本法誠会」(橋本繁代表)があり、同団体が何らかのかたちで関与していないかも一つのポイントだと明かすのだが。
「亡くなった者にこういうのも何だが、伊藤市長は前の本島さんほど潔癖な人ではなかった。地元の久間(章生防衛大臣)先生に、今度の参議院選挙に出ないか誘われていた。原爆反対といってはいたが、考えは自民党に近く、繋がりも強かった。ただ、“もう一期だけ(市長を)やりたい”ということで、参議院選出場は断ったそうだがね」(事情通)
 なお、水心会は準構成員まで含めると100数十名を擁する、長崎県下で唯一の直参。山健組系統とされる。

[2007/04/26 04:00 記事差し替え]「アクセスジャーナル」から。

http://accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=2248
2007/04/05
「安普会」の仕切り役の報復? 『週刊ポスト』疑惑報道で注目されるある暴力団幹部逮捕事件
 今週発売の『週刊ポスト』記事(右写真。4頁特集)が永田町界隈で話題を呼んでいる。
 詳細は記事をお読みいただくとして、この記事の主人公は、あの耐震偽装事件の主役の一人、「ヒューザー小嶋進社長(当時)が国会で証人喚問された際、国交省幹部に会えたのはこの人の仲介のお陰と名前を挙げた飯塚洋氏(50)。当時、安倍晋三総理の政策秘書を務め、小嶋氏が同秘書と面識を持ったのは安倍首相の私的後援会「安晋会」メンバーになっていた関係から旨答えた人物。本紙でも既報の通り。
 その飯塚氏、この3月末で秘書を辞任するという。
 そのことと、公営ギャンブであるモーターボート・レースの千葉県内舟券売り場誘致で飯塚秘書が口利きをし、その見返りに高級乗用車2台をプレゼントされた疑惑があり、その件を右翼団体に糾弾されていただけでなく、その渦中に足を複雑骨折していたことが何らかの関係あるのではないか、という内容だ。
  今回記事が注目を集めている最大の理由は、もちろん、この疑惑が事実とすれば安倍総理の地位も危なくなるからだが、この骨折があったとされる昨年11月以降、この件で糾弾をしていた右翼団体関係者が逮捕されており、報復による別件逮捕との見方も出ているからだ。
 記事では、飯塚秘書を糾弾した団体名は伏せられているが3団体ある。
 「大行社」、「菊守青年同盟」、それに「水心会
 大行社は「日本青年社」と並ぶわが国最大の右翼団体。「菊守青年社」も大組織で、共に本部は東京にある。
 これに対し、「水心会」は長崎市に本部がある。そして同会は右翼団体ではなく、広域暴力団山口組系直系組織。
 この水心会の本部長の肩書きを持つ水田重規容疑者(37)が、警視庁組対4課により長崎市内で逮捕されたのは今年1月31日。容疑は銃刀法違反(譲渡)。
「水田は数百万円の借金の担保に、回転式拳銃3丁と実弾27発を長崎市内の建築士に預けていた」(取材した記者)
 この水田容疑者、1994年にはトラブルで山口組を破門になった旧・松本組幹部に発砲し、殺人未遂と銃刀法違反で逮捕され、長期服役していた。

3

「低気温のエクスタシーbyはなゆー」から以下引用。

http://alcyone.seesaa.net/article/39333974.html
2007年04月19日 〔メモ〕長崎市長暗殺犯の弁護士は「日本会議」長崎副会長
長崎市長である伊藤一長氏を暗殺した、城尾哲弥容疑者の弁護士を務める松尾千秋氏は、城尾容疑者とは30年来の付き合いのある人物である。松尾氏は愛国運動団体「日本会議
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BC%9A%E8%AD%B0
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1179.html 長崎副会長でもあり、「新しい歴史教科書をつくる会http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E4%BC%9A
長崎県支部長でもある。

☆「市の対応悪い」=弁護士に告訴相談も−長崎市長銃撃の城尾容疑者(時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000079-jij-soci
http://tinyurl.com/yurth4
伊藤市長銃撃事件で逮捕された城尾哲弥容疑者(59)と30年来の付き合いのある松尾千秋弁護士は18日、市道工事現場での事故をめぐり、同容疑者から市側を告訴する相談を受けた、などと語った。
(略)この際、同容疑者は「おれの言うことを認めない」と市職員に対する怒りを口にしたが、市長個人に対する恨みめいたことは言っていなかったという。

今朝の「長崎新聞」の記事「市長と面識ないまま凶行〜城尾容疑者、長崎市長射殺事件」によると、城尾哲弥容疑者と、伊藤一長市長は直接の面識がなかったようである。面識のない人間に対して、殺害を決行するほどの私怨を持つという感覚は、常人には理解しがたいのであるが…。

http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CN20070419/ma2007041901000057.shtml
http://tinyurl.com/2kgbqy
城尾容疑者と市のトラブルを当時知っていたのは助役(副市長)までで、市長には報告されておらず、市幹部や市長の親族らはいずれも「(市長は容疑者と)面識はなく、個人的な恨みを持たれるはずはない」と証言している。

http://www.nagasaki-np.co.jp/peace/2000/kikaku/kenpou/kenpou2.html
http://tinyurl.com/2fgzxp
九条改正で米依存脱却を 日本会議長崎副会長 松尾 千秋氏(弁護士) 

松尾氏は「新しい歴史教科書をつくる会」の県支部長も務める。
http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/846.html によると、松尾氏は「日韓トンネル研究会」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB
の「参与」職でもある。なお、この「日韓トンネル研究会」と統一教会 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E7%B5%B1%E4%B8%80%E7%A5%9E%E9%9C%8A%E5%8D%94%E4%BC%9A
 とのつながりを指摘するむきもある http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/277.html 〔以下略〕

くたばれ安倍晋三、と憤る同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされてください。