カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

以前の部屋の掃除

先月まで住んでいたアパートの大家さんとこへ。大家さんの都合で引っ越したので、引越し費用をいただく。ありがたや。
塾で仕事をした後、深夜、以前住んでいた部屋へ掃除しに行く。2時間ほどかけて掃除する。都合7〜8年間くらい借りていただろうか。
一年目は心弱くなり、田舎で主に生活し、家賃を払うだけでほとんど生活していなかった。東京へアパートを借りていることが心の支えだった。二年目はアパートへ生活拠点を移し、絵の専門学校に通っていた。三年目は歴史学と歴史社会学の先生のところへ通った。某大学の社会人入試に合格したのはこの年だったか。そのまま通えばよかった。四年目も歴史学と歴史社会学の先生のところへ通った。法律の専門学校へも短期で通ったりしていた。年末に同棲をはじめた。五年目に塾のバイトをはじめた。この年の終わりに同棲を終えた。塾講師をはじめて四年になるか。すると8年間借り、7年間暮らしていたか。殺人事件があったのは昨年か。
掃除を終えた後、感慨深いものを覚えた。荷物のなくなった掃除を終えた部屋は存外広かった。
アパートの近くの八幡神社へ今までの感謝を述べに参った。さあっ、と風が吹いた。

感じるところなどあったら、  にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。