カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

抽象的存在としての「初音ミク」

1

「なぜそんなに『初音ミク』に嵌っているんだ?」と複数の人からコミケで問われた。
初音ミク」登場以前は、なんとなく、「バーチャルアイドル」に嵌るというのは、現実から遊離して妄想の世界に没入することを意味するかのように思っていたが、実際は逆だった。「初音ミク」という「バーチャルアイドル」はさまざまな事件に巻き込まれることにより、我々に「現実社会(の褒められない側面)」を教え、「現実社会」への興味を喚起している。
初音ミク」は絶えず騒動に巻き込まれ、かつその騒動に負けていない。生身の人間なら、脅迫や、騒動の渦中にいるという精神消耗に敗北するが、「バーチャルアイドル」は心がないから心が挫けない。生身の人間に対して常に有効なヤクザ的手法は「初音ミク」に対し無効となる。(「究極の『箱入り娘』」という名フレーズを2chで見かけた。)「バーチャルアイドル」という存在を前提にしていないドワンゴが芸能界での慣習を押し付けようとした結果、ドワンゴはたいへんに無様な結果を迎えた。
といったことをコミケのときに考えた。

2

元旦早朝から塾の仕事。冷静に考えてマンガが収入源だった頃より労働環境労働条件がきついかもしれない。収入はやっとマンガが収入源だった頃と同じくらいになっている。つまりすごく貧乏な状態から普通に貧乏なレベルになった。余計な話だが、ウチの塾の正社員の給与では子供をウチの塾へ通わせられないとか。
中学受験国語教材に外山滋比古『わが子に伝える「絶対語感」』が収録されていた。以下のような内容。
1;子供が初めて母親から教わる言葉を外山は「母乳語」と呼んでいる。「母乳語」が表すのは具体に限られる。ことばが一つ一つものごとに対応している。「母乳語」では、「犬」自体もしくは「犬の絵」を見せなければ、「犬」という言葉を教えることができない。
2;大人が使う言葉は目に見えない抽象を表す。実在しないものも存在するかのように言葉で表現できる。
3;抽象的言葉を習得しつつある時期を外山は「ことばの離乳期」と呼ぶ。抽象的言葉を習得できない子供も少なくない。
4;「ことばの離乳期」の時期に子供は法螺話やつくり話を喜ぶようになる。「ことばの離乳期」の特徴の一つは嘘がつけることである。
5;フィクション、創作、発見、発明など、人間が新たに作り出すものは「嘘から出た真」と言える。人の迷惑にならない限り、嘘は想像力を広げる作用があり、有益である。だから子育てのとき子供が嘘をついたからといって、無害なものである限りはあまり厳しく咎めるな。あんたの子供の想像力を摘み取るな。
以上、だいたいこんな内容。「嘘」という言葉を使うのが適切かどうか疑問だけど、言わんとするところは共感できる。
以下、連想。

3

初音ミク」は「抽象」的存在である。具体的に存在するのはパッケージイラストと歌唱エンジンソフト(その中に収録されている素材としての藤田咲の声)だけだ。具体的存在である人間なら脅迫に屈し敗北するときも、抽象的存在であるから屈しない。世の中には「抽象」的存在を理解できない人というのは無視できない数存在する。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20061011#1160521802 ドワンゴは「初音ミク」という「抽象」的存在を理解しなかった。そのためドワンゴは下手を打った。「抽象」を理解できない人は「初音ミク」という存在を理解できない。
小説家の高橋和己が、いかなる観念も現実という素材を必要とする、といった旨のことをかつて述べていた。ここで言う「観念」と「抽象」はほぼ同義だ。抽象は具体を素材にする。抽象は具体以上の存在である。
わりとどうでもいい話なのだが、私は正直言って声優・藤田咲の声自体はそれほど好きではない。2chの「初音ミク」関連スレッドで激しくピントの外れた人が「初音ミク」に歌わせるより藤田咲に歌わせるべきだということを延々書いているのを見たが、「初音ミク」ファンは藤田咲が歌う歌を聴きたいんじゃないし、藤田咲の歌声と、ミク使いが「調教」した「初音ミク」の歌声が全く別物であることは、「初音ミク」ファンならたいがい知っている。検証動画→ http://www.nicovideo.jp/watch/sm981909 この「ピントの外れた人」も「初音ミク」が「抽象」的存在であることが全く、全然、これっぽっちも想像できないんだろうなあ、と思う。
MEIKOの声素材となった拝郷メイコの声はいい声だと思うし、歌手拝郷メイコは成功してほしいと思う。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%9D%E9%83%B7%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%B3 http://jp.youtube.com/watch?v=knKX_aUqo0k でも「わんかっぷP」が「調教」したMEIKOの歌声と歌手拝郷メイコの歌声は似ているところがあってもやはり全く別物だ。http://www.nicovideo.jp/watch/sm1877351 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1826329

4

「神」や「愛」は「抽象」の最たるものの一つだ。世界はあまりにも複雑すぎて人間には理解しがたいので、理解しようとする努力を放棄して、全てを「神」というマジックワードに回収させて思考放棄したいという誘惑がしばしば人に囁く。「抽象」を理解しない人が「神」を信じた気になっている状態が最もヤバイ。「ネット右翼」「ネットイナゴ」の何割かはカルト信者だが、抽象思考能力を欠いてカルト信者というのが一番迷惑な存在だ。
日本ではしばしば「純情」「素朴」が美徳とされる。「ナイーブ」という言葉も褒め言葉としてしょっちゅう誤用される。「ナイーブ」とは「単純バカ」という意味で、「デリケート」という意味ではない。「純情」「素朴」は悪徳ではないが、具体の範囲の内面活動だ。
「右翼」思想では「純情」「素朴」「ナイーブ」が美徳とされる。「単純バカ」も美徳とされる。反知性主義も「右翼」思想の大きな柱だ。「右翼」思想は抽象概念の積み重ねを嫌う。中間的段階をショートカットして神秘的存在と直接的に自分を結びつける。これは具体思考のみで「世界」を描こうとするがゆえにそうなる。
ネット右翼」が言うところの「サヨク」は多義的でごった煮だが、発言者にとって理解不能か、発言者にとって不快な近代の産物の体制や思想ほぼ全てが「サヨク」の内容である。「共産主義」「官僚体制」「リベラリズム」「市民的権利」などなど。場合によっては前近代からの「事なかれ主義」などすら含む。本来区別されるべき概念をごった煮にして排斥して精神安堵を図ろうとする。この態度は「自分は充分な知性を持っていない」と表明しているのとほぼ等しいが、「右翼」思想は「反知性主義」だから「自分は充分な知性を持っていない」ことを表明すること自体には痛痒はない。もっとも通常の「恥」の感覚を持っていればそれは「恥」として認識されるが、「ネット右翼」的「右翼」思考では「恥」は隠蔽すべきだという帰結になるので、客観的には恥晒しなふるまいを行い、主観的には羞恥心を無自覚化する。
ネット右翼」がしばしば言葉遊び、たとえば「縦読み」などを異様に好むのは、「自分は『縦読み』という暗号を作成できるほどに知的である、自分はバカではない」と自身を欺瞞するためである。「東方」の「氷の妖精チルノ」が「自分はバカでない」のを証明するために「おでんぱ☆ラヴガール」を歌うのと同じである。http://www.nicovideo.jp/watch/sm1687
ネット右翼」は抽象思考ができないから、視点が固定的・狭窄的になる。立体的な思考ができない。「異なる視点がありうる」という想像ができない。思考が平面的・単線的になる。単調となる。
平面的思考であっても世界は描けるし、ある視点からブレずに正確に描けばそれは「真実」である。この点は絵画と同じ。しかし絵画と違う点は、「異なる視点がありうる」と想像できないゆえの平面的思考だから、世界とはそもそも平面であり立体なわけがない、という前提に立っているところだ。そのため異なる視点の存在を許容しない。異なる視点を「サヨク」と呼び排斥糾弾しようとする。これが政治的実力を持つとナチズムやスターリニズム、マオイズムと同等のものとなる。「ネット右翼」はスターリニズムやマオイズムの末裔だ。

5

私がロリータエロマンガを描いているときに「ロリコンである自身」を、「悪」であり「自身」であると強く意識していた。内面のデモーニッシュな衝動と、理性を、両者とも意識しようとした。どんな人間にもデモーニッシュな衝動は存在し、理性もまたどんな人間にも存在する。片方だけでできあがっている人間というのはありえない。現実素材の全くないバーチャルアイドルが成立しないのと同様に。
「デモーニッシュな衝動」と「理性」の両者に対して不正直にならないよう努めることで、思考は折り込まれ、ある種の深化・ある種の立体化をする。この作業は楽な作業ではないが、全く実りがないわけでもない。「ロリコンの自覚」の数少ない効能の一つだ。あるいはこの因果関係は逆かもしれないが。
思考は立体化しているほうが、他の視点の存在を想像できない平板さよりはマシである。抽象思考は知的活動の一歩目だ。抽象は現実・具体をよりクリアに見るための道具であり、できのいい抽象を観念するためには、より多くの具体に、より深くあたることが望ましい。
以上、ごく粗く、かなり不正確で、論旨がヨタヨタしたメモ。何かしら読者の刺激になれば幸い。

何かしらの刺激になったという方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。