カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

デP曲わP曲削除関連続きとか、リアル「亞北ネル」が削除担当している「ニコニコ動画」とか

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080118#1200593946 の続き。以下メモする。

1 権利者とは無関係に「権利者削除」がなされる「ニコニコ動画

387 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 01:37:23

さっき知ったんだがJが歌ってた「恋のミクル伝説 X JAPAN」バージョンも消されたそうじゃないか。知らんヤツのために書くとこれって「歌ってみた」系で再生数トップの人気動画で、「J」(名前、みくみくの着歌が配信されたヤツ)が歌ってるんだがめちゃめちゃ上手いボーカルにテラXなバックバンドと神編集のX JAPAN映像で、完全にX JAPANがノリノリで歌ってる様に見えるという「歌ってみた」嫌いでも抱腹絶倒で見れる良動画だったんだ。(再Upされてるので興味の向きはどうぞ)
やっぱり突然の権利者削除らしいから、当然映像の線でみんな考えてたけどあまりにもデPとタイミングが一緒で釈然としない。
どうしても色々考えちゃうよ。上位動画を狙い打ちにしてるヤツがいるんじゃないかとか、本当のターゲットは「みくみく」や「メルト」だったのにボカロは白すぎて歯が立たずデPが狙われたんじゃないかとか…。

424 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 01:47:54

権利者が削除申請していないと明言しても削除され続けている動画は「白バイ衝突事件」が有名だな。
UPされる度に何回も何回も権利者削除されていた。http://www.nicovideo.jp/watch/sm1353172
で、とうとう権利者であるにKSB瀬戸内海放送に電話した人がいて、削除申請していないことが確定。http://www.nicovideo.jp/watch/sm1821581
そうしたら、今度は運営者削除になったhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1816666
これを受け、猛烈な反発が起き、再UP支援が相次ぎ復活を繰り返す。現在のは1月1日UPのものから続いているが削除されていないようだ。http://www.nicovideo.jp/watch/sm1917942

2 リアル「亞北ネル」が削除担当をしている「ニコニコ動画

143 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/01/18(金) 23:36:15

さてどれでしょうね。
case 1)  ピットクルー(ニコニコ内の削除担当)の削除。理由はニコニコ規約(エロ禁止)のため。本来は「運営削除」としなければならない筈だが手違いで権利者削除扱いにしてしまった。 →再うpも同様に権利者削除のためこの線は薄い?
case 2) なりすまし削除。第三者が権利者を騙って削除依頼を行った。
case 3) 権利者向け削除ツールの流出。
case 4) クリプトンが削除依頼を行った。理由はVOCALOID利用規約違反のため。(アーツビジョン(藤田咲下田麻美の所属事務所がクリプトンに、ニコニコ内の削除依頼をするように頼んだ可能性も含む)

467 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 02:01:13

>143 ちょっとまて。ピットクルーがニコニコ内削除担当というのは、冗談なのかマジ情報なのか?

474 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 02:02:50

>467 年末の時報見て無いの? ニコにまだあるよ

リアル「亞北ネル」である「ピットクルー」が「ニコニコ動画」の削除担当じゃ、削除にどんな阿呆な出来事があっても不思議じゃないわな。なんちゅうどセンスな人員配置しているんだろうか。
ピットクルー関連 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/archive?word=%A5%D4%A5%C3%A5%C8%A5%AF%A5%EB%A1%BC

3 わP曲を削除したのは非権利者らしい

デP曲が「公序良俗」に引っかかり1/17に削除された、というのは、まあ、ありえるかもしれない。その是非の判断はともかくとして。わPのカバー曲「それから」が著作権に引っかかって削除される、というのも、まあ、ありえるかもしれない。しかしこの二つの出来事が同日のうちに起こるというのは、別な目的がない限り、ありえない。
わP曲が削除されるのは「黄色い粒」に続いて二回目だが、今回の「それから」の削除は「黄色い粒」の時とは様子が違う。わPの日記から一部を無断引用する。

黄色い粒の時は、後日に真摯な対応をしていただいたこともあるのですが、それを抜きにしても確実に権利者の手によって行われた事であり納得もして、じゃあ次へと歩み出せたわけですが、今回〔の「それから」の削除〕は違います。
〔略〕その前後のコメントからみると、権利者ではない方の働きによってことが進んでいたと解釈せざるを得ません。〔略〕
とにかく一番のポイントなのが、カバー曲に対して、「権利者以外の視聴者の気分一発によってピンポイントで動画を消すことが可能な事実。」これを目の当たりにしたことです。正直やってられなくなってます。

公然とJASRACに反旗を翻したクリプトン社と、「ニコニコ動画」内でJASRAC批判動画に楽曲を使用されているデPならびにデPファンとを対立させることで利益を被るのは誰か?
クリプトン社は、かつて、「Bumpyうるし」(ヤキイモP)の作成した「ミクシーケンサー」を公開させるためにヤマハに折衝するという労をとった「実績」があるhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20071101#1193873574 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20071102#1193942967。そのクリプトン社が「初音ミク」の人気ユーザー動画を削除するというのは非常に想像しにくい。

感じるところのあった同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。