カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

警察の天下り拡大のための「知的財産推進計画2007」と「著作権非親告罪化」、その他

1 「知的財産推進計画2007」と「著作権非親告罪化」

警察庁の『漫画・アニメ・ゲーム表現規制法』検討会問題まとめ @Wik」http://www11.atwiki.jp/stop_kisei/から。

知的財産推進計画2007への意見投稿のお願いです!
知的財産推進計画2007に著作権法違反の非親告罪の提言が盛り込まれています! 一般国民を危険に晒しコンテンツ産業を衰退させることに断固反対の意見を送りましょう!
知的財産推進計画2007http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/kettei/070531keikaku.pdf P63より

(5)著作権法における親告罪を見直す
海賊版の氾濫は、文化産業等の健全な発展を阻害し、犯罪組織の資金源となり得るなど、経済社会にとって深刻な問題となっている。重大かつ悪質な著作権侵害等事犯が多発していることも踏まえ、海賊版の販売行為など著作権法違反行為のうち親告罪とされているものについて、2007年度中に非親告罪の範囲拡大を含め見直しを行い、必要に応じ法改正等制度を整備する。(警察庁法務省文部科学省

意見提出要項http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/pc/080313comment.html
メール送信フォーム(個人用)http://www.ipr.go.jp/kojin_form.html(フォームは「個人用」と「法人・団体用」の2種類あります。間違えないよう注意)
締め切りは4月3日です!お忘れなく!

著作権非親告罪化」っつーのは、たとえばクリプトン社が「初音ミクを使って二次創作しても構わんよ」と言っていても「初音ミク」関連作品を全部警察が「点数稼ぎのために」取り締まることができ、しかも取り締まった後で「激増する著作権違反」とNHKとかテレビ朝日にヤラセ報道させて、「ホットラインセンター」など警察天下り先を太らせる、とかまあそういうことです。「初音ミク」だとイマイチ例として不適切か。アイドルマスター」を使ったマッド作成者は全員警察天下り機関により犯罪者認定され、それによって警察天下りが太ったり、あるいはボーカロイドでカバー曲を演奏させた動画の作成者は全て警察天下り機関により犯罪者認定され、それによって警察天下りが太ると、この例が妥当か。アイマス厨諸姉諸兄ならびにあらゆる2次創作を愛する同志諸姉諸兄は全力でこの戦いに参加いただきたい。現在の日本の政治は色んなところがグダグダなので突っ張ったものの勝ち。負けるが負け。
著作権非親告罪化」http://d.hatena.ne.jp/kamayan/archive?word=%C3%F8%BA%EE%B8%A2%C8%F3%BF%C6%B9%F0%BA%E1%B2%BD

2 オタク叩きの主犯は警察

NHKによるオタク叩き報道は、警察情報を右から左に流したものらしい。

http://star.ap.teacup.com/katumori/2163.html
2008/3/26 「土浦の事件だけど」  
 なんで警察は、逃亡時の犯人の持ち物にゲームやマンガがあった事(しかもその内容まで)を言うんだよ!他の事件だとそこまで踏み込まないのに!
 NHKのニュースで結構詳しく述べていたので、カチンと来て電凸した。オペレータが「警察からの発表〔をそのまま報道した〕」と「ゲームやマンガの影響による犯行と見て報道」と言ったので「マンガやゲームが好きな者(あえてオタクと言わなかった)は皆、犯罪者予備軍か!?」とキレたら「そのような意見があったと伝えておきます」との事。伝わって反映されるかどうかは分からん(警察の描いた絵が優先だろうし)が、これ以上どうこう電凸では出来んからこれでいい。
 しかし戦前は「津山三十人殺し」みたいな凶悪犯罪の博覧会だったのに、なんで今の方が酷いと思えるのか?メディア規制の口実か、はたまた下手人が米兵の可能性が高い、タクシー運転手殺害などから目をそらせる警察のインチキか?いずれにせよ我々は舐められている!

オタク叩きの主犯は、竹花豊も含めた警察関連らしい。

3 犯罪がものすごく減少している日本

警察は「治安が」「治安が」と言って煽るが、警察を拡大させなくてはならない客観状況など存在しない。

http://pandaman.iza.ne.jp/blog/entry/515564/
はっきり言って今の日本ほど健全で快適に生きられる国はありません。不満を言うのをやめ自分たちの幸せをかみ締めるのががベストです。
犯罪も激減してます。犯罪が増えているように感じるのは単に異常な事件だけを抽出し何度も何度も報道する報道のセンセーショナル化が原因です。サリン事件以降、マスコミにとって犯罪報道は「安価で企画もいらず数字を取れるコンテンツ」と認識されてます。つまり犯罪が増えたのではなく犯罪報道が増えたのです。
昔は子殺しが多すぎて、一件一件、マトモに報道されることが無かったのですが、最近は子殺しが減ったために、珍しい子殺しが詳細にレポートされ皮肉にも逆に子殺しが増えたように感じるのです。

日本殺人認知件数
S30 3,066  S35 2,844  S40 2,379  S45 1.989  S50 2,024  S55 1.684  S60 1,780  H01 1,308  H05 1.233  H10 1,388  H15 1,452  H18 1.309  H19 1.199
ソース 日本の犯罪統計
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/anzen/hanzai-zenkoku.html

子殺しは激減している。http://kangaeru.s59.xrea.com/G-baby.htm 既婚女性が最も気にする子供殺しは昭和50年には約500件だったのが現在は約100件に減少。しかも現代の子殺しの犯人はほとんどが親や身内で他人が犯人のケースは年間10件程度です。

10万人あたり殺人発生数
南アフリカ 75.3   コロンビア64.6  ブラジル 19.04  メキシコ17.58  フィリピン 16.02  アメリカ 6.8  イタリア 2.25  カナダ 2.10  オーストラリア 1.86  韓国 1.62  イギリス 1.41  フランス 1.2  ドイツ 1.17  日本 0.62

国際的には日本ほど殺人が少なく治安のいい国はないです。

日本に犯罪が少ないということが知れわたると、警察の予算が減り、警察の天下り先も小さくなる。2007-2008年は警察(キャリアの?)定年がたいへん多い年であり、だから竹花豊らはありもしない社会不安を報道統制により煽り、天下り増設を画策していると推定できる。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060605#1149433452