カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

統一協会、教壇に立つ

以下メモする。これはひどい

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-05-05/2008050515_01_0.html
2008年5月5日(月)「しんぶん赤旗」 
統一協会隠し 教壇に 偽装組織の「世界平和女性連合」 神奈川の小学校 霊感商法に引き込む
 霊感商法などの被害が問題となっている統一協会の偽装組織「世界平和女性連合」の活動家が、神奈川県厚木市の複数の市立小学校で少なくとも三回、「外部講師」として教壇に立っていたことが判明しました。正体を隠して地域や教育現場につながりをつけ、違法伝道や霊感商法に引き込むという手口に、被害救済団体などが注意を呼びかけています。
 市教委によると、市内の小学校が昨年と今年、モンゴル滞在歴があるという同連合の女性三人を招へい。二年生を対象に、国語教材のモンゴル民話関連授業として講義しました。そのうち一人は三年前にも、別の市立小学校で講義しています。
 市教委は「地域の人材を生かすために招いているが、女性連合のことは知らなかった。今後注意するよう全校に伝えた」としています。
 全国霊感商法対策弁護士連絡会全国弁連)によると女性連合は統一協会がつくった「隠れみの」で、信者勧誘や資金集めの窓口的な組織。全国弁連は「厚木市が推奨する良質な団体と誤信した市民が女性連合の活動に参加し、資産を奪われ人生を狂わせられないか、深刻に憂慮している」との文書を市長に送りました。全国弁連事務局長の山口広弁護士によると、女性の関心事を看板に地域や教育現場への浸透をはかるのは女性連合の常とう手法で、厚木市の事例は氷山の一角です。
 これまで、神奈川県下だけでも横浜市の市立小学校が女性連合のパンフ『ピュア・ラブ』を児童の全家庭に配布したり(その後回収)、川崎市の複数の学校が統一協会内部の“洗脳教育”担当者を保護者向け講座の講師に招いたりという例がありました。
 「つながりをつけた教師や父母を講演会に誘い、入信や霊感商法に誘導するのが彼らの目的」だと山口氏。全国弁連調べでは二〇〇七年の霊感商法被害相談は千二百件四十億八千万円に達し、とくに「資産のある高齢者や主婦が主要ターゲットにされている」といいます。
 厚木市の事件は市の広報ホームページで判明しました。特別講座の後の取材で、三人が女性連合だと聞いた広報担当がそのまま掲載したからです。もし掲載しなかったら、市内全域の学校に広がっていたかもしれません。
 女性連合のような偽装組織で正体を隠すのは統一協会の際立った特徴です。政治分野の国際勝共連合、学術の世界平和教授アカデミー、学生組織の原理研究会、メディア工作の世界言論人会議、芸能のリトル・エンジェルス、ユニバーサルバレー、ボランティアを偽装する野の花会しんぜん会、国際救援友好財団(IRFF)など多岐にわたっています。
 「先祖霊救済のため」などとして仏像や印鑑を買わせる霊感商法の末端組織は「◯◯堂」などと、一般店舗を装っています。

 世界平和女性連合 統一協会の教祖文鮮明が一九九二年に創設し、総裁は文の妻・韓鶴子。非行やいじめ問題での講演会、アジア留学生奨学資金、新純潔キャンペーンなどを表向きの活動にしています。

[05/10 00:15]関連http://d.hatena.ne.jp/buyobuyo/20080325#p1

感じるところのあった同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。