カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

ニコニコ動画とか/進歩と改革

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080624#1214257617以来、久しぶりに「進歩と改革」の原稿描いた。徹夜して。しんどくて寿命縮むかと。ペン入れしようと思ったら、インクが乾いて固形化していた。どんだけ描いてなかったのかと。

ニコニコ動画とか/進歩と改革 鎌倉圭悟

お久しぶりです。私、堂々たるワーキングプアでして、原稿を描けずにいました。
伝え聞くところでは、保坂展人議員が「ニコニコ動画」で人気者になっているとか。めでたいことです。「ニコニコ動画」やWEBはもっと活用すべきです。「社会新報」はWEBに無料公開すべきなんだ。半年以上前のぶんだけでも。「初音ミク」に「社会新報」や福島瑞穂ブログを朗読させればなおよろしい。 初音ミク「…政治に巻き込まないでほしーなー」 右翼系はすでに「初音ミク」に嫌韓ソング歌わせてます。 初音ミク「もう巻き込まれていたのね…」
ニコニコ動画」は「エイベックス」系列で、大手パチスロメーカー「アルゼ」に天下った前田健・元警視総監のお膝元で、つまり敵地ですが、でも利用すべきです。情報戦こそが主戦場だから。情報戦に勝利しない非武装平和主義なんてありえない。
警察官僚っつーと、竹花豊ってやつが二〇〇八年に「ホットライン・センター」と「日本ユニセフ協会」に有害情報統制・児童ポルノ統制キャンペーンを展開させようとしました。竹花豊は警察天下り先やら警察再雇用先を作りたかったみたいなんですね。政治的実績と。だからマンガ・アニメ・WEBの規制「しか」話題にせず、実際の児童被害には「日本ユニセフ協会」は全く言及しないんですね。
日本ユニセフ協会」や「エクパット東京」やシーファー大使(元)は、日本のことを「児童ポルノ大国」だなんて言ってますが、イタリアの児童保護団体「テレファノ・アルコバレーノ」によれば、日本はアメリカやカナダよりずっと児童ポルノサイトの発信数も訪問数も少ないんでして。だからふつうの日本人の人権を制約する児童ポルノ法改悪なんて必要ないんです。単純所持罪は議員のスキャンダル捏造に使われます。
そーいや、二〇〇八年六月に死亡児童写真をWEB発信していた渡辺敏郎ってのがニュースになりましたが、この渡辺敏郎の父親元神奈川県警本部長・渡辺泉郎(もとお)でして、一九九六年一二月、渡辺泉郎は神奈川県警警部補・酒寄美久の覚醒剤使用を隠蔽し、九九年九月に発覚し、二〇〇〇年五月に有罪判決になりました。で、渡辺敏郎のWEB写真も警察からの流出だったんでは? と噂されてます。警察をこそ取り締まるべきです。

感じるところのあった同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。