カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

「有害情報」ブロックの弊害

河野美代子のいろいろダイアリー」http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/ から。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-c8d3.html
 ところで、私〔河野美代子〕の今の〔ブログでの〕シリーズ〔性教育関係〕、本当に若い人たちに読んでほしいのです。でも、前にもいいましたが、広島県の学校ではブログはブロックされてしまっています。だから、若い人どころか、教師にも読んでもらうことは出来ません。〔略〕先生方の多くは家でなく、学校でパソコンを開く仕事をされるようで、だから、先生方にも読んでいただくことは少ないと思います。
 生徒たちには、これまで携帯でなら、ブログを読むことが可能です。だから、携帯で私のブログを読んでコメントに質問をしてくることがあります。ほとんどの質問はアップしないで直に返事をします。学校に携帯を持ってくることが禁止されるようですが、でも、家ででも読んでほしいと思います。
 ただ、有害サイトがブロックされてしまうと、、、。きっと私のブログも有害とされてしまうのでしょうね。だって、セックスだの、性交だの、コンドームなんて言葉がどんどん出てくるのですから。言葉でブロックされてしまうと、もうお手上げです。
 〔略〕もう、出会い系サイトの事件の被害者がとても多いのです。私の現場では圧倒的に妊娠ですが。同意書にサインもしてもらえなくて途方にくれるという子に何人も出会っています。出会い系サイトを舞台にした殺人事件などが今やとても多いことも生徒たちに話します。
 出会い系が有害だから携帯を持たさない、といいのかも知れません。でも、その使い方を教えることも大切ではないかと思うのです。学校の裏サイト、これはいじめの構造そのものです。携帯が悪いのではなく、友人とともに生きること、人と人とのつながり、コミュニケーションの大切さなどの教育が困難であることの問題が根底にあるのでは、と思うのです。(もちろん、現場での大変さを分かった上で、あえて言わせてもらっています。) 以前、もう亡くなった山田泉さんの「携帯電話の模擬授業」を受けたことがあります。生徒たちに一方的に悪いことと決め付けて脅すのではなく、子どもたちの希望や本音を引き出しながら、力をつけさせる、とても素敵な授業でした。(ついでに言いますが、山田さんは癌になって、「命の授業」を始めたといわれていますが、それ以前から素晴らしい性教育の実践者でした。)
 携帯があるが故にとても助かることもあるのだから。有害情報がブロックされることで、こちらの思いも一緒にブロックされること、それが悲しいのです。

強く同意する。
河野美代子さんは2007年参院選で惜しくも次点で落選された方。http://www.kohno-miyoko.jp/ 次回立候補された際は当選してほしいと強く願う。

感じるところのあった同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。