カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

ガメさんとApemanさんへ

1

ガメ様へ
コメントhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100123#c1264403228いただきありがとうございます。またPANDORAさんらの評価により、私を一定程度評価いただきまして、そのことを感謝します。

>ちょっと、このApemanさんの著作リストを教えてください。〔略〕(kamayanさんの真正研究者保証つきなら)

id:Apemanさんを「歴史の専門家」と評したのは私の勇み足でした。そのことをお詫びします。

>わっしはこのゴロツキと論争をしようと思えば、いまやっている投資案件を中断して22000キロを移動してわっしの「日本関連ライブリ」に移動しなければならない。このくらいの要求はしても許されるだろうと考えました。

ガメid:gameover1001さんは要求される典拠を提示したと考えますので、あとはApemanさんが紳士的に振舞えるかどうかにかかっていると思います。よって、ガメさんが「日本関連ライブリに移動」の労をとる必要はないと思います。

>わっしの正体、というものはどーでもよいが、kamayanさんたちみたいに、イザヤベンダサンやポールボネの再来ではないか、は、ちょっとカンベンして欲しい。

私の表現が拙く、たいへん礼節を欠き、侮辱的と受け取られる表現をしてしまったことをお詫びします。私はガメさんを「偽外国人である」とは思っていません。私は「Apemanさんはガメさんを偽外国人の一人として疑っているらしい」と思ったのですが、Apemanさんのいう「七平メソッド」はそういう意味ではなく

エピソード主義で「日本人」について語るという手法や日本特殊論(「日本語は不完全な言語だ」なんてのもそうです)、それから「キンピラゴボウ」の件についての書き方(情報ソースが怪しげであることを含め)などを指して言っています。

とApemanさんがおっしゃっていますので、この錯誤を両者にお詫びいたします。
末尾ながら、ガメさんがブログを復活いただきましたことを嬉しく思います。私は読者として楽しんでいるのでありまして、「kamayanさんごとブッチ」してくださっていっこうかまわないのでありますが、色々労をおとりくださいましたこと、感謝いたします。今後もガメさんの健筆を楽しめることを、たいへん嬉しく思います。

2

Apeman様へ
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20100125/p1を拝読しました。
一段落目、前提情報を欠いているがゆえに誤読誤解があります。ガメさんの記事http://d.hatena.ne.jp/gameover1001/20100124/1264277480の後段は、まずは私の http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100123#1264187631 の 5追記 を受けての記事でありまして、そのことをApemanさんが前提していらっしゃらないことが、誤読誤解の一因であります。以下、カマヤンのブログの凡例に従い、改行を改めカマヤンの注釈を加えガメさんの記事を再掲します。

http://d.hatena.ne.jp/gameover1001/20100124/1264277480
「ごぼう」なひとびとのほうは、ブログ〔これはカマヤンのブログを指すと思われる〕、読みました。ドマジメなだけのひとなのかも知れないので、簡単に書いておきます。
プライベートモードのいちばん最後に出ていたメッセージ

岩川隆「神を信ぜず」立風書房(文庫はダメ)「末尾参考図書」に挙がっていると思うよ。
あれは送ってもらえるんです。行かなくてもダイジョブ」

もし自分でとれなければ、わっしはBC級戦犯の資料がおいてあるところへ今年はなかなかいけないが、そこへ行ったら資料を送ってあげられると思う。英語だが、読めるでしょう?
しかし、わっしはあなた〔これはカマヤンのことか、Apemanさんのことかは不明。特に区別していないと思われる〕がマジメなひとにしても、あの失礼なコメントはいやだな。口元が汚い。普通のひとには普通の生活があります。たくさんの興味の対象があって、いろいろな言語のいろいろな国のひとと、さまざまな話題について話し合っている。インターネットだけに限っても、みんな、そうやって暮らしているのね。わっしは興味の対象が狭いほうですが、それでも、自分の毎日書いているものをざっと見ると〔略〕っちゅうふうにいくつかあったと思います。だから歴史問題が重要ではない、とゆっているのではなくて、ね。それだけをやっている、というふうにはならないのです。
あなた〔Apemanさん〕は「歴史の専門家」だそうだが〔これはカマヤンによる錯誤をガメさんが踏襲している。両者に深く詫びたい〕、あなたの口ぶりだと「歴史の専門家」以外は歴史を考えてはいけないことになる。それが「日本の伝統だ。専門家にまかせなさい」とあなたは言いたいのかも知れないが、そーゆー考えは、わしらには苦笑する以外こたえようがない考え方です。〔これはカマヤンの錯誤によって導かれた結論であり、ガメさんに責任も悪意もない発言である〕〔略〕
だから、まあ、時間がすごくかかることもあるが、仕方がない、と思ってください。BC級戦犯で犯人の特定が難しかった、というのは、こういう話しをするときは言わない方がいいと思います。論点がうまくつかめない独学のひとだ、という印象を与えてしまうのね。なぜかというと、それは「当たり前」のことで、そもそもBC級戦犯の問題は「犯人を特定する気なんか初めからまったくなかった」ことにある。
どうやら、あなた〔これもカマヤンのことか、Apemanさんのことかは不明。区別の必要もあまりないと思われる〕がわしの大好きな「ぽんぴい」オヤジと同じで単にクソマジメなだけらしいと思えてきたので、ちょっと返答しておきます。
皮肉や嫌味でゆっているのではなくて、戦犯、のようなものは日本語と英語の資料の両方にあたったほうがよい、と思います。たとえば英文の資料だけにあたって書いた研究者の本は、日本人への無理解にみちみちていて、とても読めたものではないものも多いのです。

以上の転記がApemanさんによる誤読を解消する一助となると嬉しい。
「ゴボウ」に関してはガメさんは典拠・情報源を提示したと解すべきと思いますので、あとはApemanさんがその典拠・情報源にあたる意欲があるか否か、典拠情報源を提示してくれた相手に対してどう振舞うか、という問題に移行すると私は思います。
そのように考えた場合、Apemanさんのブログ記事http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20100125/p1は、書き方が適切でないと私は思います。
本来なら、ガメさんのプライベートモードメッセージを私が自分のブログに書いた時点(http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100123#1264187631 の 5追記)で、Apemanさんのブログコメントへ、その旨の申告をするのが適切だったかもしれません。そうすれば上記一段落目での誤解誤読をApemanさんがしてしまわずに済んだだろうと思います。そのことをApemanさんに詫びます。
そして私がこの記事によりApemanさんに何をお願いしているのか理解いただけますと、嬉しく思います。典拠にあたるか、あたる努力をしないのならそれに関連して確定的な次の情報がどこかから出てくるまで留保するのが、振る舞いとしては賢明だろうと私は思います。仮にApemanさんが英語が読めなかったとして、英語に堪能なブログ有志がいつかどこかで探し出して訳出してくださる可能性はあります。
私も現代史を少しだけ大学で齧ったことがありまして、英語資料が存外翻訳されていなくて英語のできない私は難儀した記憶があります。国内での歴史解釈論争なら日本語資料日本語論文で対応可能でありますし、またその方面でのApemanさんのブログ記事の価値を私は高く評価しています。それゆえApemanさんを「歴史の専門家」とガメさんに紹介してしまいました。
典拠が提示された以上、それについては判らないことは語らないのが研究者としてもあるべき姿ではなかろうかと思われます。あるいは読むかのどちらかが求められるのではないかと思われます。
Apemanさんは、あるいはガメさんの論の進め方、語り口、などについて焦点をあてたいとお考えかもしれませんが、それは相互の主観がどうあれ、相互に礼節なり理想の語り方を求めて情緒だけエスカレートするという、とっても情けない何かに陥りますゆえ、踏むべき手続きを一歩ずつ踏むのが妥当と私は思います。

感じるところのある同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

画像はhttp://piapro.jp/content/b6y0fifw1nk01jhaから。