カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

財団法人日本ユニセフ協会の「署名」への対抗法

1

まず情報。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101005-00000072-mai-soci
児童ポルノ>単純所持禁止も要望 アグネスさんら会見
毎日新聞 10月5日(火)19時54分配信
 日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさん(55)らが5日、東京都港区の協会で記者会見し、児童ポルノの購入や入手、単純所持についても禁止するよう、児童買春・児童ポルノ禁止法の早期改正を求める署名活動への協力を訴えた。
 アグネスさんは、頒布や販売などを目的とする製造や所持、輸出入を処罰する現行法では被害を防げないと強調。「所持や購入を禁止しないと、売る人も買う人もなくならない」と訴えた。橋本大二郎高知県知事(63)、マジシャンのマギー審司さん(36)らも同席した。署名は来年1月をめどに国会に提出する。【合田月美】

http://www.unicef.or.jp/osirase/back2010/1010_03.htm
日本ユニセフ協会からのお知らせ
児童ポルノを「見ない」「買わない」「持たない」「作らせない」
児童ポルノがない世界を目指して」国民運動 第1回報告会・記者会見開催

日本ユニセフ協会による署名

http://nakuso.jp/images/signature/signature.pdf
児童ポルノの購入、入手や、単純所持も禁止するなどの法改正が不可欠です。

敵は単純所持規制に絞ってきました。
色んな労働組合に手を回しています。たとえば http://www.jprouso.or.jp/system/servlet/yusei.UserMain?method=show_detail&clause_id=1786

2

対抗方法を以下に記す。

2-1

「単純所持規制」は日本では冤罪の温床となり、市民生活にとって害悪である。メリットよりデメリットのほうが多い。という意見を「自分の言葉で」まとめてください。
参考資料は例えば http://www7.atwiki.jp/epolitics/pages/108.html http://www7.atwiki.jp/epolitics/pages/25.html http://blog.livedoor.jp/getter99/archives/51221544.html http://wiki.livedoor.jp/antievillaw/d/%B2%FE%B0%AD%B0%C6%A4%CE%CC%E4%C2%EA%C5%C0 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1328726348
検察による証拠捏造事件なんかがタイムリーに報道されているから、それとか足利事件とか北関東幼女連続殺人事件とかについて言及してもいい。アグネス・チャン霊感商法の関係についても言及してよい。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100829#1283086481 志野光子(外務省官僚)に言及してもいい。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100730#1280491315

2-2

議論は国会で行なわれる。だから国会議員へ「手紙」を送るのが基本である。「薄く広く」と「狭く深く」の双方のアプローチがあるのが望ましいが、どちらかしか普通できないので、後者を選択するほうが望ましい。特定少数の議員に狙いを定め、なんとしても我々の意見のほうが順当であることを印象付けられたし。
すでに味方である議員に手紙が殺到するのは、あまり望ましくない。送らないほうがいいという意味ではない。まだ味方とは言えない議員を新たに開拓するほうが優先される。
一年生議員を新たに味方につけることが望ましい。すでに役職を持っている議員は多忙すぎて「表現規制反対」へ割ける時間と労力が足りない。一年生議員は相対的にヒマである。一年生議員は「自分の政治テーマ」を模索中である。一年生議員に情報を与え、その一年生議員の「政治テーマ」が「表現規制反対」になったら、たいへんに大きい仕事をする。
念のため繰り返すが、「すでに味方になっている議員へ手紙を送る」ことはムダではない。相対的に優先度が低いだけであり、送るほうが良いに決まっている。「すでに味方になっている議員」も、必ず、政治力学によって動くのであるから、「表現規制すべきという声のほうが圧倒的だ」と判断したら折れる可能性がある。折れさせないよう、声援を送り、勇気付ける必要がある。
政治活動・市民活動は、「ちょっとしつこい」くらいで丁度いい。政治家の数は相対的に少数であり、一人ひとりが抱えている案件は多く、そのため、「ちょっとしつこい」程度の押しでないと、重要案件として認識されない。「また送るのか、ちょっとしつこすぎるかな?」と迷った際は送るほうがいい。だがもちろん言うまでもないが、非常識な手紙を送るのはNGである。我々は相手に感銘を与えなくてはならない。辞書を手元に置き、できるだけ誤字を減らし、間違ったことや嘘を書かないように心がけるべきである。そうすれば相手は君に対しよい印象を持つはずである。
手紙の分量自体は、あまり多すぎないほうがいい。読む相手は激烈に多忙な人間であると前提すべきだ。激烈に多忙な人間が、大分量の論文を送られても困惑するだけである。誠実にコンパクトに書き送ることが望ましい。
すでに手紙を書き送った経験のある人は、同じ人に改めて書き送ることが望ましい。それを繰り返すことで、君と相手の絆は太く強くなっていく。
「××は味方なのか? 敵なのか?」と君が判断を迷っている相手には、「ちゃんと情報を得れば、うまくすれば味方に、最悪でも好意的中立になってくれるはずだ」と前提して、手紙を送ることが望ましい。たいがいの議員はこの問題に関して、情報を持っておらず、そのため意見も持っていない。

2-3

国会議員以外への手紙は有益である。たとえば出版社、編集部への手紙である。もしくは出版労連などへの手紙である。新聞社やテレビ局へ送ることもムダではない。我々が声を上げない限り、常に「空気を読む」「様子見」を彼らはする。「規制すべき」論のほうが圧倒的優勢と判断したら、それに添った形で彼らは発言を開始する。少なくとも「意見が拮抗している」と感じさせるよう、誠実に手紙を送り、情報を与えることは重要であり有益である。
「なぜ××は規制反対の表明をしてくれないのだ?」と君が疑問を抱く相手は、情報をまだ充分に持っていないのだ、と前提してよい。ならばその相手に「意見表明するために参考となる」情報を手紙で送るのが望ましい。

3

以下の意見に賛同する。

253 名前:名無したちの午後 投稿日:2010/10/07(木) 22:40:22 SOn6Ohze0

民主党関係に手紙を送るときには、財団法人日本ユニセフ協会の〕署名については触れておくと良いと思うよ。 民主党は単純所持については慎重に考えるという方針なのに、どうして労働組合がそういう地雷を踏むような行為をするのかと。 しかも、労働組合の本来は使命は労働者の保護が優先であって、児童ポルノ規制が優先ではないだろうと。 今、この時にもフリーターや失業者が苦しんでるのに、労働組合は何をいったい何を優先してやっているのかと。
児童ポルノ規制をしたら失業者が減るのか、組合員に何の利益が有るのか、 組合員が増えるのか(むしろ漫画好きの若者達から総スカン食らって労働組合嫌いになるのでは?) 働いても報われないワーキングプアを減らす話はどこに行ったのだと。
俺は単純にそう思うけどな。俺自身がワーキングプアだから、なおさらそう思うよ。

4 [11/08 10:35 追記]

990 名前:無党派さん 投稿日:2010/10/07(木) 07:06:08 G3BGpXm0

今回、日ユニは持っている全てのネットワークをフルに活用して署名活動に当たってるんでしょ。

日本ユニセフ協会 役員名簿
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_off.html
23 同〔評議員〕 古賀 伸明 日本労働組合総連合会会長

5

[10/15 22:00 追記]
児童ポルノ法」での議員へのお手紙の書き方http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20080311#1205184684
AMI-HPでの議員さんへのお手紙注意書き http://picnic.to/~ami/teian/teian_3.htm
お手紙を送った次のステップとかhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20100807#1281185531

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。

画像は http://piapro.jp/content/xcfeu9mr645j9dj0 から。
本日の一曲