カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

都知事選について

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20110324/1300935792の続き。

1

都知事選ですが、実際のところ、ふつう、選挙というのは告示「前」が勝負でありまして、告示後の現在はすでに半分消化試合になっている可能性がけっこう大きいのでありまして、小池晃でも東国原でも、自分が「ここだ」と思うところに「表現規制反対のために選挙手伝いに来ました」という存在の印象を与えることができるかどうか、という水準に時期的になっていると思われます。現地の空気は判らないので見当違いを書いているかもしれませんが。
一日だけでも選挙手伝いに行くかどうかでその後のパイプが随分変わります。消化試合日程だと思うので、web上で「この候補がいい」「いやそうじゃない、こっちの候補がいい」と議論することに労力を費やしているのは、無意味ではないだろうけど、今後の展開的にあまり有益だと思いません。
我々の票数はそれほどは多くないのだから、つまり仮にまとめて誰かに投票したところでたかが知れているのだから(それ以前に投票先一本化は無理だろうなと思う)、それよりは実際に汗をかいて選挙の手伝いに動く人がどの程度いるかとか、そういう勝負なんじゃないかなあ、とか思います。繰り返すけど全然現場情報持っていないので見当違いなことを書いているかもしれません。

2

東日本大震災の被害状況すら確定していない、原発事故が刻々進行しているこんな時期に東日本で選挙すんなよ… 

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。

画像は http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=17439911 から。