カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

枝野幸男、経済産業大臣おめでとう

枝野幸男経済産業大臣になった。当面干されるとばかり思っていたんだけど。おめでとうございます。
経済産業省原発の管轄だから、ひどく疲れる官庁だとは思うし、今後めちゃめちゃ批難批判されるだろうな、と、予想する。
それはそれとして、マンガ「産業」振興において枝野幸男経済産業大臣時代というのはまたとない好機だと思うから、私とはたぶん全然価値観を共有していない盆暗な出版社どもはこの機会に少し何かしておけと思うんだが、するわきゃないので、市民活動レベルで経済産業省から表現規制反対運動に金を引っ張るかなんかそういうことを考えるべきじゃないかなあ、とか思う。
他国の表現規制運動に国から補助金的なものが来ているのは、そりゃあ当然ちゃあ当然なことで、むしろ我々表現規制反対活動が行政から金をいまだに引っ張ってきていないことってどうよ、と問われるんじゃないかなあ、とか私は思う。出版社とかコミケ表現規制反対運動に金出したらそんなことを考える必要もないんだが、丸っきり表現規制反対活動に関心も共感もないんじゃないかなあ、とか疑念を持つんでそんなことを書いてみる。天に愛されているタイプの人が出版社にロビーかけたりしたら話は変わるかもしれないけど、天に愛されている人は一時代に一人いるかいないかなような気もするのでなあ。
今の私は完全に単なるネット弁慶になっていて、無意味に観測が暗くなっているので、上記、丸っきり実情を反映していない無責任な発言だと、そのあたりお含みいただきたく。
枝野幸男経済産業大臣でいる間に、何か具体的で実のある提言を枝野さんにしてあげたいものだけど、具体的、となると、難しいものだ。

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし

画像は http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=2936381 から。