カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

日の丸はアヘンの商標

『日中アヘン戦争』(江口圭一)から、以下メモする。

日章旗の掲揚はアヘンの販売が日本側によって公認されていることの標識であった。このことから日本側にしてみれば、とんだ勘違いが生じた。関東軍総参謀副長から敗戦直前に内閣綜合計画局長官となった陸軍中将池田純久〔すみひさ〕は『陸軍葬儀委員長』(一九五三年)のなかで、つぎのように書いている。

 〔支那〕事変当時、日本で食いつめた一旗組が、中国の奥地に流れ込んで、アヘンの密売に従事しているものが多かった。かれらは治外法権を楯に日の丸の国旗を掲げて公然とアヘンを売っているのである。だから中国人のうちには、日の丸の旗をみて、これがアヘンの商標だと間違えているものが少なくなかった。時々日本の国旗凌辱事件がおこり外交問題に発展することがあったが、よく調べてみると、中国人はそれを国旗とは知らず、アヘンの商標だと思っていたという、まったく笑い話のような滑稽談さえあった。
 戦前にある日本の名士が中国奥地を旅行した。車窓から山村の寒村に日の丸の旗が翻っているのをみて、「日本の国威がかくも支那の奥地に及んでいるのか」と随喜の涙を流したという話がある。なんぞ知らん、それがアヘンの商標であることを知ったら、かれはなんといって涙を流したであろうか。
 とにかく日本人のアヘン密売者は中国人から蛇蝎の如く恐れられていた。

『日中アヘン戦争』(江口圭一、岩波新書、1988年)179-180P

日中アヘン戦争 (岩波新書)

日中アヘン戦争 (岩波新書)

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし