カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

「毒親」

1

コメ欄で「毒親」という言葉を教わったので、検索してみた。
『毒になる親』http://www.winpal.net/~jiro/h/doku.html
毒親に育てられた一例 http://anond.hatelabo.jp/20081010221852
毒になる親http://linknavigation.web.fc2.com/ToxicParents/
毒親といふもの、 (と自己責任論)」http://anond.hatelabo.jp/20090117102440
毒親のいとおもしろし国語力測定 http://anond.hatelabo.jp/20090118194006
塾でもバカ親をたくさん見てきたけど、あれは「毒親」だったんだな。我が老母も立派な「毒親」だ。

2

老母周辺ロビー、本日は老母の義母(老母の兄の妻)をこなす。
老母がどこかの占いで、「七年間同居すべき」という託宣を貰っているらしい、という情報を得る。老母は真如苑とも付き合いがあるから、真如苑からの託宣かな。真如苑はスピリチュアルカウンセリングの宗教で、情報を得ないうちは「七年間待て」みたいな託宣をするように思う。真如苑の老母担当もロビーせにゃらならんかなあ。老母担当に情報与えたら「息子さんのおっしゃるとおりになさいなさい」と託宣内容が変わるように思う。
できるだけ老母から離れて生活する時間を増やす、ということに、どれだけの労力を必要とするか。く、挫けないぞ。

3

今朝まで午前2時で日付を変える設定だったが、本日から午前4時で日付を変える設定にする。

4

妹2号へのロビーは不調。いくつかのアドバイスは得る。妹2号の考えでは、我々が離れへ行き、老母たちが根負けするのを待て、とのこと。そうなのかなあ。まあ妹たちへのロビーは最終後退地点の確認だから、一喜一憂せず次に進もう。
妹たちと話をすると、老母と話をするのとは別な意味でものすごくダウナーなテンションになる。なぜだろうな。政界ロビーする時のような「ときめき」のようなものは欠片もないから、かな。

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし