カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

邪馬台国エジプト説とか義経ジンギスカン説とか

1

南京事件河村たかしの関係で

歴史で諸説あるということを、邪馬台国南京事件でたとえてみる - 法華狼の日記

http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20120227/1330296182
たとえば、邪馬台国がどこにあるのか、歴史学でも諸説ある。有力な説として九州説と畿内説の二つに大別され、近年は後者の説得力が高まっている。しかし諸説あるからといって、邪馬台国がエジプトにあったという珍説までが妥当な学説となるわけではない。

邪馬台国はエジプトにあった!?http://homepage3.nifty.com/boumurou/tondemo/kimura/kim_yama.html

南京事件の諸説紛糾も同じように考えることができる*1。

というブログがありまして、このブクマコメントに

http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20120227/1330296182
ksaitou  「邪馬台国はエジプトにあった」という説の方がよっぽど驚いた。南京に目が行きにくくなるので例としては不適当ではないだろうか?それくらいの衝撃だった。 2012/02/27

というのがあったので、ちょっと記したくなった。

2

邪馬台国はエジプトだよ」説の提唱者・木村鷹太郎について詳しいサイトは以下↓
 疑似歴史学事典/木村鷹太郎の「新史学 http://homepage3.nifty.com/boumurou/tondemo/dic/kimura.html
 木村鷹太郎の世界 ──『海洋渡来日本史』を読む──  http://homepage3.nifty.com/boumurou/tondemo/kimura/kimura00.html
 邪馬台国はエジプトにあった!? ──木村鷹太郎の邪馬台国=エジプト説── http://homepage3.nifty.com/boumurou/tondemo/kimura/kim_yama.html
以上読めば君も木村鷹太郎マニア。このサイト管理人は木村鷹太郎をちゃんと読んでどこがトンデモか書いている。すごく偉い。
懐かしいな木村鷹太郎。私が高校生の時、雑誌『ムー』で「邪馬台国エジプト説」読んで、生まれて初めて1万円以上する本を購入したのは、八幡書店の木村鷹太郎の本だった。切ない思い出だ。

3

木村鷹太郎から連想するのは、「義経ジンギスカンになったよ」説の小谷部全一郎
 小谷部全一郎についてはhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20061127/1164573757「「日猶同祖論」の系譜」をご覧なられたし。偽史のスーパースターたちだ。

私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)

私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)

歴史学者さんのところでテンプラ学生していたとき、小谷部全一郎の存在を知って、色んな疑問が解けた。というか、小谷部全一郎とその珍説を当時利用した、たぶん軍周辺の謀略活動とかには今も強く関心を惹かれる。この謀略は今もネット右翼によるネット街宣活動として生きていると思われる。
木村鷹太郎と小谷部全一郎を扱っている素敵な本の書評も発見した。

松岡正剛の千夜千冊『偽史冒険世界』 http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0511.html#
長山靖生 『偽史冒険世界』

偽史冒険世界―カルト本の百年 (ちくま文庫)

偽史冒険世界―カルト本の百年 (ちくま文庫)

話はここからなのだが、キムタカのような"空想史学"はキムタカだけではなかったのだ。
 本書は傑作といってよいほどに興味深い本であるが、冒頭から最終ページまで、こうしたキムタカまがいの捏造理論に精魂を傾けたカルト学者たちの系譜がみごとに浮き彫りにされている。
 その全貌はぜひとも本書にあたって確かめられるとよいが、そこに紹介されている破天荒なキムタカたちの群像に腰を抜かさないようにしてほしい。 たとえば、「ジンギスカン義経のことだった」という説を唱えた小谷部全一郎がいる。バカバカしい説だが、その著書には杉浦重剛が重厚な漢文の序を寄せていて、あまりにこの説が世間の話題になったため金田一京助三宅雪嶺鳥居龍蔵らが躍起になって反論したもののブームが収まらなかったほどなのである。
 〔略〕しかもキムタカたちは、その後の日本に陸続とあらわれつづけていたとも言わざるをえない。いや、今日になおキムタカ現象の跡は断ってはいない。

おお、杉浦重剛が出てきた。
杉浦重剛についてはhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20051017/1129486105 をご覧なられたし。
木村鷹太郎も小谷部全一郎杉浦重剛も、「キムタカ現象」(偽史製造欲望)は、日本において健在である。

4

ところで、冒頭の南京事件とか河村たかしとかの話に戻るんだけど、

鎌倉幕府否定論再論 - 我が九条−麗しの国日本 http://d.hatena.ne.jp/Wallerstein/20120226/1330273346

のスマートさには相変わらず羨望を覚える。「鎌倉幕府まぼろし論」。でも、ちょっと誤変換が多かったりするのが玉に瑕。

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし

画像は http://piapro.jp/t/TTV1 から