カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

岡崎京子『helter-skelter』

1

岡崎京子『helter-skelter』を嫁が貸本屋から借りてきていたので、又借りして読了。
山岸涼子作品を連想した。主人公「りりこ」には、マイケル・ジャクソンを連想する。
キャラたちの下唇の描き方が、嫌味ではないが、ずいぶんと厚い。岡崎京子の絵の変遷は知らないが、唇はセックスを強く象徴する。上唇だと愛情を求めるセックスだが、下唇だと愛情を求めない。以上人相見的解釈。
岡崎京子ニューウェーブマンガと呼ばれた世代でもっとも才能豊かな人の一人だったが、この作品の連載終了後、交通事故に遭い、今もリハビリ中だ。
いまさら検索して知ったが、平成15年文化庁メディア芸術祭優秀賞。

2

嫁が岡崎京子を好むのは喜ばしい。

ヘルタースケルター (Feelコミックス)

ヘルタースケルター (Feelコミックス)

3

あ、これ、映画になるんだ。http://hs-movie.com/

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし