カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

春の嵐とか

1

本日になって、急に商売の予約が入ってきた。だいたい平年並みの状態になりそう。

2

変に来客が多い。
貸別荘の一室、照明が寿命なのだが、全部取り替えると10万円くらいになる。春休みに全く稼げていないのでちょっと厳しい。何かセンス良く安くどうにかできないか。
老父母の新興宗教の仲間が来る。話をしているうちに、ウチの老母をどうにかしてくれ、と、私は激情して訴えてしまう。

3

老父母が留守中、3月31日土曜日の強風でスワンボートの連結が外れ、流される。回収用のエンジン船が動かない。しかもエンジン船のガソリンタンクが盗難されていることに気付く。なんということ。
スワンボートを人力で漕いで回収するが、強風に煽られ、舵が利かなくなり、途中の岬に一旦置き、都合二日かけて回収する。

4

天候の良かった4月2日は何もせず休息する。

5

本日4月3日は朝から強風。スワンボートとエンジン船を陸に上げる。強風でスワンボートの連結鎖が一つまた壊れていた。

6

老父母が帰宅。仕事上の報告をすると激烈老母が激昂する。まあこの人はそういう人だ。来るなり、老母は延々とバカみたいに一人で喋り捲る。
夕食時以外は離れに移動してくれたので、それは助かる。旅行中に妹が何か諭してくれたか。

7

塾講師時代の同僚からメールあり。GWに遊びに来るとのこと。学生だった同僚は塾に就職したとのこと。
塾講師時代の仲間は本年度からは異動で校舎がほとんどバラバラになったようだ。一つの時代の終了か。

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし

画像は http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=24960935 から。