カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

山梨県だと旨い博多ラーメンが食べられない

1

博多ラーメンを食いたいなあ、と思ってネットで検索した。
六角堂というところが山梨県で食べられる博多ラーメンでは上位に来るのか。と知り、過日、食べに行った。
スープがぬるくていまいち。
たぶんここが山梨県で食べられる博多ラーメンの上限なんだろうなあ。
西荻窪で食べた、東京で食べるラーメンとしては中のやや下、くらいのふくふく亭のほうが美味しかった。
スープを熱くすると麺の柔らかさが食べている間に変わったり、あるいはスープの味自体が変わりやすかったりするんだろうけど、ラーメンでスープがぬるくてかつ旨いなんて店、少なくとも私は知らないが、そういえば山梨県のラーメン屋でスープが熱い店の記憶がないな。バーミヤンくらいか。山梨県にはバーミヤンの旨さを越えるラーメン屋が、少なくともまだ私の知る限り存在しない。*1

2

山梨県のラーメンがたいして旨くないのは、麺文化として、1にほうとう、2にうどんが勢力を持っているからなのかなあ、とか思った。
「旨さ」というのは、どういうのを旨いと考えるか、という文化にたぶん規定される。博多ラーメンの旨さは、たぶん、フグ料理の旨さが「旨さ」の基準軸となっていて、その方向に旨さを求めた結果なんじゃないかな、とか思った。
山梨県だと麺類だと「ほうとう」とかが旨さの基準軸になるのかなあ。ほうとうはスープが熱ければいいというわけでもまあたしかにないけどなあ。なんちゅうか、ぼんやりとした味になるんだよなあ。

3

博多ラーメンの連想で書くけど、昔、福岡県天神で食べたインドカレーが、私の知る限り、これ以上なく物凄く旨くて、昨年友人と福岡天神にまで食べに行こうとしたのだが、残念ながらその店は佐賀県に移動していた。http://saganotomo.blog18.fc2.com/blog-entry-103.html

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし

画像は http://piapro.jp/t/tHen から

*1:と、書いてから、博多ラーメンに限定しなければなくもないと思い返したが、あいにく店の名前が思い出せない。