カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

我が子の性別とか名前とか

我が子が男児か女児か私はたいへん気にしているのだが、現時点では不明だ。
我が嫁は男児だろうが女児だろうがどちらでも構わないとおっしゃっていて、それはそれで一つの見解なのだが、病院での検査のたび我が子は、背中を向けているのだそうだ。そのため性別が判らない。
まあ、妹2号の子も、出産以前は女児だと予想していて、出産したら男児だったから、出産以前の情報というのは確実なものではないし、例外的マイノリティとして出産する可能性だってあるし。
過日、嫁に、「男児だったら××という名前、女児だったら○○という名前にしたい」と伝えたら、「候補は一つだけですか、顔を見たら、いや、この名前は違う、ということもあり得るじゃないですか」と諭された。いやまあたしかにそういうことも考えられるけど、けど新生児の顔って…、複数の名前を検討することにします。
私の悪趣味の一つに姓名判断があるが、我が姓に対応させる姓名判断上の良い名前というのはすごく制約があって。

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし

画像は http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=27645968 から、塚原卜伝