カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

あれは「児童ポルノ」だけど「児童虐待」じゃないと思う

1

三次元のナマモノの話は私はあまりついていけないし、下手に発言してもいいことがないけど、http://togetter.com/li/437461 を読んで思ったこと。

2

娘が生まれる際に、病院で、「お父さん、カメラを用意しておいてください、出産直後にお子さんを撮影してくださいね」、と、陣痛室の別の部屋から看護士さんの説明する声が聞こえた。私は看護士さんから直接はそうは言われなかったけど、カメラは一応出産予定日に持って行った。
で、うちの娘は、分娩室に嫁が入る前に、嫁が横たわっていた寝台というか車椅子的なものが陣痛室を出るドアに、トン、とぶつかった拍子に、母体から飛び出して、床にゴトンと落ちるという、そういう出産だったhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20121212/1355322509んだが、胎児というか娘が床に音を立てて落ちた直後、看護士さんが娘を拾い上げ胎盤的な膜を切り裂いて、「お父さん、生まれましたよ、撮影してください」と私に声をかけた。
「えええええ? この状況で撮影すんの?」と、ドン引きだったんだが、一応撮影した。
その時撮影した画像のうち、一番娘を綺麗に撮れた画像は、嫁の乳を娘が吸っている画像だった。
その数日後、年賀状に娘の画像を入れろという老母の要請で画像の選定をしていた時、まだ娘の画像の絶対数が少なすぎたので、その画像を年賀状に使おうかな、と思ったのだが、嫁の乳房が画像に含まれていることに改めて気づいて、選定から外した。夫が年賀状に自分の嫁の乳房画像を使うのは宜しくない、と思った。

3

ところでこの、「自分の嫁の乳房画像を他人に晒すのは宜しくない」という感覚と、その画像を「児童性的虐待である」と感じる感覚というのは、もんのすごい開きが、数光年レベルの開きがあると、私は思うんだが、どうだろうか。
感覚はともかく、その画像を第三者にうっかり頒布すると児童ポルノ頒布提供の構成要件満たしちゃいそうに思うんだが、たぶん満たす。

4

冒頭の http://togetter.com/li/437461 で、弁護士先生たちが言っていることは「(現行)法的に正しい」発言だけど、それをどういう意図で言っているのか裏読みしながら読み解くのが宜しいと私は思う。
弁護士先生たちは、あれを「児童ポルノだ」と断じているけど、あれが「児童虐待だ」とは、あまり断じていないんだよね。
現行法が「児童虐待」から子供をどう守るか、ということを必ずしも優先していないから、児童虐待でない画像が児童ポルノになり、逆に児童虐待児童ポルノ法では放置される、といった含意が冒頭のtogetterにはあるように思うんだよね。

5

連想すると、「体罰」はすげえ明らかな「児童虐待」だったりするんだけどね。
http://www.asahi.com/national/update/0111/TKY201301110314.html http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130111/k10014748731000.html http://blog.be-open.net/nocategory/kuwata-shidousha/ 

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし