カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

次の衆院選の予言など

もうすっかり政治の世界のことなんて判らなくなっているけど、霊告が耳元でガンガンと囁くのでここにメモしておくけど。

1

次の衆院選では、得票数で野党第一党共産党になると思う。
で、与党第一党、当然自民党なんだが、自民党は前回よりもっと得票を減らすと思う。
共産党は得票数ではけっこう行くんだけど、選挙制度議席数自体はそれほどじゃなくて、他の党を全部まとめあげて連立したらどうにか政権党が狙える、くらいの議席で。

2

民主党共産党の協議が山になるんだが、民主党党首はその時、「共産党とだけは組むわけにはいかない」という信条なタイプで。
で、共産党の方も、若手はマトモなんだけど、老齢な人々がお馬鹿で国民を失望させる選択をしまくって、そういう共産党内部のなんかアレな指導体制が色々露わになって。
国民が全く関心を持っていない政党助成金是か非かみたいな、んなもん共産党貰えよ的なことがムダに政治争点になって。
みたいな。

3

第二次麻生内閣か(第三次安倍晋三内閣の可能性も少しだけある)、共産党連立内閣か、が日本人の選択肢、みたいな。
共産党連立内閣になった場合、自民党党首はまた谷垣禎一になって。

4

と、以上こんな霊告を得ました。
とりあえず共産党若手は今から真剣にその時に向けて布石を打っておくことを願う。年寄りはきっとバカだ。
そういう俺は熱烈な枝野幸男支持者なんだが、民主党は解党寸前な程度にまでその時議席を減らしている。
共産党との連立をすれば政権党入りが狙えてもきっと共産党との連立に対して民主党はゴネる。そのゴネは自民党政権樹立をアシストする。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。