カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

自分の通夜がもしなされたら

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20140504/1399217146の続き。

1

従兄の通夜があった。読経の前、式場には故人が好きだったのだろう、ミーハーなポップスが流れていた。
ちょっと嫌だな、と思った。
俺の通夜だったら何を流してほしいだろうか。

2

通夜の日の昼、火葬に同席した。
遺体が火葬場に入る時、『サイハテ』のフレーズを思い出した。

3

俺の通夜がもし行われるのなら、可能なら『サイハテ』を流してほしいな、とか思う。
それを嫁に伝えようと思った。嫁は『サイハテ』を聞いたことがない。「初音ミクを流してほしいの?」と嫁が先取りする。嫁は私をよく判っていらっしゃる。インストルメンタルバージョンが望ましい。
ポップレクイエムだと『仕方ないのよね』も好きだが、葬儀場には合わないだろうなあ…
「私は育った町を あんまり好きでもなかった」という詞が特に好き。

4

以上、とりあえず嫁に聞かせるためにリンクだけしておいて、実際の時は式場のお勧め通りに順当でいいです。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。