カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

残りの人生で、読書に使える時間はどのくらいか

意味のない計算だけど、ふと、残りの人生で読書に使える時間はどのくらいあるか、ざっと計算してみた。
我が自営業は満室に換算してだいたい稼働日数が120日くらいだ。365日から120日を引いた日が、読書が可能な日数だと仮定した。満室でない日に読書可能な時間は経験的にだいたい3時間くらいだと仮定した。ツイッターをする時間を削ればもう少し増やせるだろうけど。
これに余命のうち読書が可能な脳味噌を維持できる期間を約30年と仮定して掛算してみた。
ざっと2万時間。…そうかこれだけしかもう読書できる時間が残っていないのか。俗に何かで一角になるには1万時間を費やすと言われるが、今から読書時間を使って何事か一角になれる可能性があるのは、二つだけか。二つの分野で何者かになれたら立派なものだが。
以上、意味のない計算。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。