カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

民主党と共産党の得票数比較

1

2014年12月に行なわれた、第47回衆議院議員総選挙での民主党共産党の得票数の比較をしておく。

民主党 小選挙区11,91万票 比例区 9,77万票(73議席
共産党 小選挙区 7,04万票 比例区 6,06万票(21議席

得票数で見ると、民主党3:共産党2くらいの勢力比だ。
3:2が2:3になるのは、共産党が選挙戦術を練り直しすればあり得ることだと思うんだが、共産党は選挙で議席を獲得するのを戦略レベルで嫌がっている傾向があるから、まあ練り直ししないだろうね。
ただまあ、民主党が呑気に


などと言っていると、淘汰される「小党」に民主党が転落するのに20年もかからないとは思う。小沢一郎自民党キングメーカー連立政権キングメーカーから政党要件失う弱小政党にまで転落するのに要した時間がだいたい20年。
参考までに

公明党 小選挙区  76万票 比例区 7,31万票(35議席
自民党 小選挙区25,46万票 比例区17,65万票 (291議)
維新  小選挙区 4,31万票 比例区 8,38万票(41議席

2

以上は選挙前の霊告http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20140330/1396190977の検証。
とりあえず共産党は国民的関心の極めて低い政党助成金是か非かを争点化しようとなさっていることは予言成就してしまった。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150126/k10014967731000.html ちっとも嬉しくない。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。