カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

かつて変態を職業としていた男が結婚して得たもの

http://anond.hatelabo.jp/20150518121809をざっと斜め読みした。
結婚できるかどうかは一重にタイミングによるものであり、俺はあの瞬間にあのタイミングでこの嫁が登場しなければ生涯結婚できなかっただろうけど、嫁を得て、それにより得たものを以下に記す。
苦しみが半分になる。
以上。
世の中には嫁の存在自体が苦しみになる人もいるだろうが、俺は幸いにして嫁が常識的で知的な人で異常な人ではないから、異常な母親との生活の苦しみを嫁と折半することで、苦しさを半減できた。他の人の結婚生活とかは個別過ぎてあまり語れない。
俺はそうだった。俺は運が良い。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。