カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

「見込みがない」議員とは

今日の記事http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20150926/1443276174で「見込みがない」と書いた件について、補遺。
俺は人の好き嫌いがすげえ激しい。が、接客業訓練はたいがいの人間よりずっと積んでいる。ので相手に対して第一印象だけは良い印象を与える訓練を積んでいる。それがロビイストとして活きた。
で、俺は人の好き嫌いが激しいので、右派の議員にはそもそもあまり会っていない。いけ図々しいほうが政治的には得だとわりと早い段階で判断したので右派の政治事務所にはわりと早い段階から足を運んだが、右派の議員本人には会う機会がほとんどなかった。
以上は前置き。
左派の議員とか政治関係者に会う機会はそれなりにあったが、「自分の頭で考える(決定権は自分にあると考えている)議員」と「自分の頭では考えない(決定権には自分にはないと考えている)議員」に、雑に分けると分かれる。
俺は俺が前者だと判断した人としか長く接触しなかったので、俺が後者だと判断した人は実はそうではないかもしれないが、人生の時間には限りがあるので、後者だと俺が判断した相手と長く接しようとは俺は思わなかった。
「見込みがない」と俺が判断した相手というのは、後者だと俺が判断した相手だ。
左派には本人の能力とは別に労組とかに担がれました、担がれるのにはちょうどいいけど決定能力はありません、という議員が何人かいる。その後ろの方の力学のどこかに力を押せばどうにかなるかもしれないが俺の力量ではその後ろの力学まで調べてどうこうするのはムリ。みたいな。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。