読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

参院選に向けての日常活動

1

俺もおっさんになったので、地元の会合に行くと、参院選に向けた自民党の「日常活動」に接したりする。
俺はツイッターfacebookでは野党支持者しか原則的にフォローしていないので、自民党の「日常活動」がどんな風に選挙民を絡めているのかweb上だけでは全然見えないけど、「はあ、なるほどなあ」とちょっと感心させられる。
俺の地元で最有力企業が、俺の地元の自民党参院議員だ。
俺の自営業の関係の、表向き「非政治的」な「商業上の」団体があり、その会合が年に一回あるのだが、その会合に地元参院議員の選挙スタッフが同席していた。
この「団体」への協賛金を払っている有力企業はそこだから、同席するのは筋が通っている。でも同席しているということはごく自然に、その参院議員の選挙応援をその団体がするという意味になる。
仕組みとしてはこんな感じ。今回のこのケースは、「団体」規模は10人ほどだが。

2

野党はこれに対抗する日常活動を必要とする。

3

facebookっちゅうと民主党系のグループは内藤某という特定個人が常に仕切っていて、内藤某は原発推進派で激烈共産党嫌い(野党共闘反対派)だから民社系な民主党青年局員あたりかなあ、と思うが、気色悪くて民主党を支持する気持ちが萎えて敵わん。
内藤某が頑張るほど、facebookでの民主党民進党)支持者は冷めていくと感じられるので、大雑把には2014年に聞いた霊告http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20140330/1396190977の通り、少なくとも比例票においては共産党野党第一党になる方向性にあるんじゃないかなとか感じるんだけど、どうなんだろうね。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。