カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

近況、体調と今シーズンの集客

体調とか

1

眩暈は治まった感じがする。頭痛もない。体調万全ではないから無理はしないが。
台風のあと、我が施設の湖畔の柳の木が一本折れていた。樹齢30年弱くらいの柳の木が。
この折れた柳の木を解体撤去するのに3時間くらいかかるかなあ、と予想したが、一人で作業して1時間程度で終えることができた。
今回の台風の被害はその程度。雨量も予想していたほどは激しくなかった。

2

体調はまあまあ回復しているが、同情心とか感情移入能力とかそういうのが涸れているのを自覚する。
これは今に始まったことではなく、昨年にも感じていたことだし
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20161228/1482934700
田舎に戻った2010年頃から毎年ゴリゴリ何かそういうのが涸れてきていた感覚はある。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20110902/1314974829
感受性と感情移入能力と創作意欲と性欲ってのは似たものが別な表れ方をしているのじゃないかなあ、と思っていて、性欲の劇的な衰えについて2012年頃書いたけど
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20120315/1331818310
俺はいわゆる初老の年齢で、村の観光協会役員のおっちゃんたちは俺より10歳年上なのにまだガンガン性欲あるようだが、俺は枯れまくっている。
性欲の話はあくまで枕で、それとほぼ並行して共感能力とか感受性とかが音を立てる勢いで自分の中から涸れた感覚が前述2012年頃からあり、
「悔しいなあ」と田舎に戻ってから毎日呟くようになったのは、あの頃から精神的に環境が堪えがたかったのだろう。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20130510/1368196276
今年の7月にセルシンを処方してもらってからは「悔しいなあ」と呟くことは、過日のケガの時を除いてほとんどなくなった。
http://kamayan.hatenablog.com/entry/2017/09/06/012717
ちなみに過日俺がぶっ倒れた「離れ」の50m手前というのは、集英社の元有名編集者で多数のヒット作の担当をして会社内で出世して、今は引退して都内にでも引越ししたのか屋敷が撤去された、その人の跡地だ。そんな人が「離れ(俺の生家でもある)」から50mの範囲にいたということを知ったのは俺が40歳くらいになってからで、その跡地を見て、実家のクソのごときブラック肉体労働以外の社会はどうなのかくらいはその人からせめて高校か大学1年生くらいのうちに一度くらい話を聞いておけば俺の人生違ったのに、とか、いろんな悔しさが内面で爆発して、アルコールとセルシンが体内で悪い結合して気絶転倒脳挫傷となったのだろうとか思う。
以下リンク先はそれにちょっと関係する。http://kamayan.hatenablog.com/entry/20120531/1338475109

3

で、ケガ以降、思考能力が本来の6割くらいに衰えている感じがある。
俺は今の接客業が好きではない。それでも「俺が客だったらこう感じるだろう」という想像力とか、「この満室の日に懸念されることは何か」といった予想は今まではしていたが、そういう想像力とか予想能力とかの衰えが酷い。
客への感情移入能力とか感受性とか同情心とかそういうのもほとんど枯れた。
ウチみたいな宿泊業だと客への感情移入能力とか同情心とかはいらないと言えばいらない(悪質客低質客を無理やり「同情」しようとしたり「理解」「共感」しようとするのは全く無意味で商売的には間違いという意味で)のだが、それでも接客時に「空気」として客に伝わるので、接客は夏以降、特にケガ以降、できるだけ嫁にしてもらっている。我が嫁は俺よりずっと接客能力が高い。

今シーズンの集客

4

7月連休頃、「今年の集客は悪い」と感じたが、あれは情緒不安定によるものだったようで、まだ数字は出ていないが、リスティングの効果もあったのだろう、今年の8月は雨続きで、こういう年は観光業は苦しいものだが、体感的に今年の8月9月の集客はそう悪くはなかった。
昨年は客が来過ぎて売り上げも多かったがこっちの体力精神力がもたなかった。今年程度の集客で充分だ。たぶん昨年比で5%から10%くらい売り上げは落ちているかもしれないが、この程度が我が施設だと順当なところだ、と思う。これ以上忙しくても寿命を削り俺の情緒不安定が悪化するだけで何もいいことがない。

5

10月11月の平日は休館しておこうが集客しようが年売上にあまり影響ないし、うっかりすると外国人客が毎日1組ずつ予約して俺と嫁の休日ゼロになる可能性があるので、昨年はわりと早期に「ここは休館日にする」と決めたが、来年以降も勇気をもって休館日を早めに設定しようと思う。
とはいえ、観光協会長をしている間はくっだらない公務が延々あるので、次年度は観光協会長を辞めさせてもらおう。もともとそのつもりだったが、「ケガと病気で続けるのは無理です」と言い訳することにしよう。
ブログランキング・にほんブログ村へ