読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

小中学校時代の自分へのメッセージと大学生時代の自分へのメッセージと

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20170105/1483615838の続き

小中学校時代の自分へのメッセージ

お前のいる環境ははっきり言って地獄だ。柔らかに言って地獄に隣接している。そのことをお前は知っている。地獄そのものだと言ってさほど誇張ではない。刑務所によく似ている。
内戦時代のカンボジアベトナム戦争時代のベトナムよりはマシだろうから、地獄そのものよりは少しマシなはずだとお前は考えて、4歳から15歳までの幼少期11年間耐えたが、お前のいる其処は地獄に程近い。お前はそのことを薄々知っている。そしてお前の周囲の大人は誰も気づかない。大人は子供を理解しようとは毛ほども思っていない。「君たちは人生の一番いい時代にいる」とか朝礼で抜かした町会議員は死ね。とっくに老衰で死んでいるが。
お前に非は何もないが、お前の環境は最低だ。
生まれた場所とタイミングが悪かった。
内戦の現場よりマシっていう比較を先進国日本の小学生がせざるを得ない時点でおかしい。
お前を救う方法は50歳になる今の俺にもちょっと見当がつかない。転校させるくらいが関の山だ。転校先も似たようなところだろうが、転校させるに至る経緯が少しはお前の父母に心の痛みを与えたかもしれない。そういうものを感じない父母だが。お前の父母には共感能力がない。お前はそのことを想像できないが、お前の父母はそういう狂人であり特に母親は狂人度合いが酷い。
転校に至るためには、少なくともお前は数週間レベルの家出くらいはする必要がある。きつい話だが、家出しろ。それで事態が好転するとは今の俺でもさほど思わないが。お前が家出して飢え死にしても状況はさして悪化しない。だから家出するほうがだいぶマシだ。
お前があと4日早く生まれれば、地獄からかなり遠いところで育つことができた。
お前が好きだった祖父が早生まれだったことが生涯の桎梏で、俺の生誕に際し、「早生まれで生まれるな」と願い、それゆえ俺が出産予定日より一週間遅れて生まれたというエピソードを我が老母が嬉しそうに語るのがつらい。
もしも小学受験とか中学受験とかの選択肢があったら多少は話が違うが。そんな選択肢はない。
狭い範囲で考えると受験は人を救う手段だ。秘境レベルの田舎にはそんな選択肢はない。

大学生時代の自分へのメッセージ

大学で得た知識でその後の人生を乗り切るのだということをお前は知らないが、知れ。
専攻選択をしくじったことを1年生1学期で知り、専攻変更のための試験等をすることを父母に相談しようとしたという点は同情できるが、後者は無意味な作業だ。お前が勝手にやれ。お前の父母はともに語るに値しないし報告するに値しない。お前の母親は過干渉だが、狂人ゆえの過干渉なのであって、忖度する必要はない。というか忖度は罪悪だ。学費を払っているのは彼らだがフリーライドしろ。責任を感じるな。向こうもお前に責任など、正味のところ何も感じていない。狂人なのだから。
大学一年生の時にお前の母親が狂人だという事実をこれ以上なく突きつけられてお前は心が折れたが、狂人から逃げるためのチャンスは大学時代に得られるはずだった知識にある。お前の母親は狂人だからお前の心を挫くために全力を尽くした。そしてそれは叶った。お前の母親は狂人だからお前が心を折ったことに憤慨した。狂人の狂人たる理不尽論理。狂人の論理に付き合うのは身内レベルでは生涯の損失だ。
お前が進んだ大学はお前の生活感覚的には上層過ぎて居心地が良すぎることに背徳感を激烈にお前は抱いたが、そういう感覚を与えようとお前に呪いをかけ続けた母親の狂気から離脱する戦略をお前は立てるべきだった。
常人には無理なのだが。

感じるところのあった方は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。