カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

丸山真男が好き

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20120209/1328802377あたりから連想。
私は丸山真男がすげえ好きなんだけど、丸山真男が批判している、「無責任の大系」としての日本とか、「抑圧の委譲」とか、疑似教養で知的武装した「亜インテリ」とかって、凄く矮小な形で我が老母が体現しているんだよな。で、それによってずっと酷い目に遭ってきたから、それをきっちり批判している丸山真男に泣けるほどリスペクトを覚えるんだよな。
ただ残念なことに、個人史としては、丸山真男を知るのがちと遅すぎた。高校3年生までに読んでおけばなあ。
宮台先生はわりとよくこっそりと丸山真男を丸パクリされていらっしゃるのだが、宮台先生は丸山真男が批判するところの「無責任の大系」としての日本や「亜インテリ」のしぶとさ、「抑圧の委譲」の救い難さについて、理解が観念的で、体感レベルでは足りないんじゃないの、とか思ったり。あと宮台先生の丸山真男理解が小室直樹経由だから、山本七平的卑怯さを由とする回路が入っているのがちょっと残念。とか。
丸山真男関係 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/archive?word=%B4%DD%BB%B3%BF%BF%C3%CB
丸山眞男関係 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/archive?word=%B4%DD%BB%B3%E2%C3%C3%CB
(このブログでは辞書登録に成功している時期だけ「丸山眞男」表記になっている。)

感じるところのある同志は  ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし

画像は http://yfrog.com/oeftxap から

日本の思想 (岩波新書)

日本の思想 (岩波新書)

〔新装版〕 現代政治の思想と行動

〔新装版〕 現代政治の思想と行動