カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

「統一協会と安倍晋三」(『進歩と改革』原稿)

以下、「進歩と改革」http://www.s-kaikaku.com/に載せた原稿。

統一協会安倍晋三     鎌倉圭悟

 二〇〇六年五月に日本で行なわれた統一協会合同結婚式に日本の政治家が多数出席&祝電していたことが、『世界日報』韓国版HPでビデオ付きで発表されました。〔一〕

 ビデオで確認できる、本人もしくは夫人が直接出席していた政治家一覧〔二〕
自民党
保岡興治衆院)夫人が出席。■岩下栄一(元衆院)本人が出席、カルト団体「平和神軍」の学位販売詐欺商法「イオンド大学ラーメン花月チェーン「グロービートジャパン株式会社」関連企業)」名誉教授。■中野正志衆院)本人が出席。■中本太衛(元衆院)本人が出席。■今野隆吉(宮城県議会)■石川光次郎(宮城県議会)■今井榮喜(山形県議会)
民主党(旧自由党含む)
■小林正(社会党新生党新進党→無所属→自由、参院比例)元参院。「新しい歴史教科書をつくる会」の新会長。本人が出席。■宮島大典(元衆院)本人が出席。■中山義活(鳩山G、元衆院)。夫婦で出席。■鈴木康友民社協会、前衆院松下政経塾。本人が出席。■大谷忠雄新生党、元衆院)本人が出席。
国民新党
青山丘 本人が出席。

 ビデオで確認できる、祝電を統一協会へ贈った政治家の一覧
五月一三日(福岡) 安倍晋三保岡興治。吉武毅人(第一薬科大学副学長)、高島良正(九州大学名誉教授)。
五月一四日(広島)安倍晋三中川秀直増原義剛
五月一五日(高松)大野功統木村義雄福井照山内俊夫三木俊治元徳島市長)、岡多美子(徳島県芸術協会会長)
五月一八日(名古屋)大村秀章、江崎鐵磨、馳浩長勢甚遠参院)、鈴木政二(参院官房副長官)、野上浩太郎参院)、高木毅、木村隆秀丹羽秀樹
五月一九日(長野)中曽根康弘羽田孜小坂憲次(文科大臣)、高鳥修一篠原孝民主党)、下条みつ(民主)、田中直紀若林正俊参院)、中曽根弘文参院)、森本尚武(信州大学前学長)。
五月二〇日(埼玉)上田清司(埼玉県知事)、船田元、牧原秀樹小宮山泰子(民主)、西川公也神風英男(民主)、国井正幸参院)、
五月二一日(仙台)村井嘉浩宮城県知事)、田名部匡省(民主)、金一萬(韓国総領事)、盛田稔(青森大学元学長)
五月二三日(横浜)小此木八郎山際大志郎笠浩史(民主)、小林温参院経済産業大臣政務官)、山口巖雄(厚木市長)、酒井麻雄(神奈川県日華親善協会会長)
五月二四日(東京)中曽根康弘平沢勝栄松本文明清水清一朗、高鳥修一、樺山卓司(東京都議会議員)、朝倉孝吉(成蹊大学元学長)

 安倍晋三は福岡と広島と計二回、祝電を贈っています。(中曽根も二回)
 『世界日報』韓国版記事は2chで私が六月三日に拾い、在韓広島人のハムニダ薫さんが六月五日に翻訳くださり、webで「祭」になりました。〔三〕
 六月十一日にTBS『報道特集』で統一協会の現状が報道され、六月十三日には「赤旗」が安倍晋三統一協会祝電を記事にし〔四〕、六月一六日に『FLASH』が記事掲載を告知、同日、複数のマスコミが取り上げました。
 どの記事もやたら腰が引けているのが不思議。
 有田芳生があちこち顔出して、無茶な安倍晋三擁護をして火消しに回っているのが不思議〔五〕。
 大スキャンダルだと思うんだが、マスコミではピタリ続報が止まっている不思議。
 なお、安倍晋三
「私人としての立場で地元事務所から『官房長官』の肩書で祝電を送付したと報告を受けた。誤解を招きかねない対応で、担当者に注意した」〔六〕
とコメントを出したが、
「肩書きを使ったのはマズかったが、私人としては統一協会をお祝いしたい気持ちは変わらない。」
という意味らしい。

〔一〕『世界日報』韓国版2006年5月14日記事。
http://www.segye.com/Service5/ShellView.asp?TreeID=1052&PCode=0007&DataID=200605141645000294 『世界日報』記事では「合同結婚式」と記述しているのでそれに従う。
〔二〕http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060609#1149822704 なお、特に断りを入れてないものは全て自民党衆院議員。
〔三〕http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-75.html
〔四〕http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html 2006年6月13日(火)「しんぶん赤旗」 統一協会の集団結婚・大会 安倍長官らが祝電 韓国「世界日報」報道/統一協会の集団結婚(合同結婚)を兼ねた大会に安倍晋三官房長官自民党幹部が祝電を送っていたことがわかりました。〔略〕これについて保岡氏の地元事務所は「出席依頼があったので電報を送った」と述べ、安倍事務所は回答を拒みました。〔略〕
〔五〕「統一協会に詳しい」はずの有田芳生は、ブログで非論理的に安倍晋三擁護発言をし、週刊朝日サンデー毎日・アサヒ芸能でも安倍晋三の代理人のごとく振る舞い、ブログの閉鎖を宣言した。
http://www.web-arita.com/index.html 
〔六〕http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060620k0000m040091000c.html
毎日新聞 2006年6月19日 21時02分 

余談。この原稿持って行った後、「安倍晋三スキャンダル記事を『進歩と改革』HPからリンクしてくれませんか?」と打診したけど、断られた。

統一協会安倍晋三は逝ってヨシ、と考える正義の同志は  をクリックされたし。