カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか

「児童ポルノ禁止法の慎重な改正論議を求める院内集会」コンテンツ文化研究会

1

コメント欄http://d.hatena.ne.jp/kamayan/comment?date=20100207#cで教えてもらった。以下記す。

コンテンツ文化研究会が緊急の院内集会を開くようです
http://icc-japan.blogspot.com/2010/02/blog-post.html

                                                                                                • -

児童ポルノ禁止法の慎重な改正論議を求める院内集会」の開催のお知らせ
児童買春・児童ポルノ禁止法はその改正案が自公案と民主案の2案提出され、第171回通常国会において審議されました。しかし、その議論が深まる前に衆議院解散が行われ、廃案となりました。 そこで、今国会に際し、改めて適切な形での児童ポルノ禁止法の改正を求める院内集会を開催することといたしました。 つきましては、みなさまに是非ご出席いただきたく、ご案内申し上げます。
プログラム
1,単純所持・取得罪は本当に必要か?  田島泰彦氏(上智大学新聞学部教授)
2,創作物規制がもたらす危険性について  森川 嘉一郎氏(明治大学国際日本学部准教授)
3, 現場から見た児童保護施策の必要性  杉浦ひとみ氏(弁護士・東京アドヴォカシー法律事務所 )
<事前申し込みが必要です>
なお、当集会につきましては、メールかFAXにて必ず事前申し込みを行っていただきますようお願いいたします。(事前申し込みをされていない方はご入場いただけません。)また、定員(50名)になり次第、受付を締め切らせていただきますので、なるべくお早めにお申し込みください。
日時:2010年2月24日(水)13:00〜14:30(開場12:45)
場所:衆議院第二議員会館 第四会議室(定員50名)
最寄り駅
地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前」  地下鉄有楽町線半蔵門線南北線永田町駅」 http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
<メールにてお申し込みいただく場合>
本文にお名前、ご所属、ご連絡先(電話もしくはFAX)をご記入の上、contents.culture@gmail.comまでメール送信をお願い致します。
<FAXにてお申し込みいただく場合>
必要事項をご記入の上、このままFAX(0467-70-1389)にてご送信ください。
お名前:               
ご所属:               
ご連絡先(電話もしくはFAX):                       
・申し込み用紙のダウンロードは http://svcm.moemoe.gr.jp/20100224.pdf こちらからお願い致します。
・ご提供いただいた個人情報は、厳重に管理し、参加人数の把握のためにのみ使用いたします。
・この個人情報は、本集会終了後、直ちに廃棄および消去いたします。
本件に関するお問い合わせ先:コンテンツ文化研究会 contents.culture@gmail.com FAX:0467-70-1389

2

同じ、某情報源さんから

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/comment?date=20100204#c
最近間抜けなコピペメールが蔓延してて、これにも〔私は〕腹を立てています。都条例問題で某都議のところに行った時ですが、先方から国政で前田雅英が民主に拒否されたとか等内容のコピペメールが蔓延してるとやんわりと苦言を言われました。
さらに「答申出た後に今更こんな事言われてもね」というお答え。こっちは苦笑するしか無かったです。
オタク業界の内弁慶っぷりにもほとほと呆れてますが、こういう馬鹿ばかりなら、本気で表現規制問題から手を引こうかしら? いい加減ウンザリしてますよ。

実働している人は 無償で やっているんで、実働している人に迷惑かけないようにしたいところであります。沈黙しろいう意味ではもちろんなく、コピペメールはバカのすることだからやめろ、ということであります。コピペメールしている集団は政治の場ではバカ扱いされます。*1

感じるところのある同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

*1:余談だが、在特会とか右翼団体は「正気ではないこと」をあからさまにすることが示威活動になっている。つまりバカを晒し続けることで社会に恐怖を与えることが彼らの政治的棲息域である。我々はそういう狂人集団を手本にしてはいけない。