カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

引越し作業中

1

自分のことをダメ人間だと感じることはとみに多いが、引越し作業をしている時は一作業ごとにそれを感じる。
単純に体がしんどくてそう感じるのもあるが、それ以外にも。
ところで引越しの際、新住所の通知を知り合いにほとんど、というか全く送らないという、物凄く悪い癖が私にはあるのだが、今回こそは送れる限りに送りたいと思う…が、古い知り合いの住所がもう全くどこへ紛失したのやら。
webで連絡つく方なら、mixiメッセージで問い合わせていただければ、新住所の連絡が可能でございまして。すみません、いちおー、その旨ご報告。

2

荷物の中に、昔の友人に描いてもらった絵を発見する。これが青春の日の思い出というやつか、とか思う。あの頃、すでに年齢的には中年期になっていたが。
私は「青春」というものを知らないで生きてきたように思っていたが、考え直すと、他の人より長い青春期を過ごすことができたのだな、とか思う。もう少し社会の流れに巧く乗り、もっと充実させていれば、という悔いは残るが、それも止むを得ない。薄味だが長い青春期を送れたこと自体は幸福と言えるのだろう。

感じるところのある同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。