カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記

田舎の生活とか、政治関係とか、表現規制のこととか、狂乱している老母との生活とか

都条例関係イベントメモ

1

http://blog.livedoor.jp/ykmk2010/archives/51524735.html
青少年条例「改正」案に関する議員・関係者と都民・市民の懇談会
午後1時からの本会議における石原都知事所信表明演説を傍聴した後に、懇談会を企画しました。
多くの皆さんの参加をお願いします。
とき 11月30日(火) 午後3時から5時まで
場所 都議会4階 第14委員会室
問題提起 青少年条例「改正」案の問題点
弁護士 田中隆さん (5月の総務委員会で発言した参考人)
他に出版関係者からの発言も要請中
民主党共産党生活者ネット・みらい、自治市民の各会派の都議に出席を要請
今年3月に提出された東京都青少年健全育成条例「改正」案は、急速な反対の世論の広がりにより、3月議会では継続審議になり、6月議会では否決されました。にもかかわらず、石原慎太郎都知事は、12月議会に再度、改正案を提出しています。
そこで、11月30日、本会議での石原都知事所信表明演説を傍聴した後、今回の青少年条例「改正」案について、都議会議員と弁護士、出版関係者、マンガ読者など、この問題に関心のある人たちで集まって、意見交換の場を持ちたいと考えています。ぜひ、多くの皆さんの参加を!
主催 「有害」コミック問題を考える会 2010

   出版労連、東京都青少年健全育成条例の改悪に反対する集会 
    2010.12月1日(水)18:30〜20:30 
   文京シビックセンター5C会議室 
    河合幹雄氏(桐蔭横浜大学法学部法律学科教授)

12月4日、山中恒×石坂啓対談 「戦前の日本の為政者たちが青少年の健全育成をタテに、まず漫画を始めとする子ども文化を規制し、たちまち一般の言論・表現の自由を踏みにじっていった歴史」が語られる予定です。 http://am6.jp/fRUG8U
青少年条例「改正」案に関する議員・関係者と都民・市民の懇談会
午後1時からの本会議における石原都知事所信表明演説を傍聴した後に、懇談会を企画しました。
多くの皆さんの参加をお願いします。

http://d.hatena.ne.jp/yonezawa_lib/20101118
 昨年より問題となっている東京都の青少年健全育成条例案についてお話を伺います。

タイトル:東京都条例改正について
講師:藤本由香里明治大学准教授)
日時:2010年12月19日(日) 16:00〜17:30
会場:米沢嘉博記念図書館2階閲覧室
料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。

2

以下たいへん重要なのでリンク
http://ameblo.jp/ohkoshi/entry-10721233632.html 【東京都青少年健全育成条例】 新改正案の、問題点について

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。

画像は 「gumi」/「貝殼」のイラスト http://piapro.jp/t/RWN9 から。